« 宴の後 | トップページ | フィエーゾレで夕陽を見る »

2012年3月28日 (水)

ミサの教会と巨匠の宿探し

深夜特急の足跡を追うVol.5

ベッキオ橋をわたり、サント・スピリト地区へ。

Tc1295

<サント・スピリト教会>K7/DA15

何とも簡素なファサード。地元住民が入っていくのについて入ろうとしたら、現在ミサ中であとで来るようにいわれた。

「深夜特急」6の南ヨーロッパ・ロンドンではイタリアから話が始まる。沢木耕太郎はギリシアのパトラスからブリンディシに上陸し、プルマンを乗り継ぎローマを経てフィレンツェへとやってくる。そして、このあたりを歩いているはず。

 おまけにこのペンションからだと、ドゥオーモを中心にしたアルノ右岸ばかりでなく、橋を渡った左岸へ行くのにも便利だった。とりわけ夜は、安いレストランを求めて、サント・スピリト教会からサンタ・マリア・デル・カルミネ教会にかけての一帯を歩くことが多かった。

(沢木耕太郎「深夜特急」より引用)

Tc1298

<こんなリストランテか>K7/DA21

ドゥオモと異なり、このあたりの小さな教会はいずれもミサをやっていた。ミサでも入れてくれるところもあり、それはそれでよいのだが、カメラを持ってバシャバシャと撮りまくるわけにはいかない。ちょっと困惑である。

Tc1300

<サンタ・マリア・デル・カルミネ教会>K7/DA21

ここも質素な作りだが、中は素晴らしい。でも写真はないです。また午後に出直すかとも考えたものの、午後からはフィエーゾレに行くことにしている。残念ながらタイムアウト。

今回フィレンツェに6泊。以前の宿泊数と合わせると、2週間以上の滞在となるものの、このような小さな教会を訪れることはなかった。次からはこうしたところを回ることにしよう。

Tc1313

<オーニッサンティ教会>K7/DA21

今度は違う橋を渡り戻る。そこにあったのが、この教会。

Tc1316

<教会内部>K7/DA21

ここもミサ中だったものの、天井の絵と中央祭壇あたりが綺麗だったので、入口近くからこっそりと撮影。フィレンツェとはいえ、こうしたものが小さな教会にもごろごろしているイタリアはやはりすごい。

このあとは、沢木耕太郎が泊まったあたりを探訪してみる。「深夜特急」では印象的な宿の描写が良く出てきますが、イタリアではそれがなくなります。香港の重慶大厦、ソンクラーのサミラーホテル、ベナンの同楽旅社、シンガポールの明星楼くらいはっきりしているとよいのですが、描写は以下の通りです。

 私のペンションはドゥオーモからは少し離れていたが、どこへ歩いていくにも格別の不自由はなかった。
 フィレンツェを流れるアルノ河にはいくつもの橋が架かっている。とりわけ有名なのはフィレンツェ最古の橋といわれるヴェッキオ橋だが、そのひとつ下流にサンタ・トリニタ橋というのが架かっている。私が見つけたペンションは、そのサンタ・トリニタ橋に近い、アルノ河とポルタ・ロッソ通りに挟まれた裏通りの三階にあった。部屋の窓からは向かいの建物の壁しか見えなかったが、トイレとシャワーがついているのがありがたかった。

(沢木耕太郎「深夜特急」より引用)

さあ、これが頼り。その、アルノ川とポルタ・ロッソ通りの間には、実は通りが二つあり、くまなく歩いてみました。こんなところにホテルがあるのかと思いましたが、意外にあります。実はこの近くには、ブルガリやフェラガモ、プラダのある通りが近いのですが、テルメ通りもサンティ・アポストリ通りも建物に遮られて薄暗い印象がありました。

Tc1329

<Hotel Cestelli>K7/DA21

ざっと歩くと何もなさそうな通り。商店もなく、すべて建物に入った住宅のように見えてしまう。このような一つ星か二つ星のホテルが数軒。また、知る人ぞ知る隠れ家ホテルなのか結構グレードの高い宿もありました。

ま、あれから30数年たっているので、沢木さんが泊まった宿もグレードアップしていたり、廃業していたりする可能性はありますが、駅から離れたこんな閑静なところを選ぶ沢木さんの宿探しのカンというものはすごいのではないでしょうか。

だいたいフィレンツェに宿の予約なしで来て飛び込みで宿を決めるのは、駅東側一帯の安宿街だろうなと思うのですが。

| |

« 宴の後 | トップページ | フィエーゾレで夕陽を見る »

Temple/Church」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

913t Toscana」カテゴリの記事

コメント

フィレンツェに2週間以上泊まりですか。それはすごい!ローマじゃないところがミソだと思います。ヒョウちゃんのイタリア好きがよくあらわれていると思います。思い入れがあるんでしょうね。まぁ、自分も3泊したから、泊まっている街にはなります。また行ってみたいなぁ。ドオウモとかウフィッツィ美術館とか何度行ってもいいですね。きっとまた行くと思います。

自分がよくとまっているところをあげると、一番はソウル、二番は台北でこの2箇所がほかを圧倒しています。最近、ヒョウちゃんはどちらも行った形跡(笑)がないですね。久しぶりに行ってみてください。ヒョウちゃんがいらっしゃったときとは、まぁ別の街じゃないかと思われるくらいかわkてちますよ。

投稿: とんび | 2012年3月28日 (水) 10時43分

とんびさん、こんにちは。
またもやお出かけなんですね。
ローマも出入り口ですから、2週間以上泊まっています。
わたしゃ、記事にも書いた通り、今度フィレンツェに行くならば、小さな教会巡りをしたいですね。
今回はフィレンツェ近郊の都市巡りでしたから、まあしょうがないです。

台北に行ったのはもはや一昔前になってしまいました。
韓国はインチョン国際空港だけです。
近頃の傾向として、アジアじゃ東南アジアなので、行きそうにないですね。
でも、中国南部は東南アジアとリンクして可能性はあります。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年3月28日 (水) 21時41分

おっと失礼、ローマもたくさん泊まっていたのですね。最近は頻度が減ったようですが、ヒョウちゃんにはイタリア通いのイメージがあります。ミラノやヴェネツィアも多いんでしょうねぇ。

自分の場合は97年にイタリア一周、っても南部はナポリ止まりなんですが、そのときに4大都市は3泊づつくらいしています。これって、ヒョウちゃんより前だったのですね。まさかと思うようなことでびっくりしました。

ヒョウちゃんのいうアジアは東南アジアなんですね。なんとなくそんな気はしていましたが。自分よりは行先の好みがはっきりしているように思うのですがでようでしょう。

先日、タイに行って来ました。反応なかったですが、どうだったでしょうか。この場でいいので感想とか聞かせてください。

以前、バンコクオフ会の構想を書いていらっしゃいましたが、タイかマレーシア、あるいはその両方にに今年中に行きたいと思っていますので、時期があえばタイにしてお会いできたらいいな。

投稿: とんび | 2012年3月29日 (木) 12時24分

とんびさん、こんにちは。
旅先からどうもです。
イタリアは確かにはまった場所ですが、ヴェネツィアは2回、ミラノは1回だけです。
イタリアに初めて行ったのは、1998年でしたが、まだ2回目のヨーロッパで、その頃は知り合いのプロ添からのお誘いで、中国の秘境を中心にしていたので、それ以降に個人旅行に入ったものですから、とんびさんよりも遅いのですね。

記事にも書きましたが、先週くらいまでは仕事に追われていたので、他のブログなどにもコメントをあまり書いていないです。

カンチャナブリーですが、良くここにも登場するkimcafeさんも、とんびさんと同じくらいの時に訪れていらっしゃいます。
偶然ではないのですが、先日kimcafeさんにお会いして伺ったところ、日本人に1回遭遇したとのことでした。
とんびさんもそうなんですが、バンコクに戻るのに、ロットゥ(乗り合いバン)を使っているのですね。
自分もインドの帰りにバンコクに立ち寄り、ちょっと遠出したときの帰りなど、利用してます。これでかなり時間短縮になるし、これからはロットゥがかなりの頻度で移動手段になってくる感じがしますね。

バンコクオフ会ですが、以前書いていたのは、「ヤムの会」でやろうということです。
「ヤムの会」は半年に1度くらいの頻度でやっています。次回は、代々木公園でのタイフェスティバルに合わせてという予定ですので、とんびさんもいらしていただけると、皆さん大歓迎ですよ。
ちなみに、次回の旅行先ですが、まだまだ未定です。
でも、アジアだろうなと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年3月29日 (木) 21時54分

次回の旅行先、まだまだ未定だけどもアジアってことは、もうこの時期はパスですね。どうされるかなって思っていましたが。そのかわり盆に長旅かな。アジアっても東南アジアですね。

ヤムの会、おさそいありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。次回は無理なんで、その次以降で。自分の場合は関西在住で東京に行くだけでも近隣国にいくのと同じような面があるんです。お金や休みももちろんですが、家族の理解ですね。最大のネックは。GWに2回海外に出るだけでもなかなか理解してもらえなくって、その次の週もって言うのはちょっと無理なんですよねぇ。

kimcafeさんはホームページかブログをつくっていらっしゃるのでしょうか。あれば訪問して、交流することもできるのですが。自分は日本人には会わなかったように思うのですが、きづかなっかたのかもしれません。kimcafeさんがどういうコースでいついらっしゃたのかとか聞いてみたいです。お会いされたときにホームページやブログをやっていることもお話になったでしょうか。

投稿: とんび | 2012年3月31日 (土) 12時12分

とんびさん、こんにちは。
行きたいなと思いますけど、この時期は無理ですね。
年度替わりということもありますし。
最後にこの時期に行ったのは、2007年の香港・マカオで、それ以来ないです。

ヤムの会の次が計画されたら、メール回送しますよ。
それまでに、メンバーにも話しておきます。

kimcafeさんは、ブログをやっていらっしゃいます。
「kimcafeのB級グルメ旅」というタイトルで、こちらのリンクに入っていますから、是非とも訪れてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年3月31日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサの教会と巨匠の宿探し:

« 宴の後 | トップページ | フィエーゾレで夕陽を見る »