« レトロ台湾で大団円 | トップページ | 110バーツで腹一杯 »

2013年4月 1日 (月)

タイのキャラクター飲料

予告通り、夏の旅の記事に戻ります。

この旅ではスワンナプーム国際空港に到着して、エアポートリンクに乗ったのだが、その車内はONE PIECE一色に塗りつぶされていた。

Il0382

<OISHIクコの実茶>GR DIGITAL

どうもよくわからないが、タイではONE PIECEブームらしい。まあ、日本製のアニメが世界のどこにいっても、大人気であることはわかるのだが。コンビニで飲み物を仕入れたら、こんなものを見つけた。

OISHIという緑茶などを作っている会社の、紙パックのお茶である。ONE PIECEのキャラクターごとに味を少しずつ変えて売っているようだ。料金は忘れたが、10バーツくらいだろうか。それにしても、タイ文字よりも漢字かな交じりの日本語の方がでかでかと印刷してある。味はどうということのないお茶である。

Il0200

<缶飲料のお茶>GR DIGITAL

こちらのキャラクターはONE PIECEではないと思うが、やはりお茶である。それにしても、「チャクザ」とはなんだ。

調べてみると、これまたOISHIグループの販売する、炭酸入りのお茶なのであった。

Il1538

<OISHIレモンこうちゃ>GR DIGITAL

ウボンからコラートに移動するバスではこんな飲み物も配られた。またしても、OISHIの紙パックである。

ちなみに、OISHIの通常のペットボトル飲料にはキャラクターは付かないが、紙パックものにはこれが印刷されるようである。かなりの種類があるので、ONE PIECEファンにはいいのかもしれないが。

OISHIグループはタイ人の起業家が始めたもので、日本食レストランと緑茶中心のビバレッジを展開している。キャラクター使用料だけでもバカにならないと思うが、やはりこちらの方が売れるんだろうねえ。

| |

« レトロ台湾で大団円 | トップページ | 110バーツで腹一杯 »

Drink」カテゴリの記事

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

コメント

 タイでも'Japan is cool'なんですかね(笑)?

投稿: おりんぴあ | 2013年4月 1日 (月) 22時04分

おりんぴあさん、こんにちは。
なんでしょうね。
クルマのナンバープレートに、はろーきてぃの飾りなど入れてしまうような国ですから、子供だけじゃなくて、いい大人までが、日本もののキャラは好きなんでしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月 1日 (月) 23時34分

今バンコクにいますが、これらの飲み物には気がつきませんでした。
OISHIは私も知っていますが、こんなに進化?していたとは。
今日も暑いバンコクを歩きますからきっと見ることができるでしょう。

スクムビット

投稿: スクムビット | 2013年4月 2日 (火) 07時34分

スクムビットさん、こんにちは。
こちら、桜は早い段階で咲いたのですが、本日は冷たい雨が降りました。
いいなあ、タイ。
これらのOISHIは、コンビニで簡単に手に入ります。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月 2日 (火) 21時04分

OISHIはペットボトル入りのは飲んだけれども、紙パックのは最初から買う対象外です。GWはタイに行くので気をつけておきますね。

投稿: とんび | 2013年4月 3日 (水) 01時11分

とんびさん、こんにちは。
まあ、ワタクシも紙パックは1回買ってみたまでで。
あとはバスでの戦利品です。
旅行者だったら、実用を考えてやはりペットボトルになりますよね。
ワタクシなんざ、数泊するところでは、容量の大きいものを買って、小さいボトルに補給という貧乏くささですけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月 4日 (木) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイのキャラクター飲料:

« レトロ台湾で大団円 | トップページ | 110バーツで腹一杯 »