« マレー半島鉄道の旅・概要 | トップページ | マスジットプトラに行ってみた »

2019年8月25日 (日)

唐城美食中心にて冠記の雲吞麺

2019年8月2日(金)

Mrp0008

<チャイナタウンのフードコート>KP/DA18-50mm

では、旅レポ開始します。

ま、初日の様子はまた後日アップいたします。ヘロヘロになって到着したクアラルンプールのチャイナタウンですが、明けた翌日です。見事に3か国語で表記されております。漢字ではチャイナタウンは唐人街または唐城ですか。真夜中はここは閉まってしまいますが、朝は当然やっています。

周辺の店も結構オープンしてます。一応、宿のあるあたりから1周くらいしまして、食べたくなるような料理を探すのですが、やっぱりここになってしまいました。

Mrc0066

<フードコート内部>PowerShot

ここ、マレーシアの典型的なフードコートです。ただし、朝は飲み物を注文する必要がありません。係もいないし。テーブルはかなりの数があり、それを取り囲むようにいくつもの店があります。どちらかというと麺料理の店が多いようです。

Mrc0067

<この店>PowerShot

その中から、ここに決めました。冠記というのは雲吞麺で有名な店で、本店はこの店から目と鼻の先に向かい合っています。2003年には本店でワンタンミードライを味わっています。当時の記事

であるので、今回はワンタンミースープにします。

Mrc0068

<来ました>PowerShot

量は中だったかな。大・中・小とあります。これで、6.5リンギ。ちなみに、本日のレートで1リンギ25~26円くらいですね。ちなみに、自分がセントラルマーケット近くで両替したときは、26円強でした。

Mrc0070

<タレ>PowerShot

長らく、ドライ麺を食べていないのでわからないのですが、ドライの場合はこれが付かないように思います。輪切りの青い唐辛子が多分魚醤ベースの液体に浸されたものです。これを全部入れるとかなりスパイシーになりますが、わたしゃ、3/4は投入しますね。

Mrc0069

<拡大>PowerShot

ワンタンは全部で5つ。やっぱり、スープはピリッと引き締まりました。麺は香港やマカオのようにめちゃくちゃ硬くありません。程よい硬さというか。

でも、ドライのほうが美味いです。値段はクアラルンプールだと高めですね。といっても170円くらいで、ほぼバンコクと同じくらいですか。地方に行くともっと安くなります。

さ、ドライとスープの食べ比べもできました。では、観光に出かけましょうか。

| |

« マレー半島鉄道の旅・概要 | トップページ | マスジットプトラに行ってみた »

Food」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

歯の咬み合わせが悪いのでこういう麺は噛み切れないんですよね(^^ゞ
奥歯じゃ切れないしな~(^^ゞ
唐城美食中心、どうしても足が向きますよね

投稿: kimcafe | 2019年8月28日 (水) 23時08分

kimcafeさん、こんにちは。
お名前がなかったんですが、IPアドレスから判断して入れさせてもらいました。
そんなに硬くありません。
ワタクシも前歯が差し歯なんで、よくわかります。
でも、大丈夫ですよ。
マレーシアの中華系だったら問題ないんじゃないすか?
やっぱりここは入りやすいですよね。
入ってからもいろいろ選べるし。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年8月28日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレー半島鉄道の旅・概要 | トップページ | マスジットプトラに行ってみた »