« 市場の朝食3連発 | トップページ | 泰緬鉄道にてナムトクへ »

2013年4月18日 (木)

バス専用ミネラルウォーター

世界のミネラルウォーターVol.10

コラートからバンコク経由でカンチャナブリーへ。コラート・バンコク間はこの旅で初めてのVIPバスであった。とはいえ、たったの220バーツなんだなあ。

Il2046

<車内>K7/DA21

宿から近いボーコーソー・カオ(旧バスターミナル)からの乗車。ローカルバス中心のバスターミナルではあるが、バンコクまでノンストップのこんなバスも走る(とはいえ、タイのことですから、途中で降りる人もかなりいます)。座席はモニターの画面から好きなところを指定できた。ご覧の通りの左1座席、右2座席なのだが、左側の楽々シートはすべてふさがり、最後尾があいていたので、沢木耕太郎みたいに、ここにしてみた。だが、ここはとても狭いのであった。しかも、前の兄ちゃんが思いっきりリクライニングを倒している。

まあ、時間が短いので助かりましたけどね。

Il2045

<バス専用ペットボトル>GR DIGITAL

チケット購入と同時にビスケットとともにもらったのがこの水。転がり落ちないようにか、角のついたスタイル。これは、収まりがよいので、ボトルを捨てずに水を補給し、デイパックに入れておいた。

Il2050

<カップの水>GR DIGITAL

さらには、バスにはアテンダントも乗っていて、車内でまたもや水が配給される。今度は、グラス1杯分くらいの容量。これは、たまにコンビニでも見かけますね。

ちょうどこのタイプは、インドネシアのロンボクからバリまでという約20分のフライトでも出されました。

VIPバスだとこれでもかと、いろんなものを配りますが、まあ220バーツなのでこの程度ですか。夜行のVIPバスだと、サービスエリアやドライブインのサービス券とか、缶コーラなども付きますね。どうせならば弁当くらい出せばいいのに。

バスはモーチットのバスターミナルに到着。カンチャナブリーまでは普通サーイ・タイの南バスターミナルから出ますが、モーチットにもロットゥが乗り入れていて、1時間待ちくらいで乗り継ぐことができました。

次からはカンチャナブリーです。

| |

« 市場の朝食3連発 | トップページ | 泰緬鉄道にてナムトクへ »

Mineral Water」カテゴリの記事

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

コメント

切符を買ったときにくれる水と菓子、車内でくれる水どちらも自分のときと同じです。ただ、バスは普通のバスでした。料金は220バーツも一緒(笑)。
http://tombi00.sakura.ne.jp/tahi2/thai233.htm

投稿: とんび | 2013年4月19日 (金) 01時08分

とんびさん、再びどうもです。
リンクのコラート編、ありがとうございます。
市場の食べ物のコーナーは、お粥のところですね。
VIPバスと書きましたが、たまたま、そういう車両に当たっただけで、1等エアコンバスなのかもしれませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月19日 (金) 22時17分

 日本の高速バスもこれくらいやりませんかね(笑)。

投稿: おりんぴあ | 2013年4月19日 (金) 22時49分

おりんぴあさん、こんにちは。
いくらアベノミクスといいながらも、民間レベルではコスト削減、就職難の世の中です。
厳しいですよね。
エアポートリムジンなんかでも、こんなサービスあれば、客が増えるような気もしますけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月19日 (金) 23時03分

1+2の3列だと1列の方に座れるかで全然ちがいますね
今年はショートトリップでコラートに行こうかと計画しています
エアアジアだとドンムアンなので行きはそのまま列車、帰りはバスかな

それと5月11・12がタイフェスですぞ(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2013年4月21日 (日) 21時06分

kimcafeさん、こんにちは。
そりゃもう、1座席の方が楽です。
ドンムアンからコラートまで列車ですか。
うまく接続するのがあるといいんですが。
席あるかな。

タイフェス、もちろん今年も行きますよ。
いよいよ近づいてきましたねえ。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月21日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス専用ミネラルウォーター:

« 市場の朝食3連発 | トップページ | 泰緬鉄道にてナムトクへ »