« アルコール販売は午後2時まで | トップページ | 新しいディケイド »

2019年12月31日 (火)

ナムトク行ってきました

サワディカップ。カンチャナブリー3日目です。

昨日よりもやや早めに駅に向かいました。カンチャナブリーからナムトクまでのチケットを無事ゲットしました。ここ、観光路線で、タイ国鉄の中でも営業収支が一番いい区間なのではと思います。

列車はトンブリー発、ナムトク行きですが、カンチャナブリーから6両の車両が増結されます。うち、4両は300バーツ払って乗る人の分です。あとの、2両がカンチャナブリーとクウェー川鉄橋でチケットを購入した人の車両ということになります。早めに来ると、座席指定のチケットが手に入ります。

7年前の2012年にも同じ区間を乗ってますが、トンブリーからの車両に乗り込み、座席もいいところを確保できました。この間にこの区間の面白さが世界的に知られるようになり、トンブリーからの列車も超満員です。座席指定は1両あたり60人分くらいですかね。これに漏れると、座席なしになりますので。

今回は7年前に出来なかったことを行いました。要所でビデオを撮ったのです。以前は写真を撮るカメラで動画撮影なんてと思っていました。でも、YouTubeに簡単に動画をアップできますし、2013/2014年のミャンマーの旅から動画を撮るようになりました。撮ったのはクウェー川鉄橋とアルヒル桟道橋ですね。ただし、座った席があまりよくなくて、アルヒル桟道橋はあまり出来がよろしくありません。

このあたりで乗客はどっと減ります。そのまま、ナムトクに向かい、ナムトクの食堂で昼食。あとは歩いて、サイヨークの滝を目指します。

Bmo0513

<ナムトクのひとつ先>OMD10/ED14-42mm

たいがいナムトクでソンテオなどが滝まで人を乗せるために待機しています。でも、ここまで徒歩20分程度で到着します。前回はワタクシもソンテオに乗ってしまいました。

以前も書いたと思いますが、線路がまだ続いています。保線状態もよく、ここまで列車も来ることが可能でしょう。もしかしたら何かの時、列車を走らせるかもしれません。ちゃんと駅名票もあります。チケットは売ってないし、駅員もいませんが。この区間を乗れたらすごいです。タイ国鉄を完乗したという、下川裕司氏に教えてあげたいです。

Bmo0525

<サイヨークの滝>OMD10/ED14-42mm

滝周辺もだいぶ観光的になってきました。かなりのお店ができています。

それに、結構な人出ですね。クルマでくるタイ人がかなり多いですね。

戻りはバスです。これがなんと満席で、最後尾の床に座らせてもらいました。ま、立つよりいいかも。

これ、年末年始の休日と被っているからと信じたいですね。年がら年中これでは参ります。

ベストな選択は、サイヨークの滝を通るバスに乗り、ナムトクで戻りの列車に乗ることでしょうか。戻りは空いてますよ。自分もそうすりゃよかったんですが、バスターミナルに出向くのがめんどくさかったです。

さて、これから年越しとなります。なんとか、ブログ上の日付が間に合ってよかった。ではみなさま、良いお年を。

なんつって、すぐに「新年のご挨拶」をするんですけどね。明日は、バンコクに戻ります。またオフがちらついてまして、明日の報告はないかも。では、また。

| |

« アルコール販売は午後2時まで | トップページ | 新しいディケイド »

News」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルコール販売は午後2時まで | トップページ | 新しいディケイド »