« UKタクシーに乗ってみた | トップページ | リバプールの2つの大聖堂 »

2014年10月25日 (土)

マシューストリート

かすてら音楽夜話Vol.34

リバプール、ライムストリート駅に近い小径、マシューストリート。どうということのない狭い通りです。

Fe1697

<マシューストリート>K-7/DA16-50mm

狭い通りにはライヴハウスがたくさん。リバプールは海に面してはいませんが、マージー川が流れ、港湾都市として国内外から物資や情報が入ってきたのです。そうしてアメリカからソウルとビートが入ってきました。

Fe1722

<The Beatlesのブロンズ像>K-7/DA16-50mm

そうした音楽が発達する下地があったわけですね。ビートルズの4人もこのマシューストリートにある、キャバーン・クラブなどで演奏を重ね、世界に進出していったのです。

Fe1704

<キャバーン・クラブ>K-7/DA16-50mm

ここがキャバーン・クラブ。ですが、この店は一度閉鎖され、現在の場所にビートルズ解散後に再建されたものです。

Fe1726

<出演者名を刻んだ煉瓦>K-7/DA16-50mm

キャバーン・クラブの向かいにはキャバーン・パブという演奏を聴ける店があり、入口近くの煉瓦には古くからの出演者名が刻み込まれています。ストラングラーズ、スコーピオンズなどが確認できます。

Fe1728

<煉瓦>K-7/DA16-50mm

おお、ようやくジミ・ヘンドリックスの名前を見つけました。ビートルズと同時期に活躍していた人はこのくらいでしょうか。

Fe1708

<ジョン・レノン像>K-7/DA16-50mm

やはり、ビートルズの顔なのかひとりジョンだけが、ブロンズとなって壁にもたれかかっていました。もうひとりの顔、ポールの像はありません。ちなみに、ビートルズの4人は全員リバプール出身です。

1980年に狂信的なファンに銃で撃たれてなくなりやがて34年。また、リバプールの空港がジョン・レノンという名前であることなどから、やはりマシューストリートにはジョン・レノンなんでしょうね。

早朝にもかかわらず、観光客がやってきてはジョンと一緒に記念撮影していきます。いずれも高齢者で、よく考えればビートルズのメンバーたちもそんな年齢。ちなみに、リバプールには「ビートルズ・ストーリー」という彼らの奇跡を記したパビリオンとリバプール時代のビートルズの足跡を追う「マジカル・ミステリー・ツアー」があります。

Fe1732

<エリナー・リグビー像>K-7/DA16-50mm

ビートルズのシングル「エリナー・リグビー」に登場する架空の老女がこの人。場所はマシューストリートからは外れてますが、すぐです。なんでこの人物だけがブロンズ化されているかわからないのですが。

ともかく、リバプールにはビートルズ関連のものが何気なくあります。エリナー・リグビー像の向かいにはエリナー・リグビーホテルとか、マッカートニー・ホテルもありました。

マシューストリートのすぐ近くにはHard Days Night Hotelがあり、よほど泊まってやろうかと思いましたが、高額すぎてやめました。そのかわり、ビートルズ・ショップに対抗してかハードデイズナイト・ホテル直営のビートルズグッズ販売所ができていました。

Fe1710

<ここで土産を>K-7/DA16-50mm

ここで絵はがきを大量に仕込んできました。Tシャツなどはサイズが合いません。マグなどの小物はかさばるとの理由で。それにしてもジョージ・ハリスンのところだけ感じが違うのが気になる。

メンバー4名中2人が既に亡くなったビートルズ。再結成はあり得ませんね。もっとも、自分もビートルズが活動中はほとんど何も知らないも同然で、中学生になってFM放送を聴き始めてから意識するようになりました。

 

でも、世界の音楽シーンに革命を起こした4人は今でも偉大です。

<路上ライヴ>

最後に、夕方近くに再び出向いてみたら、ジョンを意識していそうな男性が弾き語りをしていました。若そうに見えたけど結構いってそうにも感じます。K-7で撮ったので、YouTubeにアップするにはデータが大きく、時間がかかりました。

<2014/10/26追記>
リンゴ・スターだけはデビュー前のハンブルグ公演後にビートルズに加入したので、キャバーン・クラブでの演奏にはそれほど加わってなかったかもしれません。それまでのドラマーはピート・ベストといい、解雇されました。

| |

« UKタクシーに乗ってみた | トップページ | リバプールの2つの大聖堂 »

Music Talk」カテゴリの記事

918t France & England」カテゴリの記事

コメント

えー!?ジョンが撃たれてから34年ですか(^_^;)
そういえば、そのころ多摩の遺跡でバイトしてたな
ダブルファンタジー買って初めてのウォークマンで聞いたのもそのころでしたっけ

投稿: kimcafe | 2014年10月25日 (土) 22時19分

この辺りはイギリス訛りの英語ではなくアメリカンイングリッシュやスペイン語などが聞えるエリアですな^^;。

投稿: おりんぴあ | 2014年10月25日 (土) 23時32分

kimcafeさん、こんにちは。
やあ、歳とるわけです。
遺跡のバイトって、学術系ですね。
うちの学部の近いところに考古学専攻というものがありましたが、わたしら地理学専攻はまったく勉学と結びつく仕事はなかったです。
わたしゃ、まったく関係ないバイトで第二世代のウォークマン購入してたです。
「Double Fantasy」は、オノ・ヨーコのパートが気に入らなくて、レンタルさえしませんでしたが、その後CDを手に入れています。
こんな記事を書いていても、ビートルズの元メンバーの音源はあまり持っていないですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月26日 (日) 17時41分

おりんぴあさん、こんにちは。
写真を撮っていた観光客ですが、日本人、イタリア人は確認できました。
リバプールにも日本人の日本語ガイドがいるということはわかりましたが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月26日 (日) 17時44分

本日は、エレカシが強烈だったので
3投稿です。完全にファンになりました。
ばーんたむでの話題で、いけますよ。
この回に出てくるエリナ リグビーは矢沢永吉の
初期の名曲サブウェイ特急に登場します。
彼は輝きを失ったので、10年以上聴いてません。
さて小文字になったのは、タブレットが7インチの
Amazonファイアでキーボードが苦手だったからです。
エレカシ聞いて、文章打って、木登り飲み屋を検索
して、そういう1日でした。
ワタシも随分盛り上がってきましたが、仕事は
集中と気合でヤル時にやっていますので堪忍して下さい。

投稿: TACOS | 2017年7月10日 (月) 22時28分


TACOSさん、こんにちは。
わたしゃ、永ちゃんはよく知らないです。
最近じゃモルツのCMに出てくるおじさんみたいなとらえ方をされているような気も。
さらに昔のキャロルなんかはみんな知らないでしょうね。
盛り上がっているところでもう一丁、エレカシをアップしましょうかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年7月11日 (火) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マシューストリート:

« UKタクシーに乗ってみた | トップページ | リバプールの2つの大聖堂 »