« 遺跡とカタツムリ | トップページ | 閑話休題、遺跡メシ »

2009年10月30日 (金)

ブラ・レジアの素晴らしいモザイク

Tf0392

<ロバ>MZ-3/35mm/RVP100

水場の近くでロバに出会った。その水場には農業を営んでいると思われる親子連れがいたが、その持ち物だろう。カタツムリと観光客を除きブラ・レジアで出会う唯一の生き物。あとは廃墟と不毛な荒れ地が広がるばかりである。

ロバの背後に広がる丘の上が次に目指す地点。アンフィトリテの家と呼ばれるところだ。アンフィトリテの家は、屋根も壁も崩れ落ち、ほとんど基礎部分しか残っていないのだが、地下室がある。そこには見事なモザイクが残っているのである。それでは行ってみよう。

Tf0399

<トリトンとアフロディーテ>MZ-3/35mm/RVP100

灼熱の外から地下へ降りると汗がすっと引くような感じがした。ブラ・レジアの最盛期では厳しい暑さをしのぐため、夏は地下で生活し、冬は地上の階に移って生活していたという。そのため、地下にもこのようなモザイクが残っているとのこと。

ほとんどのモザイクはチュニスのバルドー博物館に移されたとのことだが、アンフィトリテの家には、ブラ・レジア一の素晴らしいモザイクが残っているのだ。

Tf0402

<地下のモザイク>GR DIGITAL

こちらはやはり地下にあるモザイクで、まるで絨毯の模様のようにも見える。2枚目の写真は暗いことを承知の上でリバーサルをストロボなしで撮影した。それでも何とか撮れている。こちらは、デジタルでフラッシュを使用したもの。

Tf0424 

<地上のモザイク>MZ-3/35mm/RVP100

一方、わずかに残った構築物にもモザイクが残されているところがある。そのモザイクの描かれたものから、クジャクの家、狩猟の家、漁業の家などと呼ばれている。しかし、一年中野ざらしでその上を多くの観光客が踏み荒らすことからも、保存状態は地下のものに及ばないことは一目瞭然である。

ブラ・レジアの観光には1時間半ほどを要した。さすがにクルマに戻るとほっとする。暑かったし。

| |

« 遺跡とカタツムリ | トップページ | 閑話休題、遺跡メシ »

908t Tunisia/France」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラ・レジアの素晴らしいモザイク:

« 遺跡とカタツムリ | トップページ | 閑話休題、遺跡メシ »