« ブライトンへ | トップページ | イングランドの朝メシ問題 »

2014年12月 8日 (月)

船とは無縁のブライトンピア

ブライトン、続きを行きます。

Fe2216

<ブライトン海岸>K-7/DA16-50mm

時計台から坂を下っていくと海岸に出ました。8月というのにこの有様です。泳ぐには水が冷たすぎ、日光もあまり射し込みません。遠くに見える桟橋があります。この時、別の都市とブライトンを混同していました。

ブライトンあたりはドーバーほど狭くありませんが、フランスと向き合っています。英仏海峡ですね。それであんな桟橋があるから、ブランス行きの国際フェリーでもあるのかと思い、ともかくあそこまで行ってみることにしたのです。

Fe2221

<牡蠣はいかがかな?>K-7/DA16-50mm

さすがに海辺でシーフードの簡易ショップが並びます。こちらは牡蠣。イギリス料理の範疇にはいるのかどうか、イギリスにはオイスターバーというものがあって、カウンターでワインなんぞやりながらシーフードを食べさせるところがあります。ワタクシには高額すぎて縁がありませんが。

Fe2223

<エビも安いよ!>K-7/DA16-50mm

こんな店が数軒あるのですが、サンマロやモンサンミッシェルみたいに、魚介類が発するあの独特の香りが漂ってこないのです。だいじょうぶかいな?

Fe2225

<定番フィッシュ&チップス>K-7/DA16-50mm

ここには回転木馬があって、そこで売られているフィッシュ&チップスです。それにしてもほとんど人間が写っていません。

ここまで来ると、大桟橋はもう少しです。

Fe2261

<ブライトンピア>K-7/DA50-200mm

入場制限も何もなく、桟橋に足を踏み入れることができました。

Fe2244

<救命用具>K-7/DA16-50mm

海に落ちている人を見つけたら、これを投げ入れるらしいです。余談ですが、浜田省吾の2000年のアルバム、『Save Our Ship』はこれがジャケットに使われていました。だから知っているのですが。

Fe2247

<白馬>K-7/DA16-50mm

おや?この先の建物を通り抜けると、ゲームセンターとなっていて、ティーンを中心に遊ぶ人たちがたくさんいました。普通のゲームだけでなくて、コインではありますが、現金つかみ取りみたいな機械もありました。けっこうストレートですよ。

Fe2249

<フランケンシュタイン>K-7/DA16-50mm

イギリス版、お化け屋敷ですか。

結局先端部まで行ったのですが、ここは単なるアミューズメント施設でした。船はいっさいやってきません。フェリーの到着する港は、ポーツマスやプリムス、ニューヘイヴンというところでした。

画像はありませんが、ジェットコースターまでありましたよ。

それでも、ブライトンピアはかなり賑わってましたね。

Fe2269

<観覧車>K-7/DA50-200mm

桟橋の脇にはけっこう大きな観覧車が。でも、ロンドン・アイにはかないませんね。

身体が冷えましたから、イギリス二度目のスープ麺料理を食べてロンドンまで戻りました。あまり収穫なかったです。

| |

« ブライトンへ | トップページ | イングランドの朝メシ問題 »

918t France & England」カテゴリの記事

コメント

UKの人にとって引退後はロンドン以南の南部で余生を過ごすのが夢らしいですね。ブライトンもそういう場所のひとつです。

投稿: おりんぴあ | 2014年12月 9日 (火) 00時27分

このところずっと読ませてもらっていますが、足跡残さずにスミマセン。ブライトンは好きな小説に出てくるので、特に興味深いです。200年前は賑やかな街だったらしいんですけどね。きっとお天気が良ければ違って見えるのかも。

投稿: あけきち | 2014年12月 9日 (火) 09時45分

おりんぴあさん、こんにちは。
イギリスくらい高緯度の国になると、少しでも太陽光と暖かさを求める気持ちはよくわかります。
ところで、イギリスでは大陸の国のように長期のバカンスとか休暇で、長くリゾート暮らしをする習慣はあるんでしょうかね?
あまり聞かないけど。
やっぱり、「ウチの食事が世界で一番うまい」とか思っていると、なかなか出掛けそうもないと思うのですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月 9日 (火) 20時46分

あけきちさん、お久しぶりです。
是非ともコメントをください。
書き手からするとものすごく嬉しいのです。

>ブライトンは好きな小説に出てくる

競馬ミステリーのディック・フランシスなどは競馬場や厩舎を中心にイングランドの各地が登場します。
確かブライトンも登場すると思いますが、あまり覚えていないです。

晴れていて、風もないとブライトンは、気持ちよさそうです。ちょっとこの日はついていませんでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月 9日 (火) 20時56分

ヨーロッパのゲームセンター、私もよく覗きます。
私はあそこにあるゲームはすべてギャンブルになっているのではないかと思うんです。
日本のゲーセンのようにただお金を使って楽しむだけというセンスは、ファランにはないのでは?
だからどこのゲーセンも殺伐とした雰囲気があって暗い感じがします。

投稿: スクムビット | 2014年12月10日 (水) 21時52分

スクムビットさん、こんにちは。
ゲーセンはドーバーにもありました。
19:00近くにはパブと一部のレストランを除きほとんど閉店してしまうドーバーなんですが、ゲーセンだけはやっていたような気がします。
競馬発祥の国だし、なんにでもオッズをつける国ですから、もともとギャンブル好きなんでしょうね。
パチンコ屋があったら、とても流行りそうですが、これは規制されているようです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月10日 (水) 22時12分

いらっしゃたのは夏であるのに、なんだか寒々としていますね。英国でも一番南のほうだとは思えません。雨でも降っていたのでしょうか。

投稿: とんび | 2014年12月13日 (土) 09時24分

とんびさん、こんにちは。
ブライトンに到着時は雨でした。
その後あがりましたが、こんなものです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月13日 (土) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船とは無縁のブライトンピア:

« ブライトンへ | トップページ | イングランドの朝メシ問題 »