« 旅行者の南北問題・ベトナム | トップページ | 総立ちの女王とナベプロ »

2019年7月21日 (日)

気づいてみれば

Kg0349

<クアラルンプール>KP/DA21mm

7月も後半に入りました。なんと、気づいてみれば、あと10日ほどで旅立ちであります。

これまでやってこなかったことですが、今回は立ち寄り先を明らかにしましょうか。今更隠してもしょうがないし。

まずは、キャセイのオープンジョーチケットで香港経由のクアラルンプール入りです。またしてもチャイナタウンに宿を取りました。クアラルンプール近郊には通称「ピンクモスク」とか「ブルーモスク」と呼ばれるイスラム寺院があります。このどちらかには行ってみたいですね。今回はすでに鉄道チケットを確保しているので、余計な用事はありません。もしかしたら両方行けるのではないかと。

そして、次はETSでバタワースへ。やっぱり宿はジョージタウンに取りました。なので、フェリーに乗り継ぎ、あとは徒歩で宿に向かいますかね。

Kg0477

<シントラ通り>KP/DA21mm

このあたりにいます。ピンポイントでB級グルメを攻略しますが、珍しそうなものを見つける時間もないので、ありきたりですが美味そうなものを食べてきますかね。

その次がアロースターです。マレーシアの初代首相アブドゥル・ラーマンと現首相マハティールの生まれたところですね。バタワースからはコミューターが頻発してます。なんと、マハティールの生家が公開されているとのこと。あとは、マレーシアで一番美しいといわれるザイールモスクがあります。

Mt1573

<ハジャイ>K-7/DA16-50mm

アロースターは長居するつもりがなく、すぐに国境越えです。頻発するコミューターですが、タイ国境は越えないので、タイ側で接続する数少ない列車に合わせて行きましょう。タイバーツは今のところ手持ちがある程度あるので、国境であわてて両替する必要はないですね。問題はsimかな。ま、ハジャイで手に入れればいいでしょうかね。

ここからあわただしいです。

Mp0570

<サミラービーチ>K-7/DA21mm

あの、沢木耕太郎が泊まったサミラーホテル(現BPサミラービーチホテル)に泊まるんです。理由はいうまでもありませんね。ここ、連泊できず、ハジャイ1泊、ソンクラー1泊、またハジャイに戻って1泊です。

その次がナコンシータマラートに行きます。なんと、ハジャイからナコンシータマラート行きの列車があるんですね。最初は予定していませんでしたが、その列車があることで急遽行くことにしました。ここは、タイ南部にありながら仏教遺跡があるところです。

ナコンシータマラートからは再びSRT通称「南本線」にもどり、チュムポーンまで。

Mp0766

<夜のチュムポーン駅>K-7/DA21mm

ナコンシータマラートから「ラピッド」のバンコク行きがあります。つまり乗り換える必要がありません。でも、ここが一番長く乗る区間ですね。

チュムポーンも沢木耕太郎が泊まったところですが、足跡を追う時間はなさそうですね。

D0360509_17283001_20190721150201

<プラチュアップキーリーカン>*画像はkimcafeさんにお借りしました。

その次がプラチュアップキーリーカンです。あの「地球の歩き方」ですっぽりと抜け落ちているのがここ。フアヒンをもっと地味にしたようなタイ人向けのリゾートですかね。

ここを抜かすと結構長い時間鈍行に乗らなくてはならないので、どこかないかと探していたんです。kimcafeさんのレポでもなかなかよさそうだし、ほかのブログなどでもそんなに悪い評価はないので、立ち寄ります。特に観光地でもないので、ゆるゆるしますかね。

D0360509_20504100

<ペッチャブリー>*同じくkimcafeさんからお借りしました。

こちらも、kimcafeさんからの情報です。太陽光ガイヤーンは是非とも訪れたいところですか。

Sl3203

<フアラムポーン駅>KP/DA18-50mm

そして最後がバンコクでございます。バンコクではこの間のシーロムの安宿と同じくらいの価格帯の宿を見つけました。とあるところのレポが情報源ですが、結構よさそうなんですよ。朝食も付いてしまうんですが。両者を比較して良いほうを今後の定宿にする可能性がありますね。

| |

« 旅行者の南北問題・ベトナム | トップページ | 総立ちの女王とナベプロ »

News」カテゴリの記事

コメント

まもなく出発。ドキドキしていることでしょう。今回はタイ南部で途中下車がかなりあり、各場所で泊まる日は少なそうな感じで、KL以南は省略したようですね。自分もタイ南部は何度かいきましたが、スポット的な行き方でした。それでも南部もいいと思っています。また行きたいです。ペッチャブリーは日帰りでしたが、ちょっと忙しかったので泊まるのがよさそうですね。

投稿: とんび | 2019年7月21日 (日) 18時27分

とんびさん、こんにちは。
KL以南は当然なしです。
2017/2018の年末年始にETSでバタワースまでチケットを取れなかったので、こんな感じになりました。
KL→バンコクはもうあるまいと思いましたが、3度目です。
まだ、本格的な南部料理を食べてないので、それも楽しみですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年7月21日 (日) 20時32分

バンコクが最終地とすると
フアラムポーン駅に降り立つのでしょうか?
郵便局で電報を打って欲しいです♪
なんで沢木さんはそんなこと想いついたのでしょう?
名著なんですがそのオチが謎すぎて・・・

今日はうまいこと数字を読めますように!

投稿: trintrn | 2019年7月22日 (月) 08時42分

trintrinさん、こんにちは。
画像ではフアラムポーンでしたが、地味にトンブリー駅になる予定です。
早朝の列車だと、フアラムポーン一歩手前のバンスージャンクションですね。
ここからだと、MRTがあります。
郵便局で電報。「電報は電話局から打つんですよ」と沢木氏もいわれました。
「ワレトウチャクセリ」はブログでいつか報告しましたね。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年7月22日 (月) 23時06分

もうすぐですね
タイ南部はよかったな
また、行きたいです
行けなかった町も多いですからね
プラチャップキリカーンには線路脇(地元向けで総菜や食材中心)と海沿いに屋台がでます
あと、駅から海への途中にも屋台街があります
ペッチャブリーにもナイトマーケットがあります
楽しんできてください(^o^)丿

投稿: kimcafe | 2019年7月29日 (月) 23時52分

kimcafeさん、こんにちは。
月が替わったら成田にいます。
南部は3回目なんすけど、入口のハジャイとソンクラー、中間点のチュムポーン以外初めてのところですね。
ま、チュムポーンは2回目ですけど、何もありませんね。
40数年前、沢木氏がフアラムポーンで言われた通りのままです。
サトー豆の料理ってほとんど食べてないんです。
あるいはマレーシアでちょっと食べたかもしれませんが。
あと、米のサラダというのもあるそうで。
期待しますが、現在の日本の暑さでぐったり状態です。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年7月30日 (火) 21時51分

連続投稿であります。
MYRが安くなっています。
それは米中貿易戦争によります。
一方で中国と違って、親米の?
タイバーツは高いです。
対ドル相場では6年ぶりの高値とか。
ユーロはドルよりも、ずっと弱いです。
なのでファランが減っているという
噂ですが、レポートしてくださいな。

投稿: ペンタのP | 2019年8月 2日 (金) 22時43分

ペンタのPさん、連投でどうもです。
そういや、リンギット、結構いいレートでした。
バーツは使い残しを少し持ってきましたが、どのくらいでしょうかね。
あとでレート見てみます。
ファラン、どうなんすかね。
タイ南部はほぼいないと思いますが、バンコクにはまだまだいるでしょ。
レポートまでは行きそうもないような。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年8月 2日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行者の南北問題・ベトナム | トップページ | 総立ちの女王とナベプロ »