« アロー通りでミニオフ | トップページ | マレーシアのペットボトル、キャップ問題 »

2018年4月14日 (土)

バスターミナル上のホテル

Kg0112

<プラザラキヤ>KP/DA21mm

ペナンから戻りクアラルンプールで1泊だけしたホテルはやっぱりチャイナタウンにありました。

ペナンのコムタ発のバスはKLセントラル駅に到着しました。そこで遅い昼食を食べ、LRTでパサールスニへ。結構長い距離をキャスターを引っ張って到着です。

チャイナタウンではありますが、プドゥセントラルというバスターミナルの真上にあるAncasa Express Hotelです。

Kg1265

<部屋>GR DIGITAL

結構高層のホテルです。ただし、ここは入口で階段かエスカレーターを使い、バスターミナルのチケット売り場や売店のある階を通り抜け、フロント階直行のエレベーターに乗ります。チェックイン後はエレベーターを乗り換えます。

外に出る時もフロント階で乗り換えます。

絨毯敷きの部屋です。まあまあ広めですね。眺めはいいですね。

Kg1270

<冷蔵庫>GR DIGITAL

マレーシアのホテルはタイのほとんどのホテルにある冷蔵庫があまりついていません。でも、ここにはありました。タイにほとんどあるということは、いかにタイ人が冷たい飲み物を欲しがるかということにつながります。

マレーシアでの国民飲料はテタレでしょうから、それほどこだわらないのかもしれません。コンビニの飲み物もそれほど冷えていませんし。

Kg1275

<ミネラルウォーター>GR DIGITAL

ホテル専用のボトルでした。電気ポットもあり、コーヒーもインスタントですが用意されています。灰皿があるってことは喫煙可能ですね。今や少数派でしょうか。タイもなかなか灰皿のある宿は淘汰されつつありますが、ベランダで吸っていいという宿もありました。

Kg1271

<浴室>GR DIGITAL

比較的広めです。タイ式のトイレ用シャワーでした。

でも、ここはWiFiにつながりませんでした。パスワードを書き間違えたのかと思いましたが、ダメでした。その点だけが残念ですが。

Kg1462

<帰国>KP/DA21mm

翌日の帰国日、夕方の便だったのでバトゥケーブスにでも行くかと思いましたが、KTMコミューターの時間がよくなくて、ブキッビンタンを少し歩いて空港に向かいました。

これにて、年末年始旅のレポートは終了です。結構長くかかりましたね。

次回より、過去の旅からのエピソードをじわじわアップします。異動したってこともあるんですが、更新頻度は確実に減りますね。

|

« アロー通りでミニオフ | トップページ | マレーシアのペットボトル、キャップ問題 »

Hotel」カテゴリの記事

925t KL & Penang」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスターミナル上のホテル:

« アロー通りでミニオフ | トップページ | マレーシアのペットボトル、キャップ問題 »