« 手探りのプラチュアップキーリーカン | トップページ | 地方価格のカオマンガイ »

2019年12月14日 (土)

まだスパイシー

2019年8月13日(火)

Mrp1446

<夕刻のビーチ>KP/DA18-50mm

プラチュアップキーリーカンは結構ファランがいますが、ツーリスト向けのレストランはあまりありません。ま、それでもビーチ沿いだろうなと思い、暗くなりかけた海岸沿いを歩きます。

Mrc0903

<Top Deck>PowerShot

ここにします。普通の民家風ですが、2階がレストランになっています。いかにも旅行者向けですね。英語も通じます。もちろんメニューにも英語が書いてあります。一部、エアコンが効いていますが、海岸に近い席へ。当たるのは自然の風と扇風機の風だけですが、気分はいいですね。

Mrc0902

<これでもビアチャーン>PowerShot

プラチュアップキーリーカンにいながらプーケットの保冷カバーに入れられたビアチャーンです。ま、プラチュアップキーリーカンがデザインされたカバーはないんでしょう。作ったら売れるかもしれませんよ。

Mrp1447

<眺め>KP/DA18-50mm

ファラン向けだからでしょうか、ナムケーン(氷)は入りません。ですが、こんな景色を眺めながらのビールは最高ですね。とはいえ、すぐに真っ暗になってしまいます。それが夕食の辛いところ。

Mrc0904

<本日の夕食>PowerShot

これが頼んだものです。左、ヤムタレー。右、カオパットクン。

Mrc0908

<ヤムタレー>PowerShot

海鮮のヤムです。エビがでかいです。最初はマイルドで上品な味だな、ファラン向けかなとか感じていたんですが、だんだん効いてきました。かなり辛いです。もともと、辛く作るヤムです。これは美味かったです。

ガイドブック上ではタイ南部に属するプラチュアップキーリーカンですが、かろうじてバンコク周辺、タイ中部くらいかなと思っていました。味覚のほうも。でも、ファラン向けでこれだけ辛いということは普段の辛さはどうなってしまうんでしょうか。

Mrc0906

<カオパットクン>PowerShot

こちらもでかいエビが使われています。やっぱりファラン向けか量はかなりあります。これは十分満足できますね。

お代はビール、80バーツ。ヤムタレー、150バーツ、カオパット、100バーツ。締めて330バーツでした。パタヤの同じようなレストランよりもちょっと安いです。

TripAdvisor

なんと、プラチュアップキーリーカンのレストラン、89軒中、第2位でした。味もそこそこいいしな。

このあと、宿近くの屋台で何か仕込もうと思ったら雨になってしまいました。

今日のコンタイ

Mrp1094

<タンブン仕込まれ中>KP/DA50-200mm

タイ人はこうして、小さいころからタンブンを仕込まれていくんでしょうね。

|

« 手探りのプラチュアップキーリーカン | トップページ | 地方価格のカオマンガイ »

Restaurant」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手探りのプラチュアップキーリーカン | トップページ | 地方価格のカオマンガイ »