« 台湾のパフォーマーたち | トップページ | 台鐵上級列車 »

2013年3月11日 (月)

鹿港レトロ空間

現在は天后宮のあるだけの小都市になってしまった、鹿港だが、清代は貿易で繁栄し台南に次ぐ港ともいわれていた。前の記事で紹介した古市街だが、思わず足を止めたくなるような店や屋台が並び雰囲気はいい。

Wt0900

<巨大ソフトクリームの看板>K7/DA★16-50

非常にわかりやすい看板。高さ50cmはあるといわれる巨大ソフトだが、さすがに暑くなかったのであまり売れていなかったようだ。また、ガイドブックによれば逢甲夜市でも名物らしいのだが、やはり見かけず。

Wt0907

<カラスミ>K7/DA★16-50

台湾では薄く切ってやはり薄く切った大根とともに味わうとのこと。当初は土産にひとつとも考えていたが、結局は買い逃す。酒で表面を磨くと照りが出るらしい。おばさん実践中ですね。

Wt0912

<手動式スマートボール>K7/DA★16-50

景品があるのかどうかは不明。台南の安平地区でも射的などありました。

Wt0917

<牛乳箱>K7/DA★16-50

古市街を過ぎてしばらくすると、にぎやかさはなくなるが、レトロな町並みは続く。牛乳配達用の木箱など日本では消滅してしまったのでは。

Wt0951

<摸乳巷>K7/DA★16-50

窄門珈琲の入口をそのまま持ってきてしまったような通り。向こうから人が歩いてきたら身体を横にしなくてはすれ違うことはできない。100メートルほどの通りです。入口の煉瓦にはホワイトのマーカーで訪れた人のサインだらけ。

Wt0967

<九曲巷>K7/DA★16-50

強い風と巻き上げられた砂埃を避けるために、わざと曲がりくねった通りを作ったとか。ともかくここにはまっすぐな道がない。こんな狭い通りなので、クルマは入ってこない。まあ、バイクと自転車は来ますけど。この道沿いの家屋もかなりレトロ。

Wt0969

<ポンプ式の井戸>K7/DA★16-50

観光客が通るたびに水を汲むものだから、濡れまくっています。インドにもあったなあ。

こんな感じで、小さな町ですが、台南に次いで気に入りました。

|

« 台湾のパフォーマーたち | トップページ | 台鐵上級列車 »

915t Taiwan West Coast」カテゴリの記事

コメント

をーっ!
カラスミ!
これでひと財産ですね
鹿港ではおいくらくらいでしたか?
お値段によっては台北より好きな町になるかもです

投稿: trin | 2013年3月12日 (火) 12時31分

 なんかいい感じですね(^_^)。もの凄いレトロな感じがします(^_^)。

投稿: おりんぴあ | 2013年3月12日 (火) 15時22分

trintrinさん、こんにちは。
きちんと値段のチェックをしたわけではありませんが、1個400~500という値段だったような。
ちなみに台南の某有名店では特級が1500くらいですから、3000円くらいでしょうか。
今度行くときはいつになるかわかりませんが、絶対持ち帰ります。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月12日 (火) 22時22分

おりんぴあさん、こんにちは。
普通にレトロなんですね。
たたずまいとかもいいですよ。
是非とも台湾に。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月12日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿港レトロ空間:

« 台湾のパフォーマーたち | トップページ | 台鐵上級列車 »