« タイスキをいただく | トップページ | 歌舞伎町の中の中国 »

2019年5月27日 (月)

部屋食しますよね

Kt1517

<部屋食>GR DIGITAL

ホントはやりたくないんだけど、仕方なく部屋で食事をするってことありますよね。だいたいの場合はホテルに朝食がついてなくて、出発が朝早いというパターンではないかと思います。

その場合の選択肢はコンビニかスーパーに立ち寄り、翌朝食べられるものを買ってくるのが普通でしょう。

上の画像はカップ麺とパン、紙パックジュースです。台湾南部を回っていた時のもので、朝の便で高雄から成田へ飛ぶ前です。このようなパターンはスーパーはともかく、コンビニが近くにあることが重要ですね。

だいたい、東アジアと東南アジアではコンビニは簡単に見つかります。大手資本のセブン、ファミマ、ローソンなどはタイ、台湾、おそらく韓国と中国(香港・マカオを含む)では密度が高いです。それ以外のベトナム、カンボジア、ラオス、マレーシア(たまにセブンがあります)、シンガポールではローカル向けコンビニがあります。それ以外の地域ではメキシコ、アメリカならばっちり。

逆になさそうなのがミャンマー。ミャンマーから西側にはコンビニはないものと思っていいです。昔はイスタンブールにセブンが1軒あったんですが。今でもあるかな。

とはいえ、カップ麺などの暖かいものが欲しいとなると、部屋に電気ポットがないと難しいですね。フロントにお湯をもらうとか、コンビニでお湯を注いだものを持ち帰るというのも面倒です。

Lp1913

<ママーとおにぎり>GR DIGITAL

また、カップ麺は日本のように割り箸をつけてくれるとは限りません。ワタクシなんざいつもの感じでコンビニでカップ麺を購入しても箸のことをすっかり忘れていたということもありました。その点、タイはカップ麺の中に折り畳み式のプラフォークが標準で付いているので気が楽です。台湾や香港あたりでも、当たり前のように箸をつけてくれるはずです。

Hw0427

<失敗例>PowerShot

ホノルル滞在中、物価の高さに対抗してABCで総菜とカップヌードルを購入してきました。それぞれ2ドル近くするんですが、外で食べるよりはいくらか節約できました。ですが、箸やフォークのことを忘れていたんです。

総菜はペンネみたいなもので指でつまんで食べました。問題はカップヌードルです。仕方がないんで、コーヒーのミルクや砂糖をかき混ぜる極細のスティックで食べました。お湯も苦労しました。泊まっていたアラモアナでは各階に製氷機などがあるんです。ここに給湯器もあるなと思ったらなかったです。しょうがないので、コーヒーメーカーでお湯を作りました。

Sl3221

<バナナ>PowerShot

タイのセブンにはバナナが売っています。カロリーもある程度あるし、腹持ちもいいです。そして、常温でもすぐには腐りません。それにかなり安いです。切羽詰まって所持金がなくなってきたらこれはありかもしれません。

Sl3469

<寿司>PowerShot

これまで紹介してきたものはほぼ朝食です。でも、これは夕食。昨年の夏の旅の最終日、スーパーTOPSでバラマキ土産を購入ついでに、めんどくさくなって、生ものでしたが購入し、部屋で食べました。ま、部屋には大型の冷蔵庫もあるのですが、やっぱり購入してきてすぐに食べるものですかね。暑いところだし。

生ものではありますが、本物の鮮魚を使っているのはごく一部ですね。また、タイには1貫いくらの寿司もあります。これをパック詰めして持ち帰るのもありかな。でも、生ものは少ないですよ。

香港でもやったことがあります。

これらの条件を満たさない地域とホテルではせいぜい、パンとペットボトルの飲み物になりますね。あるいは我慢して空港へ行くかですね。

|

« タイスキをいただく | トップページ | 歌舞伎町の中の中国 »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

まぁこの辺がホテルの泣き所ですね。
キッチンがある部屋だと比較的楽です。
大概そういう部屋は食器やフォーク・ナイフもありますし。

自炊すればもっと安くつきます(笑)。
物価の高いUSではいいかも^^;。

投稿: おりんぴあ | 2019年5月28日 (火) 23時00分

おりんぴあさん、こんにちは。
キッチン付きだと、宿泊代金がかさむので、ワタクシとしては考慮外ですね。
自炊、時間がないときはこれまた難しそうです。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年5月29日 (水) 21時00分

どうもです。
タイの寿司、大袈裟にいうとドクドクしいですね。
これ、猛暑でも屋台で売っていたりするので
保存料とか添加物が心配です。
うんちくですが、寿司以外でも大人気のカニカマ
について、本当に蟹を使っているという大嘘も
信じられていますよ。
更にくどいですが、ハワイやグアムの高級ホテルでは
電気ポットを置かないところが多いとか。
理由は中国人がカップ麺を食べるからですが、
インド洋諸国では不買運動みたいなものを
起こしてまで、ポットを置かせているそうです。
しつこいですが、カップ麺はキャリーに詰め込んで
持ち込むんですよ。

投稿: ペンタのP | 2019年5月29日 (水) 22時26分

ペンタのPさん、こんにちは。
そう、すしの屋台ありますね。
鮮魚系はほぼないみたいですが、ウドンの炎天下でも売ってました。
一応、これはスーパーTOPSの冷蔵庫で保管されていたものです。
でも、足は早そうです。注意したほうがいいですね。
ワタクシ、香港ではカップ麺を購入したことはありますが、本土ではないんですよ。
値段は激安みたいですが、味はどうかな。
ワタクシのバラマキ土産は昨年夏はママーの袋麺でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年5月29日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイスキをいただく | トップページ | 歌舞伎町の中の中国 »