« 旅の終わりに | トップページ | モーチットにチケットを買いに行く »

2016年8月22日 (月)

インドシナ半島横断旅・旅の概要

帰宅したときは日付が変わっていました。台風の中いきなり出張して研修です。もうへろへろ。

Cv0120

<バンコク>K-7/DA50-200mm

今回の旅は2年ほど前に放送されたテレビ東京の旅特番、「東南アジアバスの旅」(出演:ブラザートム、清水宏保、尾崎ナナ)がヒントになりました。それは、シェムリアップからシンガポールをすべてバスで巡るというもので、シェムリアップからバンコクまで直行バスが出ているということから、浮かんできたものです。

ということはベトナムからタイまで比較的楽につながるなということで、ならば行ってみようとなりました。ただ、ベトナムへ直接空路で乗り込んだ場合、ビザ免除の条件として「帰りの航空券を所有していること」があったので、バンコクからホーチミン市を目差そうとなったのです。

当初はカンボジアからベトナム入りするとき、チャウドックあたりから入国し、ホーチミン入りしたら、ダラット、バンメトートあたりを回ろうと思っていたのですが。

ですが、ぎっくり腰となり、できるだけひとつの都市に長逗留して、あまった分は思い切ってハノイに飛んで過ごすことにしました。

そういったわけで中途半端なルートができてしまったのですが。

Cv0199

<パタヤビーチ>K-7/DA50-200mm

パタヤもその流れで訪れました。

ところがバンコクで、今回思う存分活躍してくれるはずのDA16-50mmレンズがぶっ壊れてしまい、途方に暮れたものです。

ですが、旅を重ねるうちに、残ったDA50-200mmレンズを使うことにだんだんと慣れてきました。けっこう勉強になりましたよ。普段と違う視点でのアプローチとなりますが、ご容赦ください。

日程は次の通り。

  • 2016/07/30 成田-桃園-バンコク バンコク泊
  • 2016/07/31 バンコク泊
  • 2016/08/01 バンコク-パタヤ パタヤ泊
  • 2016/08/02 パタヤ泊
  • 2016/08/03 パタヤ-バンコク バンコク泊
  • 2016/08/04 バンコク泊
  • 2016/08/05 バンコク-シェムリアップ シェムリアップ泊
  • 2016/08/06 シェムリアップ泊
  • 2016/08/07 シェムリアップ泊
  • 2016/08/08 シェムリアップ泊
  • 2016/08/09 シェムリアップ泊
  • 2016/08/10 シェムリアップ-プノンペン プノンペン泊
  • 2016/08/11 プノンペン泊
  • 2016/08/12 プノンペン泊
  • 2016/08/13 プノンペン-ホーチミン ホーチミン泊
  • 2016/08/14 ホーチミン泊
  • 2016/08/15 ホーチミン-ハノイ ハノイ泊
  • 2016/08/16 ハノイ泊
  • 2016/08/17 ハノイ泊(幻のハロン湾)
  • 2016/08/18 ハノイ泊
  • 2016/08/19 ハノイ-ホーチミン ホーチミン泊
  • 2016/08/20 ホーチミン泊
  • 2016/08/21 ホーチミン-桃園-成田

Cv0702

<アンコール遺跡>K-7/DA50-200mm

カンボジア入りしてからはシェムリアップで5日間過ごしました。うち、遺跡3日、市内ぶらつき1日。

今まで雨季の旅行に行っていても、運がよかったのかそれほど雨に遭遇しなかったのですが、今回はひどく降られました。まあ、当たり前ですが。

シェムリアップからプノンペンまでの国道6号線がかなり整備されていたのが意外でした。

Cv1921

<プノンペン>K-7/DA50-200mm

あとこの旅では「食」に占める割合がかなり高かったと思います。これだけは食べたいと思ったものが、いくつかあったのですが、7割くらいは達成できたと思いますね。

Cv2170

<チョロン>K-7/DA50-200mm

プノンペンからホーチミンまでの移動は時間こそかかりましたが、スムーズでした。

いずれの国でもツーリスト用のSIMを入手でき、スマホの地図が大活躍してくれました。もう、スマホなしでは旅ができませんね。

Cv2418

<ハノイの路上メシ>K-7/DA50-200mm

付け足しに思えたハノイですが、よかったですね。プノンペンもホーチミンもハノイも足で回れるサイズの都市なので、雨さえなければもっとたくさん回れたかな。

美味いものも食べられたし。

こんな感じです。本格的レポートは画像処理をもう少し重ねる必要がありますので、もう少し時間をくださいませ。

| |

« 旅の終わりに | トップページ | モーチットにチケットを買いに行く »

922t Indochina」カテゴリの記事

コメント

全部自分のいったところですが、なんだか1つ1つの訪問地の滞在が結構長くて、自分の1回1回の旅のような感じがします。

投稿: とんび | 2016年8月23日 (火) 07時20分

ヒョウちゃん
おかえりなさい
なによりご無事でよかったよかった
例の番組でしょうか?

投稿: trintrin | 2016年8月23日 (火) 07時49分

お疲れ様でした。しかし少し長めの旅でしたね。軽く嫉妬(笑)。

投稿: おりんぴあ | 2016年8月23日 (火) 14時00分


とんびさん、こんにちは。
つーことは5~6回分でしょうか。
自分としては年2回なので、思いきって行かせてもらってます。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月23日 (火) 20時19分


trintrinさん、こんにちは。
ええ、例の番組です。
ブラザートムも清水宏保も「長い」とぼやいていました。
ワタクシ的にはそうでもなかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月23日 (火) 20時21分


おりんぴあさん、こんにちは。
期間は昨年と変わらないです。
ま、今回こんなに長くなくても行けたですが。
その点は反省かも。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月23日 (火) 20時22分

シュエムリアプは5日、パタヤやプノンペンは3日でしたし、バンコクもたいてい2、3日ですねぇ。6回分くらいですね。今度の旅が150回目でしたので1週間前に今までの旅を様々な角度からみた記事をあげましたので、ご覧になってください。このような長旅、2004年のオアハカでお会いしたメキシコ旅行が最後でした。

投稿: とんび | 2016年8月23日 (火) 20時55分

望遠撮影の楽しさは脇に置いて、
台風の動きが1日ずれたら大変でしたよ。
ウエブでGPSとか機材の差とかが原因と
読んだ事があります。
それで、昨日のBKK発成田便の結果を雑に
まとめて書きます。
TGの朝便2つ、約11時間遅れ。
NH、スクート、エアアジア朝便は大体定刻。
デルタ欠航。
NH、TG午後便+約4時間。
さすがのJL708便、根性の+90分。18時前到着。
ハードコアな旅行者の自分は
台風と雪が大嫌いです。
とんびさんにもお伝えしたいです。

投稿: TAKA | 2016年8月23日 (火) 23時28分


とんびさん、こんにちは。
人それぞれ事情がありますからね。
ワタクシも今後どうなるかわかりませんです。
でも、行けるうちは夏は長旅で行きたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月24日 (水) 20時29分


TAKAさん、こんにちは。
仰る通り、大変でした。
おそらく、台北で足止めだったでしょう。
とはいえ、わたしゃ史上最悪のディレイを経験してます。
2度目のインドで、インド航空です。
結局3日くらいやってこなかったらしいです。
1日半待たされて、SQでデリーに飛びました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月24日 (水) 20時32分


到着が集中すると、入管と税関が長蛇の列で
凄いことになります。
成田に着いても新宿当たりからタクシーに
なってしまったかも知れません。
私もキャセイが21時半着になった時は、
京成のおかげで翌日になりました。
今じゃ、羽田LOVEなんですが、エアアジアに
乗る日々・・・
さて、師匠にお伝えしましたがPUNCHのディスクは
入手困難です。私はサワディーに行けば
欠けている部分は残らず揃うと思います。
ご入り用の向きはメールにて、うかがいます。

投稿: TAKA | 2016年8月24日 (水) 22時37分


TAKAさん、こんにちは。
こういうこともありますから、成田までは自力で往復してます。
んー、昔はバンコクにもCDショップがけっこう多くあったと思いましたが、そういう流通はしてないようですね。
困ったものです。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月26日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドシナ半島横断旅・旅の概要:

« 旅の終わりに | トップページ | モーチットにチケットを買いに行く »