« ハスを食べる | トップページ | ラオスの麺はこう作る »

2012年11月28日 (水)

ラオス南部ツアー Vol.3

ワット・プーのレリーフと石像

リンガ信仰のワット・プーだが、最上部の本殿付近にはシバのレリーフがある。

Il1122

<三位一体>K7/DA21

この中央がシバで、左がブラフマー、右がヴィシュヌである。インドネシアあたりではこれが3つの五重塔になっていたりするんですけどね。

Il1140

<まぐさの飾り>K7/DA21

本殿といってもかなり小さな作りで、内部には仏像が数体あるのみ。一応中央のレリーフはインドラ神とのこと。

Il1144

<デパダー>K7/DA21

こんな感じの女神像はアンコール遺跡でもお馴染み。これが本殿入り口の左右に配置されている。もうひとつは違うポーズをしています。

Il1130

<ワニの石>K7/DA21

本殿から100メートルほど離れたところには、3種類の石がある。なんだこりゃ、と思われそうだが、ちょっと離れてみると、ワニに見えてこないこともないか。ともあれ、この窪みがたくさんあるところに人身御供の生け贄が供えられたらしい。

Il1131

<蛇の石>K7/DA21

アンコール遺跡のナーガみたいに、明らかに巨大な蛇とは形がかけ離れていそうだが、一応胴体を折り畳んだ蛇とのこと。でも、人の手が入っていることは確か。

Il1132

<象の石>K7/DA21

これははっきりしていますな。いずれも、アンコール遺跡のものに比べると、プリミティブな感じがします。時代的にはアンコール遺跡の方が古いみたいですが。まあ、アンコール遺跡群の中には、ガイドブックに登場しないようなかなり荒れ果てたものもあって、ちょっとここの雰囲気と似ていたりします。

とりあえず、ワット・プー関連はこれで終了。山から下りて、展示パビリオンの見学後は昼食となりました。

| |

« ハスを食べる | トップページ | ラオスの麺はこう作る »

Temple/Church」カテゴリの記事

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

コメント

ワット・プー。広い境内にいろいろなものがある遺跡だと思いました。アンコール遺跡と共通な点と違う点がありのですね。

当方、台湾の偵察をしてきました。先に台中に行くと書きましたが、台北に変えました。

投稿: とんび | 2012年11月29日 (木) 22時23分

とんびさん、こんにちは。
山麓から中腹部にかけての遺跡なので、平地にあるアンコール遺跡とは違った感じはしますね。
ただ、建物の形や、格子窓、レリーフなどは同じです。
台湾レポートあとで伺います。ありがとうございます。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年11月30日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラオス南部ツアー Vol.3:

« ハスを食べる | トップページ | ラオスの麺はこう作る »