« ナコンシータマラートは美食の街か | トップページ | 印旛沼のうなぎ »

2019年11月10日 (日)

ナコンシータマラートのゲストハウス

2019年8月10日(土)~12日(月)

Mrp0926

<Teeny House>KP/DA18-50mm

ナコンシータマラートではTeeny Houseに2泊しました。「歩き方」に唯一載っているゲストハウスです。駅から徒歩15分くらい。ちょっと離れていますが、一本道で市場の角を入った住宅地にあります。

1泊450バーツで、デポジット500バーツが必要です。

Mrc0698

<鍵>PowerShot

部屋の鍵と入口の鍵です。緑のプラスチック製のものをセンサーにかざすと入口ドアが解錠します。今、こういうタイプが流行っているみたいです。ジョージタウンがそうでしたし、最後のバンコクもです。しかし、自分に渡されたこれはどうやら内蔵の電池が消耗しているようで、結局自分では開けられませんでした。ゲストハウスの人が開けるか、ドアが開いているときそのまま入るかだけでした。

Mrc0619

<客室>PowerShot

B1という部屋なんですが、3階にあります。ブルー基調の奇麗な部屋です。ダブルベッド、冷蔵庫、液晶テレビ、エアコン、デスクと椅子があります。箪笥もきれいでした。

水は2本付きます。洗濯機と乾燥機も入口近くにありました。

Mrc0625

<シャワー室>PowerShot

清潔な感じですね。ゲストハウスなんですが、毎日掃除をしてくれますし、タオルも交換してくれます。

Mrc0627

<石鹸>PowerShot

付いてくるのは石鹸だけです。十分ですね。お湯もちゃんと出ます。

Mrc0628

<バルコニー>PowerShot

こういうものもあります。全室付いているんじゃないでしょうか。植木鉢は愛煙家には好評でしょう。室外機があるので、ここに物を干すとかなり早く乾きます。

エアコンもかなり効くので、冷えてきたら止めて、外気を取り入れるとちょうどいいです。

Mrc0640

<デリバリー用>PowerShot

飲料メーカーのOISHIはこんなこともやっていたんですね。日本食のデリバリーですか。非常にわかりやすいですが、たとえ電話してもタイ語で伝えられません。ま、タイ人用ですかね。

こういうものがあるということはやっぱり、近くに飲食店が少ないんですね。2日目にようやくいいところを探し当てられましたが。

Mrc0629

<室内灯>PowerShot

ブルー基調のつくりなのは、部屋が海をイメージさせるようなコンセプトだったからです。

Mrc0630

<帆船の模型>PowerShot

オーナーの趣味なんでしょうかね。

Mrc0631

<ベッドサイドのランプ>PowerShot

これもこだわりですね。実際には点灯しませんでした。

Mrc0632

<イルカの装飾>PowerShot

これも。2階の部屋は覗けませんでしたが、フロアの色調が違いました。もしかすると、別のコンセプトで部屋が作られているのかもしれません。

こういう宿なので、なんかよさそうじゃないですか。でも、宿の人はかなり不愛想です。それに、ほとんどフロントに人がいないんですよね。ガイドブックには11室とありましたが、まだ上の階もあるので、もっと部屋はあるんじゃないかと思います。

環境は静かですが、夜は市場から入った小道には街灯がないです。

そういう点では、駅前のホテルか旅社のほうがいいかもしれません。ハジャイのキャセイゲストハウスくらいの料金のところもあるでしょう。ちなみに、食事なしです。提供もできないでしょう。朝食は市場でできますね。

今日のコンタイ

Mrp1140

<タイ式チェス>KP/DA18-50mm

ワットマハタートという、ナコンシータマラート随一の寺院の境内で対戦するおじさんふたり。

あ、将棋かと思い込んでいましたが、駒が独特です。

|

« ナコンシータマラートは美食の街か | トップページ | 印旛沼のうなぎ »

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナコンシータマラートは美食の街か | トップページ | 印旛沼のうなぎ »