« 揺れるイギリス | トップページ | 行ってきます »

2019年7月29日 (月)

キャセイパシフィック航空

かすてら音楽夜話Vol.65

次の旅も徐々に迫ってまいりました。

もう旅程も発表しちゃいましたし、ついでなんで航空会社も発表しましょうか。キャセイパシフィック航空となります。

キャセイは意外と使っています。初めて利用したのは1998年のことで、ネパールに行くのに、香港までキャセイになりました。この時はまだまだ旅の手配に慣れていませんで、フロンティア旅行、秘境旅行、特殊旅行専門の神田にある某旅行社に依頼しました。Luntaさん、お馴染みのあそこです。

香港からは当時のロイヤルネパール航空(現ネパール航空)乗り継ぎです。で、香港まではJALとキャセイどちらにしますかと問われ、まだ乗ったことのないキャセイにしたんです。キャセイはまだ日本の航空会社には導入されていなかったボーイング777型機を使用していて、新鮮な気分でしたね。

Mt2883

<キャセイの翼>K-7/DA16-50mm

それからたまに使っています。香港-フィウミチーノ(ローマ)、シャルルドゴール(パリ)-香港、香港-デンパサール往復、香港-クアラルンプール、スワンナプーム-香港などなど。

成田から香港経由でスワンナプーム往復も2回ほど。このルートで一番効率のいい便に乗ると、香港での乗り継ぎが1時間切っている場合が多いです。それでも、香港到着時にバンコク行きの乗客は優先的に出ることができて、キャセイの係員の誘導で素早く乗り継ぐことができるんです。預けた荷物もきっちり出てきます。かなり早朝の便ですが、夕方にはバンコクに着き、おいしいタイ料理の夕食を味わうことが可能ですね。夏だったら日も暮れてませんよ。

Mt2864

<香港国際空港>K-7/DA16-50mm

結構わかりやすい空港です。とはいえ、ターミナルは3つくらいあるのかな。それこそゲートは100以上ありますね。空港内の飲食店はさすがに香港の味なんですが、いかんせん物価が高いです。

Mt2870

<雲吞麺>GR DIGITAL

いくらか忘れてしまいましたが、1000円程度するような。ま、街に出ればその半分程度で済むと思いますが。

ちょっと最近はキャセイとご無沙汰だったんですが、一番最後に乗った2015年にはキャセイなのに香港人ではない人民共和国の中国人が多数、乗っていることに気づきました。なんでわざわざと思いますが、この頃、キャセイドラゴン航空(旧香港ドラゴン航空)を傘下に加えたんですね。

キャセイは中国本土に飛んでないのですが、この子会社が中国本土に路線を多数持っていたんです。で、同じアライアンスですから、ちょっとした小金持ちが中国のエアラインではなく、キャセイを使うかという流れになってきたようです。

ちなみにワタクシも香港-クアラルンプールはキャセイドラゴン利用です。

ところで、キャセイパシフィック航空にはテーマ音楽があることをご存じでしょうか。

 

多分聴いたことがあるのでは。Barry White & Love Unlimited Orchestraで「Love's Theme(邦題・愛のテーマ)」でございました。

この曲インストゥルメンタルなんですが、なんとビルボード週間シングルチャートで1位を記録しています。たったの1週でしたが。そのほか自らが歌った「Can't Get Enough Of Your Love, Babe」でも1位を獲得しています(1週のみ)。

「愛のテーマ」なんて、紀行番組でやたらとつかわれてますよね。1位がたった2回だけでも、印税収入すごいでしょうね。今でもどこかで流れているからなぁ。でも、バリー・ホワイトは2003年に腎臓障害でお亡くなりになっています。

さて、昨日、e-ticket、列車のチケット、宿の予約確認書などをようやく印刷しました。一時なぜかプリンターが作動しなくなりましたが、これはちょっと前に交換した無線LANが原因で、前のやつに換えたら認識してくれました。WiFiで印刷できていいんですが、USB接続でいつもできたほうがいいですね。今度手に入れてきましょう。

さて、出発まであと数日。記事は毎日は書かないと思いますが、あといくつかは上げる予定です。

 

|

« 揺れるイギリス | トップページ | 行ってきます »

Vehicle」カテゴリの記事

Airport」カテゴリの記事

01a Hong Kong」カテゴリの記事

Music Talk」カテゴリの記事

コメント

私のような物臭と異なり、ご準備が
たけなわと存じます。
さて KA 便は自分の経験だと、2-3-2の座席で
幅が狭いです。3-3-3のキャセイパシフィックとは
大違いでした。さらに、機内食の貧弱なこと!
さて私の場合、1980年代は全く海外生活に縁が
なかったのですが。
JET ストリームの城達也と、今回の
キャセイ・愛のテーマには馴染んでおりました。
この辺については、またいずれコメントをば行きます。

投稿: ペンタのP | 2019年7月30日 (火) 22時39分

ペンタのPさん、こんにちは。
準備真っ盛りでもないです。
ようやくキャスターを出したところですね。
いつものことですが、前夜にパッキングします。
キャセイドラゴン情報ありがとうございます。
ま、少々我慢して、チャイナタウンでなんか食べましょう。
ジェットストリームはほとんど聞いたことはないのですが、なぜかみんな知ってますよね。
バリー・ホワイトのこの曲も同様です。
ゴダイゴにもキャセイのテーマがあったと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年7月30日 (火) 23時08分

この曲は知っています、確かに海外旅行のイメージがありますね。しかしこれがキャセイのテーマだとは知りませんでした。

飛行機会社のテーマは聞こえてくると嬉しくなりますね。
私はJAL,ANA,TGそれぞれ思い出があります。

明日元気で行ってきてください。
楽しい旅を!

投稿: スクムビット | 2019年7月31日 (水) 12時59分

スクムビットさん、こんにちは。
有名ですからね。
たぶん、この曲が一番知れ渡っていますよね。
たとえ、キャセイでなくとも、旅心が刺激されます。
では、行ってまいります。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年7月31日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揺れるイギリス | トップページ | 行ってきます »