« チャオプラヤー川 | トップページ | 唐城美食中心にて冠記の雲吞麺 »

2019年8月24日 (土)

マレー半島鉄道の旅・概要

Malayrailtitle

本日帰国しました。

のんびり旅をしているようでも、突如起こった香港のデモの空港占拠という事態に結構やきもきしていました。一時は真剣に帰りの航空券を改めて買おうと思ってました。ま、それでも、何事もなく戻れましたので、良しとしましょう。

では、いつものことですが、日程とともに旅を簡単に振り返ってみます。

Mrp0074

<クアラルンプール>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/01-08/03 クアラルンプール

早朝の成田から香港乗り継ぎでクアラルンプールへ。かなり時間がかかりました。クアラルンプールでは3つのモスクを訪ねました。

Mrp0331

<ジョージタウン>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/04-08/05 ジョージタウン

クアラルンプールからはいよいよ鉄道の旅開始です。まずは、バタワースまで行き、シントラ通りに滞在しました。短期滞在でして、B級グルメを堪能とまでは行きませんでしたが、深夜特急の残り香みたいなものを探ってきました。

Mrp0550

<アロースター>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/06 アロースター

バタワースからアロースターに。端折ってもよかったような気がします。まあ、鉄道での国境越えの箸休めみたいな感じですかね。暑さが印象的でした。

Mrp0696

<サミラービーチ>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/07 ハジャイ
  • 2019/08/08 ソンクラー
  • 2019/08/09 ハジャイ

いよいよ、国境を超えタイに入りました。ここではどうしても、ソンクラーの沢木耕太郎氏が泊まったホテルに滞在したくて、こんな感じになりました。ソンクラーでは宿の予約はしましたが、このあたりから宿は飛込です。

どうせ観光客は少ないだろうから絶対大丈夫と思っていましたが、その通りでした。南インド以来となる宿の予約をしない旅。最近はホテル予約サイトが幅をきかせ、一部の国ではいきなり宿に来た客をすげなく断るとか。バックパッカーなどでも直前にスマホやタブレットなどで予約を取っていくのが当たり前になってきたようです。でも、飛込だと、その場でいいか悪いか判断ができます。ほぼ20年前ですが、イギリスに行ったときなど一切予約はしてませんでしたけど。これからこういうスタイルの旅も地域によっては増えてくるかもしれません。

Mrp1105

<ナコンシータマラート>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/10-08/11 ナコンシータマラート
  • 2019/08/12 チュムポーン

当初は視野に入っていなかったナコンシータマラートですが、ハジャイから鉄道でアクセスでき、なおかつナコンシータマラートからバンコク方面にも列車があったことで、立ち寄ってみました。ここではかなりの写真を撮りました。チュムポーンは中継のため1泊してますが、午後の列車が取れたことで、少しだけ散策できました。

Mrp1588

<アオマナーオ>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/13-15 プラチュアップキーリーカン

一番期待していたのがここです。鉄道の旅に特化するなら立ち寄る必要もありませんが、それでは味気ない。予想にたがわぬ静かないいところでした。

Mrp1841

<ナコンキーリー>KP/DA50-200mm

  • 2019/08/16-17 ペッチャブリー

列車も車内販売が充実してきました。ペッチャブリーもいいところだとは思いますが、ちょっと宿の選択を誤ったかもしれません。でも、太陽光ガイヤーンと古き良きレストランを訪れることができました。

Mrp2363

<バンコク>KP/DA18-50mm

  • 2019/08/18-22 バンコク

ま、最後は当然ながらバンコクなわけで、5泊もしてしまいました。ここまでくると地方との物価の違いを実感しました。なんといっても、BTSひと乗りと、タイ王立鉄道の100km以上乗る料金が変わりませんし。

リハビリも兼ねていましたが。収穫は泊ったところ(ここは予約してました)が、想像以上に良かったことです。

使用カメラは防水防塵対策のされたPENTAX KPとPowerShot SX730HS、たまにiPhone5cです。KPにはDA18-50mmとDA50-200mmを使用しています。ほとんどは短いほうのDA18-50mmを使いましたが、人物写真を狙えるところと、時間的余裕のある場所では望遠ズームDA50-200mmも使いました。今回KPではビデオは撮りませんでした。PowerShotで少し撮っています。

ここ数年、記事の最後に「今日の〇〇人」という画像をつけていましたが、今回はそれほどたくさんありません。残念ですが、載せられる時だけ掲載します。

それにしても、スワンナプームを夕方出て、成田に朝6時過ぎって、ほとんど眠る時間がないんですよね。今日は戻って荷物整理の後、昼寝状態になりました。

これから記事を上げていくのですが、かなりの数になると思います。それだけ今回は充実していたということで。長くなりますが、おつきあいください。

| |

« チャオプラヤー川 | トップページ | 唐城美食中心にて冠記の雲吞麺 »

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい! 珍しく夜行便利用だったようで、じゅうぶんお休みください。この1,2日、少し秋の気配も感じるようになってきたので、良い時期に帰国でした。今回は出発が例年より遅かったですが、結果的には例年より1,2日長い旅になりましたね。そのぶん、疲れが最後のほうでは目立っていましたね。今回は鉄道の旅ってのが特徴でしたが、自分も同時期に鉄道の旅をしたので、何かしらつながりを感じました。

投稿: とんび | 2019年8月25日 (日) 08時08分

とんびさん、こんにちは。
最近は直行便を使うということがほぼないので、成田に朝着くケースが多いです。
例年より1日くらい長いですかね。
タイの鉄道旅は結構面白いですね。
本数は少ないですが、各駅でもほぼ座れます。
今度チェンマイ方面でやってみようかな。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年8月25日 (日) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャオプラヤー川 | トップページ | 唐城美食中心にて冠記の雲吞麺 »