« E&Oの朝食ビュフェ | トップページ | E&Oの部屋の備品など »

2018年4月 7日 (土)

E&Oのラウンジでの朝食

Kg1224

<新聞>GR DIGITAL

E&O第3弾。朝はこうして新聞が届きます。この前日、停電があってかなり大変でした。その時ロビーにいたのですが、エレベーターが止まり、非常階段で部屋までたどり着きました。ドアのロックは開けることができ部屋には入れましたが。

さあ、腹が減りました。もう1つの朝食を取れる場所に行ってみましょう。

Kg1226

<6階のラウンジ>GR DIGITAL

1つ下った6階です。このフロアにはプールもあります。

入ると当然客室番号をたずねられます。

Kg1229

<ビュフェ>GR DIGITAL

基本コンチネンタルスタイルのビュフェです。

Kg1230

<反対側>GR DIGITAL

とはいえ、温かいものも用意されています。これで十分ですが、ロビー階のサーキーズよりは圧倒的に客が少ないです。

Kg1227

<朝食>GR DIGITAL

こういうものだったら、E&Oでなくてもありますが、味はちょっと上質な感じでした。パンは普通のものとライ麦の食パンにします。セルフでトースターを使います。

カラトリーはやっぱり上質ですね。

ここ、実はカフェタイムにはコーヒーと軽食が無料。夕刻にはカクテルも無料とのことでした。でも、それを知ったのはチェックアウト後です。凄く損した気分ですわ。

Kg0989

<ミニ博物館>KP/DA21mm

フランシス・ライトというのは、ケダ王国からペナンを租借したイギリス東インド会社の人物です。バリバリの帝国主義者ですね。コーンウォリス要塞には彼の銅像があります。

その名前を付けたスイートルームがミニ博物館です。でも、ワタクシが通りかかる時間はほぼ閉まっておりました。

今日のマレーシア国民

Kg1191

<サテ屋>KP/DA21mm

女性でサテを焼くのはかなり珍しいです。

|

« E&Oの朝食ビュフェ | トップページ | E&Oの部屋の備品など »

Hotel」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

925t KL & Penang」カテゴリの記事

コメント

この3回ほどは、ヒョウちゃんの高級ホテル宿泊にかけるあつい思いが伝わってくるような記事が続きますね。今までになかったタイプの記事なので新鮮感があります。ほとんどホテル修行をしている人のブログみたいな感じです。自分もこの間、台北のコンフォートに泊まろうか悩みました。自分の資格でラウンジで朝食やアルコールも無料なのですが、立地がよくないので結局やめました。

投稿: とんび | 2018年4月 8日 (日) 09時50分


とんびさん、こんにちは。
記事を数回に分けるというのは、それだけネタがあるということにすぎません。
多分、E&Oには今後泊まることはないと思います。
予算が許せば、ラッフルズと香港のペニンシュラは押さえておきたいところですがかなりハードルが高いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年4月 8日 (日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E&Oのラウンジでの朝食:

« E&Oの朝食ビュフェ | トップページ | E&Oの部屋の備品など »