« すべて見せます、ユティーチャイホテル・部屋編 | トップページ | スラサックのラープウボン »

2020年1月21日 (火)

すべて見せます、ユティーチャイホテル・設備編

続編です。

Mrc0991

<絵葉書>PowerShot

こんなものも販売してました。水彩画による絵葉書です。結構味がありますね。1枚10バーツです。

Mrc0934

<レセプション>PowerShot

宿泊手続きはここで行います。家族経営だと思われ、ここに常駐する人はいません。

Mrc0935

<1階共用スペース>PowerShot

なんというか、共用スペースですかね。ほとんどホテル側の人が何らかの仕事をしていることのほうが多いですね。本が見えますが、雑誌とともに宿泊客も自由に読めるようになっています。その上にあるのが冒頭で紹介した絵葉書です。

大きな冷蔵庫がありますが、ここから毎日ミネラルウォーターを1本手渡してくれます。掃除とともに部屋に置くのではなく、直接手渡し。冷えていていいですよね。

奥はカフェになっています。

Mrc1036

<朝食>PowerShot

朝食は基本ありませんが、カフェで提供してます。料金は85バーツと100バーツ。値段の違いは、本格コーヒーかインスタントかです。お茶も付きます。本格コーヒーだけなら30バーツです。

遠くまで歩いて朝食を食べに行くのがめんどくさくなり、2回利用しました。地元の人も食べに来ていました。

Mrc0982

<階段>PowerShot

客室はすべて2階にあります。ところどころに絵や写真、地図などが配置されています。

Mrc0983

<廊下>PowerShot

階段を上がって右側の客室です。全部で8室あるかな。1泊目はファランのおじさんとカップルがいたような。2泊目、3泊目は誰も泊まってませんでした。

階段とともに石の作りです。ここにも絵画が飾られています。

Mrc0890

<見下ろすと>PowerShot

1階部分はホテル側の家族のスペースですね。食事もここでするようです。家族経営と書きましたが、客室の清掃はアルバイトのような女性に頼んでいました。ムスリムの服装だったので家族ではないことがわかります。

Mrc0977

<もうひとつの客室棟>PowerShot

レセプションのある建物の2階です。廊下が狭くなりますが、木造りの廊下で、素足で歩くと気持ちいいです。ワタクシ、外出時以外は、2階では裸足でここを歩いていました。

こちらは、シャワー共用の部屋が並びます。3日間、人気がありませんで、誰も泊まっていなかったようです。さらに進むともうひとつの階段がありますが、鍵がかけられ使ってないようでした。

Mrc0978

<共同シャワー・トイレ>PowerShot

シャワー付きの部屋に泊まっているので、本来ならここに来る必要もないのですが。

Mrc0979

<物干し場>PowerShot

ここだと日光によく当たるので、すべての洗濯物をここに干しました。数時間で完全に乾きます。部屋干しよりずっといいです。

ここからは鏡山もよく見えます。

このホテルは安い料金ですが、ホテルのオーナーがきっちりしたポリシーを持っているのではないでしょうか。絵画が掛けられていたり、客室や廊下が磨き上げられたようにきっちり掃除してあったりと、料金以上にゲストに快適さを提供していると思います。

Mrc1087

<頂きもの>PowerShot

チェックアウトしたら、バナナとドラゴンフルーツをもらいました。なんとホスピタリティにあふれる宿なんでしょう。ゲストに、干渉しすぎず、それでいて気を配ってくれる。ユティーチャイホテルはここ数年でベストの部類に入る宿となりました。また泊まりたいです。

今日のコンスワイ

Bmo0249

<売り子の呼び込み>OMD/ED14-42mm

夏の旅の人物画像、ややネタ切れにて、年末年始の旅から。

The Mall Bang Kapiというショッピングセンターの1階で抽選会みたいなことをやっていました。ここ、BNK48シアターのあるところです。

バンカピって東京でいえばだいぶはずれになるんですけどね。はっきりいって新宿や渋谷の同じような施設よりも上を行ってますね。

|

« すべて見せます、ユティーチャイホテル・部屋編 | トップページ | スラサックのラープウボン »

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

ユティーチャイホテル

旅宿スタイルですね。
でも
この雰囲気は大好きです。
朝食も
旨そうですし。
うーん
乾季なら
エアコンなくても大丈夫かな?
泊まってみたくなります。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年7月 3日 (金) 09時23分

裕治伯爵。
ワタクシが泊ったのは8月で、時折スコールが来たりしました。
窓は全開(網戸とカーテンあり)、換気扇回して、天井ファンを作動させていても、汗だくまではいかず、じわじわ汗ばんでくる感じでした。
その時は廊下や物干し場で涼みます。
夜はまあまあ過ごせましたよ。
乾季なら問題ないんじゃないすかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年7月 3日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すべて見せます、ユティーチャイホテル・部屋編 | トップページ | スラサックのラープウボン »