« フードコートで海南鶏飯 | トップページ | アロースターでチャークイッティオ »

2019年9月27日 (金)

雲吞麺食ってアロースターへ

2019年8月6日(火)

Mrp0336

<多民族国家を象徴する構図>KP/DA18-50mm

大袈裟ですいません。マスジット・カピタンクリン通りです。中央の尖塔がカピタンクリンモスク。イスラムです。手前左側がマハ・マリアマン寺院。ヒンドゥです。手前右側には漢民族を象徴する旗があります。この道を引き返すとすぐに観音寺があります。仏教ですね。

大雑把に民族でいうと、マレー、インド、華人となります。実際にはムスリムのインド人もいますし、それぞれの民族で少ないながらもキリスト教徒もいるでしょう。ま、それだけジョージタウンはうまく溶け合っているわけです。

このところの一部の国で起こりつつある特定民族や宗教の迫害あるいはヘイトスピーチなどがここでは起こらないことを願ってなりません。観光どころじゃなくなりますし。

Mrc0301

<美亞茶室>PowerShot

ジョージタウン最終日の朝食は宿から近くで行ってみました。ちょうど、チョウラスタ市場の向かいにこの店があります。店の形態としては小さなフードコートですが、美亞茶室自体は飲み物を販売するだけです。食べ物は茶室の前に出ている2軒の屋台で注文ということになります。雲吞麺か醸豆腐ですね。

上の画像で真ん中に写っているのが森記義味素食雲吞麺の主人ですね。たいそうな名前ですが、屋台ひとつで頑張ってます。もしかすると、一族でいろいろなところに屋台チェーンを展開していたりして。ま、その辺は誰も解明しないのでわかりませんが。

この人に雲吞麺を注文して席に着きます。量をきかれ、「大」にしました。

Mrc0295

<コピアイス>PowerShot

席に着くとすかさず飲み物の注文を伺いに来ました。アイスコーヒーにすると、すぐに登場です。わずかに1.6リンギ。安いです。それに、個々のコーヒーは練乳が少なく、氷が多めです。なので、甘さ控えめで我々が想像するコーヒーに近いです。マレーシアの冷たい飲み物でひとつ不満があるとすれば、それは氷が少ないことです。暑い気候だとすぐにぬるくなってしまうんです。

Mrc0296

<雲吞麺調理中>PowerShot

結構人気の屋台なんですかね。ちょっと待たされました。主人の横にいるのは後継ぎでしょうか。今はウェイター役に甘んじていますが。

Mrc0298

<雲吞麺>PowerShot

来ました。どうです。この色彩感覚。具も青菜を使っています。目が痛くなりそうなんですが、それはあとからの感想ですね。この時は美味しさに負けて、思いもよらなかったです。これで、4.0リンギ。冠記の雲吞麺より安いです。

Mrc0299

<ワンタン>PowerShot

ワンタンも5~6個は入っていました。スープも美味しです。麺はやや硬めですが、香港ほどじゃありません。美味しくいただけます。

Mrc0300

<酢漬け唐辛子>PowerShot

これはマレーシアでは珍しいです。ちょっと入れると味が引き締まります。やっぱり、マレーシアの屋台はいいですね。いい店に当たればいうことありません。

今日のマレー人

Mrc0336

<KTMコミューターの検札係>PowerShot

KTMコミューターといっても、マレー北部、バタワース-パダンベサール間を走るものです。クアラルンプール近郊ではほぼこういう人は見かけません。こちらではチケットは紙で発行され、検札が必要なんでしょう。クアラルンプール近郊ではプラ製のトークンかリサイクルのチケットですし。

コミューターのチケットについては近日中に記事にします。

|

« フードコートで海南鶏飯 | トップページ | アロースターでチャークイッティオ »

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

オールグリーンの雲吞麺!強烈です。うっとりしますね。藤子不二雄A先生のマンガに出てきそう。

投稿: トーマス | 2019年10月10日 (木) 03時58分

トーマスさん、こんにちは。
マレーシアは味は良くても、時々こういうことがあります。
日本だったら絶対こういうことはやらないと思いますが。
あちらの感覚ではどうってことないようですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年10月10日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フードコートで海南鶏飯 | トップページ | アロースターでチャークイッティオ »