« ラオス南部ツアー Vol.1 | トップページ | 聖なる泉の水 »

2012年11月20日 (火)

ラオス南部ツアー Vol.2

クメール文化のワット・プー

Il1084

<王の参道>K7/DA21

ツアー初日のハイライト、ワット・プーに到着する。ラオスに二つしかない世界遺産のひとつである。入場料は、30,000キープ。もちろん外国人料金と思われる。ガイドは無料の模様。アンコール遺跡群などに比べれば、ぐんと安い料金設定。とはいえ、入場料は旅行会社持ちであった。

ワット・プーは丘の麓から始まり、中腹まで続いているが、その構造はアンコール遺跡同様で、このような参道から始まる。もっとも入口からここまで結構歩くのだが。

Il1091

<南宮殿>K7/DA21

参道が終わると、南北の宮殿が向かい合うところにやってくる。外側の状態はなかなかよいが、内部は入ることができない。全体的な保存状態はよいといえるのだが、ほとんど修復をされていないような感じで、なすがままに放置されているといった方がよいのか。

Il1093

<格子状の窓>K7/DA21

このような窓はアンコール遺跡群にも共通するものである。やはり同じ民族が同じような時期に作ったものだから、国や地域が違っても似たものができるのである。なお、これ以降ナコーンラチャシマー(コラート)周辺の遺跡にも訪れたが、さらにアンコール遺跡群に酷似したものであった。

Il1114

<祈る人>K7/DA21

南北の宮殿の間を抜けていくとすでに中腹部分。ここからやや荒れ果てた石段を登ることになるが、その手前に仏像があり、線香と供え物を捧げて祈る人がいた。

ワット・プーはリンガ信仰=シバ信仰のヒンドゥ洋式の宮殿または城として建てられたが、この地がランサーン王国によってその版図にはいると、寺院として位置づけられた。上座部仏教ではある程度ヒンドゥ文化やインドの影響が見られる。

Il1120

<本殿>K7/DA21

ようやく上り詰めて本殿へ。アンコール遺跡群と比べ、観光客が圧倒的に少ない。人に気遣って見学することがないので、とても気楽である。また、少人数というか、最低人数なのでかなり早めに進むことができた。

しばらくはこのシリーズが続きます。

| |

« ラオス南部ツアー Vol.1 | トップページ | 聖なる泉の水 »

Temple/Church」カテゴリの記事

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

コメント

 最後の写真の仏像の穏やかな顔はラオスも日本も同じですね(゚ー゚)。

投稿: おりんぴあ | 2012年11月20日 (火) 15時40分

いやあ、これはよさそうなツアーですね。

私も以前からGreen Discovery社には目をつけていたんですよ。
歴史が苦手な私でもこのような手を入れられていない遺跡は行ってみたいと思います。
手を入れられていないからこそ悠久の昔を思い浮かべることができるような気がするんですね。
後10年か20年したらここも無骨なモルタルで修復されるのでしょうが、その前に行きたいです。

投稿: スクムビット | 2012年11月20日 (火) 21時19分

おりんぴあさん、こんにちは。
仏像というよりも、お地蔵さんみたいな感じですよね。
ですが、もっとヒンドゥっぽいレリーフや石像などもこのあと登場します。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年11月20日 (火) 23時36分

スクムビットさん、こんにちは。
タイヤチューブの川下りとか、エレファントライディングとかよくありますよね。
ま、川下りはバンビエンで見ていてずぶぬれでみんな帰ってくるのと、インドのジャイプールで象乗りは体験しているので、こうしたものには興味がないんですね。
いずれも、Green Discoveryの得意分野です。
とはいえ、今回ここを選んだのは、USDの持ち合わせが50USD札1枚くらいしかなかったので、クレジットカードが使えそうなところで、決めたのですね。
パクセーには他にも旅行会社があるので、もうちょっと安いところがあるかもしれません。

ワット・プーは入口近くに展示パビリオンがあるのですが、まあ俗化してないと思います。
行くなら今のうちかもしれませんが。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年11月20日 (火) 23時45分

ラオスにもこんなクメールの遺跡があるんですね
田舎の中の遺跡をのんびり回るのもいいですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2012年11月22日 (木) 23時10分

kimcafeさん、こんにちは。
台南からありがとうございます。
実はワット・プーの周辺にもいくつか遺跡が散らばっております。
残念ながらツアー料金には含まれていませんでしたが。
翌日はもっと迫力のあるものに遭遇しています。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年11月22日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラオス南部ツアー Vol.2:

« ラオス南部ツアー Vol.1 | トップページ | 聖なる泉の水 »