« エレファント | トップページ | マレー半島鉄道の旅・概要 »

2019年8月23日 (金)

チャオプラヤー川

サワディカップ。旅22日目。実質最終日です。

本日は思いっきり二度寝しまして、出るのが遅くなりました。

計画では某ブログの情報をもとにやや遠出をするつもりでしたが、近場に変更です。

Mrp2370

<サトゥーン付近のソンテオ>KP/DA18-50mm

またしても、スクムビットさんが訪れた「Lhong1919」というところに行くことにしました。3月にも訪れたIcon Siamと同じく、チャオプラヤー川の対岸にあります。

ということで、BTSでサパーンタクシンに出ます。ここからはボートになります。スクムビットさんによれば、ボート料金60バーツとのことでしたが、そんなわけないだろと思ってましたが、本当でした。

チャオプラヤーエクスプレスは「Hop On Hop」というボートに力を入れているようでして、以前からあったオレンジ船よりも観光地に特化したようなボートです。チャオプラヤーエクスプレスのツーリストボートとも、また別でこの片道料金がBTSよりも高い60バーツなんですね。

Lhong1919には各駅停車のボートも来るようなんですが、本数は極端に少ないです。60バーツ払いましたが、あっという間に到着しました。まったくぼったくりだわ。

Mrp2444

<Lhong1919>KP/DA18-50mm

よくわからないコンセプトです。商業施設なのかというと、レストランが1軒くらいと、ギャラリー、軽食の食堂があるくらいです。古い中国風の建物が中庭を取り囲むような感じでできています。

タイに移住した昔の中国人の民家を再現したのかというと、そうでもなく、タイ語の表記は案内以外ほぼありませんでした。中国そのものなんですかね。よくわかりません。

そんなところではありますが、初見参でもあるのでかなり写真を撮りました。

施設的にはトイレなどは冷房が効いています。清潔でもありました。中庭の一番奥には媽祖を祀ったものがありますが、本物の媽祖像はありません。

さて、どうやって戻ろうかと思っていました。ボートはなんとIcon Siamの無料ボートもここに来るんですね。結局それを利用しました。ただ、直接Icon Siamには行くことができず、対岸のラーチャウォンに渡り、また無料ボートでIcon Siamに行くという方法になりますが。

Mrp2560

<Icon Siam>KP/DA50-200mm

Icon Siamからはサトゥーン、シープラヤ、Lhong1919経由ラーチャウォンと、3方向の無料送迎船が出ています。

3月に来たばかりですが、せっかくなので食事もして、写真も撮っていくことにしました。画像の場所でも食事を提供するのですが、席が風呂椅子だったりして、料金も高そうなので、その上階のフードコートで済ませます。それが結構レベルが高く、安かったです。ま、ハワイのフードコートのように、紙皿にプラスチックのスプーンとフォークでしたけど。

他にもフードコートはあります。隣接する高島屋のフードコートは画像の場所からすぐです。

以前はオープンしたばかりだったからか、船の売り子はかなり若い人を使っていたんですが、本日はそうでもなかったです。おじさんもいたし。

で、戻るんですが、せっかくなので、シープラヤに出てみることにしました。シープラヤ通りは若き日の沢木耕太郎がバンコクで泊まったところなんですが、そこを訪ね当てるのは無理なので、「River City」という、商業施設を訪ねてみました。ここは上階がギャラリーになってました。あとは、それほどのことはないですね。ただ、地上レベルにはチャオプラヤー川を眺めることのできるレストランもありました。ロマンチックさを求める向きにはお薦めかも。

ただ、このシープラヤの船着き場まではこれまた止まるチャオプラヤーエクスプレスが極端に少ないです。

ここからはもう一回Icon Siamに戻り、サトゥーンまで行く送迎船で戻りました。

結論からいうと、すべてIcon Siamの送迎船を使えば交通費はいりませんね。また、サトゥーンでのIcon Siam行きの送迎船の乗り場は変更になっています。

さて、2019年の夏の旅はこれにて終了でございます。数多くのコメントありがとうございました。大変励みになりましたです。

ま、明日も午前中がまるまる使えるんですが、ちょっとした土産でも見繕います。そして、なんといってもやきもきさせる、キャセイ利用で香港経由ですから、この先どうなるか。

ともあれ、この続きは日本でやろうぜ!

| |

« エレファント | トップページ | マレー半島鉄道の旅・概要 »

News」カテゴリの記事

コメント

少しブログから目を離している間に、1919もエラワンミュージアムにも行かれたんですね。
エラワンミュージアムは400バーツ払ってもいいかなと思いましたが。1919はタダですが面白く無いですね。
ボートの60バーツがもったいないぐらいです。
ヒョウちゃんの記事も私と同じような印象ですね。
私の時にもエラワンミュージアムでは大陸の人たちが階段でポーズを取って邪魔でしたよ。
日本は蒸し暑いです。
お気をつけてお帰りください。

投稿: スクムビット | 2019年8月23日 (金) 16時31分

スクムビットさん、こんにちは。
戻りました。
両方行きました。
行きかたもわかりやすかったし。
Lhong1919ですが、夜になるとバーやカフェが出るのかもしれません。
あのあたり、まだ土地もありそうなので、新しいリバーフロントになっていくかもしれませんね。
わたしゃ、今日戻ったんですが、そうめちゃくちゃ暑くなかったですね。でも、週明けからうんざりするかもしれませんが。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年8月24日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エレファント | トップページ | マレー半島鉄道の旅・概要 »