« バンコク通信 | トップページ | コルカタの二つのホテル »

2011年8月17日 (水)

インド・ネパール旅の概要

今朝成田に無事到着。昼過ぎに帰宅いたしました。今まで画像の整理をしていたのですが、ほんのちょっとだけでもかなりの時間がかかってしまいました。こちら暑いですね。バンコクの方が涼しいし、コルカタあたりとあまり変わらない感じです。

In0719

<ヒンドゥの神々のブロマイド>GR DIGITAL

一応、旅の日程などを報告します。

  • 07/29 成田-バンコク-コルカタ~コルカタ泊(移動のみ)
  • 07/30 コルカタ泊(コルカタ観光)
  • 07/31 コルカタ-ガヤ-ブッダガヤ~ブッダガヤ泊(ブッダガヤ観光)
  • 08/01 ブッダガヤ泊(ブッダガヤ観光)
  • 08/02 ブッダガヤ泊(ブッダガヤ観光)
  • 08/03 ブッダガヤ-ガヤ-ヴァラナシー~ヴァラナシー泊(移動のみ)
  • 08/04 ヴァラナシー泊(ヴァラナシー観光)
  • 08/05 ヴァラナシー泊(サルナート観光)
  • 08/06 ヴァラナシー泊(ヴァラナシー観光)
  • 08/07 ヴァラナシー泊(ヴァラナシー観光)
  • 08/08 ヴァラナシー-スノウリ~スノウリ泊(移動のみ、インド・ネパール国境越え)
  • 08/09 スノウリ泊(ルンビニ観光)
  • 08/10 スノウリ-ポカラ~ポカラ泊(移動のみ)
  • 08/11 ポカラ泊(ポカラ観光)
  • 08/12 ポカラ-カトマンズ~カトマンズ泊(カトマンズ観光)
  • 08/13 カトマンズ泊(カトマンズ観光)
  • 08/14 カトマンズ-バンコク~バンコク泊(移動のみ)
  • 08/15 バンコク泊(バタヤ観光)
  • 08/16 バンコク-(機内泊、ダムヌン・サドゥアク観光)
  • 08/17 -成田

In1703

<カトマンズ>K7/DA15

この旅を始めるきっかけとなったのは、「地球の歩き方」に載っていたヴァラナシーからネパールへと向かうツアーバスがあるとわかったからです。これを契機として、コルカタから辿っていくと仏教とヒンドゥの聖地をなぞるようなルートができあがり、「よし、行くぞ!」となったわけです。

インドの都市間の移動手段として鉄道とバスがありますが、ヴァラナシーからのツアーバスを除き、なかなか予約ができない。予約も1日がかりみたいな、感じもしていたのです。窓口にに並ぶことになるんだろうなと。ですが、出発直前にインドの鉄道をインターネットで予約できることがわかり、わずかな時間で移動手段が確保できてしまい、こちらの苦労はなくなりました。

ところが、考えもしなかった現地での体調不良。一度ラオスでダウンしたことはありますが、それ以外はせいぜい軽い下痢や風邪くらいで、これまでやってきた身としては、ちょっとショックでした。まあそれもインドが与えてくれた試練だと思い、ツアーバスの都合でヴァラナシー滞在を1日延ばし、その分休養に充てることができました。

それ以外は、ほぼ順調に日程を消化でき、よかったです。

ただ、インドという国は何事もすんなり行かないところがあって、そんな自分の前に立ちはだかったのが、金儲け(小銭儲け)目的の観光従事者、つまりはリキシャワーラーや自称ガイドです。自分の旅のスタイルは、ゆっくり時間をかけて「これ」という被写体を探しながら、歩き回ることです。しかし、こういう連中が現れると、定番コースしか回れないし、ほとんどぴったりつきまとってくるので、レンズ交換ができず、かなりのフラストレーションがたまりました。

まあそれも、インドだけであって、ネパールに入るとけっこう自分の時間も持てました。また、もう一つの予想外は、雨でした。3年前のタイ・ラオス・中国の旅で雨季の中でもそれほどひどいことにならず回ることができたことで、ある程度の心構えができていたのですが、3年前以上の雨で、あまり観光にならなかったところもありました。

ま、インド・ネパールともインフラがある程度整備されたためか、移動で障害になったことはありませんし、荷物も身体も水没することなくその点は救われました。

さて、今回持参のカメラは、PENTAX K-7(一眼レフ)とRICHO GR DIGITAL(コンデジ)。K-7のレンズとしては、DA15mmLimited、DA21mmLimited、FA35mm、FA77mmLimitedの4本。使用頻度としては、DA21>FA35>DA15>FA77という感じでしょうか。今回初めて、K-7にFA77リミをつけてみました。これは、ヴァラナシーなどでサドゥやバラモン、沐浴風景を撮るためでした。

レンズ4本にネットブックとかなりの重量でしたが、常に持ち歩いていたわけではないので、都市間の移動の時だけ気を遣いました。また、インドとネパールということで、キャリーバッグではなく、バックパックを2年ぶりに使いました。バックパックだったものの、PC持ち歩いても大丈夫だし、この地域でもかなりWiFiが入っているので、今やインターネットはどこに行っても必須という感じですかねえ。もっとも、出会った大学生などはスマホでネットは済ませているようで、自分らのようなブログ持ちでない限り、必要なくなるのかも。彼らはツイッターなんでしょうねえ。

ま、そんなわけで、とりあえず報告です。皆さんがコメントをつけてくれたので、旅もかなり前向きになることができました。

|

« バンコク通信 | トップページ | コルカタの二つのホテル »

912t India & Nepal」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい!!
今回は体調をくずされましたが、途中から回復して順調な旅ができてよかったです。かなりひどかったような感じなので、心配していてのですよ。自分もウズベキスタンやメキシコで経験があって大変でしたし、よくわかります。

荷物はバックパックでしたか。自分は果たしてバックパックに戻れるか自信がありません。腰が心配で。それで、ちょっと迷ったのですが、年末年始のときも移動が多いにもかかわらずスーツケースでした。それで、自分の場合は、今回は考えるまでもなくスーツケースでした。

ヒョウちゃんも、パソコン持参の旅が定着したようですね。パソコン持参なんて数年前は考えられなかったので、時代もかわったものです。ですが、どうもインドじゃまだネットカフェのほうが中心だったようですね。そこそこのホテルに泊まると言っていらっしゃったので、ビジネスホテルなどなのでしょうが、ネットがまだ使えないようなところも多そうですね。ネパールのほうはもっとランクが下のゲストハウスクラスでもネットが普及しているようなのと対照的に思いました。

投稿: とんび | 2011年8月17日 (水) 23時32分

ヒョウちゃん
おかえりなさい。
日本は暑いでしょ。
改めて旅程を見ると長いですよね。
私なんて定年にならない限りこんな長い旅はできそうにありません。
楽しみにしていますよ。
特にトラブルのつらかった土産話。

投稿: スクムビット | 2011年8月18日 (木) 20時50分

とんびさん、こんにちは。
体調が一番ひどかったのは、ブッダガヤの最終日で、午前中観光して、いったん宿に戻ってきて休んでいたら嘔吐が始まり、こりゃだめだと判断してそのまま休養しました。
翌日ヴァラナシーに移動でしたが、絶食していたこともあって嘔吐はなくなりましたが、用心の意味もあってかなりセーブしていたのです。

荷物はもちろんバックパックですよ。何たって、雨季のインド・ネパールなんだし、キャリーを転がして行くというのもありえんでしょ。
ところで、とんびさん、年末年始の時、バックパックだったじゃないですか。忘れちゃいました?

インドは停電も多いし、宿の自家発電もあまり安定していないです。自家発電になると明かりはつくんですが、エアコンは止まってしまいます。
でも、デリーあたりではスターバックスがあり、ここにWiFi(ただし有料)があるそうなので、そのうち爆発的に増えていく感じもします。
画像のバックアップもあるので、もうPC持参は必至ですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月18日 (木) 22時36分

スクムビットさん、こんにちは。
今日は猛暑の中、神楽坂まで出張してきました。もう汗出まくりで。
体調不良の話も含めて、かなりネタはありますので、楽しみにしていて下さいませ。
その代わりほぼ毎日画像をいじりまくる必要がありますけど。
さて、このネタでいつまで続けることができるかなあ。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月18日 (木) 22時41分

カミサマカウカを楽しみにしています~
暑くて神楽坂大変でしたね
インド帰国後
トーキョー儀式までも受けたかんじですね
それにしてもレンズ4本とPC
丈夫なカバンです

投稿: trintrin | 2011年8月19日 (金) 14時30分

trintrinさん、こんにちは。
今日気になって、カミサマカウカのシーンを見直してみました。エンドロールで確かにムケという名前が出てますね。
首を長くして待っていてください。
今日は一転涼しかったですね。
全部入れると大変なのですが、移動の時にはレンズだけトートバッグに入れ替えたり工夫しています。
バッグを買う際、PCやレンズが入るかどうかというのも、チェックしています。カメラバッグではなくて、大きめのデイパックやショルダーですけど。
今回はデイパックですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月19日 (金) 22時36分

おかえりなさい
20日間の旅はかなり長いですね
社会復帰が難しそうです(^^ゞ
私も前回インドのカルカッタ行ったときは体調悪く
なりました
昼過ぎに薬飲んで寝たら朝の5時でした
でも、それですっかり回復しました
ネットブックを持っていくか?(その前に買うか)
それが問題です

投稿: kimcafe | 2011年8月19日 (金) 23時12分

kimcafeさん、こんにちは。
長いですが、振り返るとあっという間でしたよ。
一応昨日は出張して会議などに出たりしました。
でも適当に脱力しながらやっています。

kimcafeさんは緑の丸薬を飲んだのですね。
なんか強力に効きそうだなあ。今度試してみます。

自分のネットブックはWindows XPなんですが、もうすでにWindows 7搭載のものもあるらしいので、これだったら早いでしょうね。
ただし、キーボードが小さくてかなりタイプミスしたり、変換ミスしたりします。でも便利です。
もう旅の必需品だと思いますので、是非。
まあ、若い奴らはスマートフォンで済ましているようですけど、きっちりブログを書く人にはぴったりだと思いますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月20日 (土) 00時28分

 おかえりなさい。インドは未踏の地ですが、いつかは行ってみたいところです。

 自分も18日(木)19日(金)と1泊2日で大阪に行ってましたが、往復とも昼行便とはいえバスで広島から行ったので片道5時間のバス旅でぐったりしております。歳なんでしょうか(^_^;)

 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2011年8月20日 (土) 13時28分

おりんぴあさん、こんにちは。
片道バス5時間ですか。
インドでなければそりゃもう快適ですねえ。
わたしゃ、今回ツアーバス(ただのワゴン車)に12時間、ローカルバスに9時間という苦行をいたしましたが、ローカルバスの方が快適でした。
でも、できたら避けたいですね。
インドは、鉄道の2段寝台ならば、かなり楽です。
是非とも、行かれることをお勧めします。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月20日 (土) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド・ネパール旅の概要:

« バンコク通信 | トップページ | コルカタの二つのホテル »