« 台湾式カップジャージャー麺 | トップページ | タイのキャラクター飲料 »

2013年3月28日 (木)

レトロ台湾で大団円

このカテゴリーの記事も本日で終了。長々とやって来ましたが、おつきあいくださりありがとうございました。夏の旅と併行しながらではありましたが、3ヶ月で終えることができたのも、日本に近いというわかりやすさがあったからかもしれません。

Wt0680

<レトロポスター>K7/DA★16-50

こちら、台中の入れなかったレストランのもの。店先に台鐵の車両を飾り、その中が昔の台湾を再現してあった。台湾にこんな海岸があるのかどうか。そんな海の遊びに持って行くジュースということか。

Wt1120

<映画のポスター>K7/DA★16-50

新北投温泉を訪れ、温泉博物館を訪ねる。せめて足湯でもできるかと思ったが、それはなし。元の公共浴場を博物館にしたものらしいが、なぜか古い映画館まであるらしく、当時のポスターが貼ってあった。

Wt0462

<映画の宣伝車>K7/DA★16-50

こちらは、現代の映画だが、手書きポスターであることは変わらない。「テルマエ・ロマエ」よりも非常にわかりやすい、「羅馬浴場」。まだまだ映画劇場が商売になる台南での一コマ。

Wt1129

<ステンドグラス>K7/DA★16-50

再び温泉博物館。浴場の近くには手書きの富士山ではなく、粋なステンドグラスが。こんな浴場ならば入ってみたいが、残念。

Wt1152

<MRTホームよりの夕陽>K7/DA★16-50

新北投からの帰り、空が赤く染まる。あまりいい夕陽とはいえないが、これで旅が終わった気がした。

と、いうことで、台湾旅行のカテゴリー、これにて終了です。次回よりは、夏の残りをアップしていきます。残りとはいえ、まだまだたくさんあります。こちらはしつこく行きますよ。

|

« 台湾式カップジャージャー麺 | トップページ | タイのキャラクター飲料 »

915t Taiwan West Coast」カテゴリの記事

コメント

 旅行記お疲れ様でした。レトロポスターのタッチがなんとなく日本に似ていて笑えました(^・^)。

投稿: おりんぴあ | 2013年3月29日 (金) 23時47分

テルマエロマエ
ローマ浴場!
ワタクシも温泉の帰り道夕日の見える時間でした
が!
ヒョウちゃんのように旅も終わる・・・
なーんてかっこいい事は思わず
さて晩は何食べよう?
お風呂で汗もかいたしビールも飲みたい
とはっきり記憶に残っています

投稿: trintrin | 2013年3月30日 (土) 13時25分

おりんぴあさん、こんにちは。
在りし日の日活映画みたいな感じでしょうか。
渡り鳥シリーズみたいな。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月30日 (土) 21時50分

trintrinさん、こんにちは。
いやいや、もうこの時点で残り時間がかなりない感じでした。
翌日8:00のチェックインですから。
来たときといい帰るときといい、便の選択間違えたなと思いました。
贅沢な悩みかもしれませんが、もうちょっとゆっくり回りたかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月30日 (土) 21時54分

久しぶりの台湾を満喫されましたねぇ。台南にいく気にさせてもらいましたよ。北投温泉は二度入浴したことがあります。公共浴場と内湯でどちらもよかったです。

投稿: とんび | 2013年3月30日 (土) 23時30分

とんびさん、こんにちは。
短期でしたけどね、楽しめました。
今回は台南にターゲットを絞っていたようなところがあるので、台北での過ごし方が難しかったですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月31日 (日) 11時17分

あっつ、ヒョウちゃんにとっては短期なんだ。年末年始でも最近は自分の場合、ヒョウちゃんより遅く出発して早く帰ることが多いですが、それでも自分の中では長期なんで、そのときを利用して長距離でかける傾向になっています。で、台湾などは2泊3日が普通になっています。それ以上長い場合はもっと遠くへ行きたくて、4,5日あれば東南アジア、1週間あれば欧米って感じです。

投稿: とんび | 2013年3月31日 (日) 12時07分

とんびさん、こんにちは。
一番短い旅が5泊6日ですからね。
マアジ分としては有給休暇をできるだけ有効に生かして、旅行期間を捻出するんですが、そのかわり普段はまったく休めませんです。
とはいえ、このところヨーロッパは滞在費が高いので、なかなか行けないですね。
今年もアジア止まりかなと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月31日 (日) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロ台湾で大団円:

« 台湾式カップジャージャー麺 | トップページ | タイのキャラクター飲料 »