« 駆け足のルッカ | トップページ | 肉との格闘、Tボーンステーキ500g »

2012年2月24日 (金)

レオナルドの村

フィレンツェ3日目はヴィンチに行く。行き方はピサ方面の列車に乗り、エンポリでプルマンに乗り換えである。エンポリというところは、イタリアサッカーのセリエAに所属するチームのあるところなのだが、ごく小さな地方都市である。

Tc0836

<エンポリのプルマン>K7/DA21

エンポリまで約30分。駅を出るとそこがプルマン乗り場になっているが、チケット売り場がわからない。いろいろ聞いて駅のキオスクで売っていることがわかり、無事購入。こちらも聞いたが、中国人に間違われて、あちら在住の中国人になにやら聞かれたりもした。イタリアには中国人がかなり多いです。

さて、チケットを手に無事出てきたものの、ヴィンチ行きの乗り場がわからず、またもや人に聞いてようやく判明。なんと、次の便は1時間後。しょうがないので、駅前からエンポリの街をちょっと撮影し、駅のバールでカプチーノなどを飲んで時間をつぶす。

Tc0842

<ヴィンチ>K7/DA21

割と早めにでたつもりだったのだが、もう正午である。降り立ったヴィンチはまさに村という感じ。ここは、レオナルド・ダ・ヴィンチの生まれ故郷だが、レオナルドの生家はここから3kmほど離れたところだという。生家も残されているのだが、当てもなく歩くわけにもいかず、このあたりをぶらついた。

Tc0848

<レオナルドへのオマージュ>K7/DA21

バス通りから小高くなったところがあり、この一帯がレオナルドにあやかったようなところだった。レオナルド博物館はなんと、雨による浸水のため臨時休館(英語で説明があった)。そのほか、やはりレオナルドの名前を冠した私設の博物館もあったが、このあたりをぶらついている方を選ぶ。

Tc0851

<謎のオブジェ>K7/DA15

と、いってもくまなく歩いても30分もかからないというようなところである。ちょっとした広場には、オブジェ風のものがあり、レオナルドの発明に関係したような感じのものだった。

Tc0880

<永久時計>K7/DA21

土産物屋もあり、ここにはレオナルドが関係したのかどうか、バッテリーやぜんまいを使わずとも勝手に動く時計があった。

いやもう、これ以外何もないといってよいところなのだが、結局開いていたリストランテで昼食を食べ、ブルマンに乗って戻ってきたのみ。

Tc0895

<門扉>K7/DA21

だが、ヴィンチの人にとっては、レオナルドは誇りなのだろうなあということがわかる。ほんのちょっと歩いただけだが、ここにはリストランテが数軒とバールが1軒くらいで、ホテルはない。でも、物好きそうな観光客はいた。とはいえ、みんなクルマで来ていて、プルマン利用の観光客は皆無だった。

| |

« 駆け足のルッカ | トップページ | 肉との格闘、Tボーンステーキ500g »

913t Toscana」カテゴリの記事

コメント

ルッカにヴィンチ、どこなのかよくわからないですが、名前にひかれます。これといって名所がないような田舎めぐりものんびりしていてよさそうです。バスはプルマンともいうのですね。乗るのも一苦労だったようでごくろうさまでした。

投稿: とんび | 2012年2月25日 (土) 00時11分

エンポリのバスターミナル、懐かしいです。私も乗り場が解らなくてうろうろしていたら、同じく乗り場を探す外国人姉妹に会い、一緒に探しました。彼女らはペルーから旅行に来ていて、ヴィンチ村迄一緒に行って、一緒に博物館も見ました。説明書きを解り易いイタリア語に訳してゆっくり説明してくれて、楽しかったです。

レオナルドの生家にも行きたかったのですが、ここから3kmで交通機関もないと言うので、諦めて帰りましたが、トスカーナっぽい村で、行って良かったです。

とんびさん。横からすみません。プルマンとは都市間を結ぶ長中距離バスのことで、大体、青い色をしていたと思います(決まっているのかどうか解らないもんで(^_^;))。南へ行く程鉄道網が発達しておらず、プルマンに頼ることが多くなりました。中部も鉄道駅と街の中心地が離れているところが多く、プルマンで移動した方が便利なところも多かったです。

投稿: アトムズ | 2012年2月25日 (土) 02時51分

とんびさん、こんにちは。
ルッカはピサの近く。エンポリはフィレンツェとピサの間にあり、ここからプルマンでヴィンチに行きます。
アトムズさんも書いていらっしゃいますが、バスとプルマンは構造上は同じ乗り物ですが、違いますね。
バスはほとんどオレンジ色の車体で、ひとつのコムーネ内だけを運行し、均一料金です。
プルマンは数都市の間を結ぶもので、だいたいはブルーの車体です。たまに、イエローなどもありますが、オレンジということはありません。こちらは距離に応じてチケット販売所でチケットを購入します。たまに、ドライバーが販売することもありますが、持っていない場合もありますので、やはりどこかで買ってくる必要があります。
イタリアに関しては、プルマンのことをパスと聞いてしまったら、意味が通じないかと思います。
今回のヴィンチへの移動ですが、これくらいならば苦労ともいえません。
そう、帰りのプルマンでは、途中から検札係が乗り込み、チケットを確かめていきました。
ギリシアでは、これが良くあるのですが、イタリアにもあったのですね。初めてでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月25日 (土) 11時12分

アトムズさん、こんにちは。
解説ありがとうございました。
エンポリはちょっと歩いてみたのですが、何もなさそうなところでした。駅前の公園のようなところに、音楽家らしい胸像がありました。
ヴィンチもリストランテから出てくると戻りのプルマンが行ってしまうところで、また1時間近く待ちましたが、のんびりしていてよかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月25日 (土) 11時21分

のどかな雰囲気のヴィンチ村ですね。イタリアの地方都市は味わいがありますね。

ミラノの博物館にはレオナルド・ダ・ヴィンチのコーナーがあって、いろんな物が展示されていました。なかなか楽しめました。
<レオナルドへのオマージュ>K7/DA21は、ローマのフィミチーノ空港にもありましたね。何せあそこは正式名称「レオナルド・ダ・ヴィンチ空港」ですものね。

それから、イタリアに住んでいる中国は相当な数にのぼるようです。ローマではいろんな事件も起きていると聞きました。

投稿: ろうま | 2012年2月25日 (土) 11時55分

ろうまさん、こんにちは。
ちょっと遅くなりましたが、お帰りなさい。
地方都市はこれからもアップします。あといくつか回っています。

そう、フィウミチーノにもありました。それは写真に撮ったかどうか。

10年前にも中国人はかなりいましたね。
もう何回も話しかけられて困ってしまいましたが。
確かに、テルミニ西側は、中国人の店がかなりありますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月25日 (土) 13時00分

>ここから3kmで交通機関もないと言うので、諦めて帰りました

 次はレンタカー借りてアプローチですかね(^_^)。ではでは(^^)/~~~。

投稿: おりんぴあ | 2012年2月26日 (日) 00時53分

おりんぴあさん、こんにちは。
アトムズさんは、レンタカー借りてイタリアを回っていると思います。
わたしゃ、ひとりで回るので、コストパフォーマンス的にも、ちょっと考えますね。
できるに越したことはないのですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月26日 (日) 13時08分

私もひとりでは、よう廻りません。イタリア語ぺらぺらの通訳&ナビ得意のnif友が一緒だったから出来たようなもんです(^_^)。言葉が出来ないと、トラブル多いイタリアじゃ不安で…。でも、まあ、バスや鉄道がそこそこ使える中部以北はあまりレンタカーのメリットはないですね。南伊、シチリアは絶対的威力発揮ですが。

投稿: アトムズ | 2012年2月26日 (日) 23時36分

アトムズさん、こんにちは。
そうですよねえ。
自分も、トラブルの時などに対処できないと運転に自信があっても、なかなか踏み切れません。
まあ、シチリアや南イタリアが不便といっても、交通手段はあるわけで、個人的には必要性はあまり感じないです。
事実、ヴィンチまでは行けたし。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月27日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオナルドの村:

« 駆け足のルッカ | トップページ | 肉との格闘、Tボーンステーキ500g »