« チュムポーン午後10時の夕食にて | トップページ | センレックナームとチュムポーン散策 »

2019年12月 8日 (日)

チュムポーンのオールドホテル

2019年8月12日(月)~13日(火)

Mrc0834

<ホテル入口>PowerShot

チュムポーンでは2011年に泊まったホテルにまた泊まりました。駅からは徒歩10分ほどです。

その名はSri Chumphon Hotelです。1泊410バーツとお安いです。以前は390バーツでした。ほとんど値上がりしてません。

Mrc0832

<広い廊下>PowerShot

部屋は2階でした。エレベーターもあるんですが、そのまま上がれと。階段を使います。ほとんど客はいないようですが、翌朝、ファランの老夫婦を見かけました。

Mrc0827

<222号室>PowerShot

古いホテルでよくある方式です。鍵のタグがマグネット方式で、ここを壁のマグネット部分に当てると、メインスイッチが入ります。

Mrc0823

<ダブルベッド>PowerShot

かなり広いですね。老朽化している割には清潔です。ソファーまでありますね。

Mrc0825

<備品類>PowerShot

デスクに鏡。プラ椅子。テレビに冷蔵庫。テレビは旧型ですね。なんの不満もありません。Wifiも飛んでいるはずですが、あまりにも到着が遅くてパスワードを聞き忘れました。この時だけはテザリングでブログ更新です。まあ、1泊だけだからな。

Mrc0824

<なんと灰皿>PowerShot

一応、タイではホテルの建物内では喫煙禁止なんですが、たまに地方に行くと可能なところがあります。シングル料金ということでか、ミネラルウォーターは1本だけでした。

Mrc0826

<シャワールーム>PowerShot

やはりここはタイ人向けなようですね。「カン」という桶があります。これで、水を汲んで身体を流したり、トイレの事後処理用に使ったりします。といっても、シャワーからはきちんとお湯が出るし、トイレにもノズルがあるんです。

以前泊まった時は便座がなくなっていたような気がします。今回はありますね。

当然朝食は付きません。

チュムポーンではもっと新しいホテルもありますが、個人的には1泊だけだし、ここで十分でした。

フロントの係が面白い人で、外出のたびに「チェックアウト?」ときくんです。「いや、まだだよ」と応じると「ワンモアナイト?」なんていうんですが。

実はこの隣もスリウォンチュムポーンというホテルです。2011年当時は同じ500バーツでしたが、今はどうかな。外観だけはそれほど老朽化してなかったようですが。また、通りの向かい斜めにはFameというゲストハウスがあります。ここよりは安そうですが、水シャワーだけだったかな。

今日のコンタイ

Mrc0845

<コーヒー屋台のおばさん>PowerShot

翌朝の朝食後、やっぱりコーヒーが飲みたくて、見つけた屋台です。カフェイェーンわずかに20バーツという安さ。もしかしたらカフェボーランだったかもしれませんが。

<2019/12/08>
一部訂正しました。
この宿、1泊500バーツとか思い込みでしたね。当時のメモを見たら、違ってました。その時から安いです。

|

« チュムポーン午後10時の夕食にて | トップページ | センレックナームとチュムポーン散策 »

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

廊下の写真の感じがなんか似ていると思って、2011年にチュンポンにも泊まったときの旅行記を見ると、飛び込みでシーチュンポンホテルに泊まったとありました。420バーツでした。このときは、自分はヒョウちゃんとは逆方向に移動していて、全体で11泊うちタイで7泊でした。あらためて、この時はヒョウちゃんと似た感じで旅していたのだなって思いましたね、

このあと、タイ旅行は2、3泊の場合はずっと続きました。昨年、今年と、久しぶりに長旅ができました。今回、ヒョウちゃんがほとんどいらっしゃてないエリアに行ったので、ヒョウちゃんの旅行記はないですが、ヒョウちゃんがもしいらっしゃったら同じような感じになるんじゃないかって思うような旅になったと思います。毎日の報告を書いていましたが、ヒョウちゃんもそう思いませんか。

投稿: とんび | 2019年12月 8日 (日) 08時01分

とんびさん、こんにちは。
2011年当時のシングル料金、390バーツでした。
後で訂正しておきます。
ま、わたしゃ、最近は初めてのところではぼちぼち観光はしますが、再訪するところではただの街歩きが多いですね。
ネタ探しとも言いますが。
ソンテオチャーターはしないと思います。
モタサイかな。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年12月 8日 (日) 12時31分

やはり同じところでしたね。当時のことは忘れましたが、引き寄せられるのでしょうか。

再訪ののところは街歩きってのもそっくりですね。自分も再訪のところは、同じところにまた行くこともありますが、もう行かないことも多いですから。ただ、自分の場合は、ネタ探しっていう意識はあまりないですね。ネタは探すっていうより、偶然目に留まったものっていう感じでしょうか。

いままで長距離でバスなどがない場合は、宿に車の手配を頼むことが多かったのですが、今回はソンテウを交渉しました。確かに宿に車の手配をまかせる方が確実で早いですが、交渉するのも面白いです。宿の取り分もあるので、交渉する方がその分、安くなると思います。それに今回は、意識的に地元密着型の旅をしようと思いましたから、乗用車よりソンテウです(笑)。モタサイは危険だと思うので、あまりおずずめできないです。でも、ヒョウちゃんの場合は、しっかり意識していらっしゃるからいいんですよ。一般的な話です。目の前で事故を目撃したことがあり、強烈な印象が残っていることもあるので。

とはいえ、細かいことは別にして、ヒョウちゃんと同じような旅が久しぶりにできたような気がします。ハジャイでお会いした時の旅のあと、タイでの長い旅も、移動型の旅もできませんでしたから。あのあと、8年くらいになりますが、毎年のようにタイに行ってましたが、3、4日程度のことばかりでした。やはり、長旅っていいですね。

投稿: とんび | 2019年12月 8日 (日) 14時22分

とんびさん、こんにちは。
何度もありがとうございます。
タイでの再訪はほとんどバンコクです。
その他のところでは、このレンズで撮ってないなどという場合、訪れる場所も増えますね。
フィルムカメラ時代に訪れた場所なら、けっこう観光するんじゃないかな。
となると、チェンマイなどは数泊必要でしょうかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年12月 8日 (日) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュムポーン午後10時の夕食にて | トップページ | センレックナームとチュムポーン散策 »