« ペッチャブリーのラックムアン | トップページ | ラーマ4世の離宮 »

2020年2月 6日 (木)

消耗度の激しい石鹸

世界の石鹸Vol.2

旅の隙間記事です。

Mrc0278

<パッケージ表>PowerShot

第1回目で紹介した石鹸が、2019年の夏の旅の途中で終わりそうになりました。そこで急遽石鹸を購入することになりました。場所はペナンのジョージタウンです。

Mrc0279

<パッケージ裏>PowerShot

そこでスーパーマーケットのGAMAに出向いたんですが、このような「Bar Soap」はまとめ売りなんです。1個売りがなかなかありません。ま、そういう時はコンビニなんですが、種類が少なそうで、GAMAの近くのプランギンモールに行きました。その中のWATSONSで見つけた石鹸です。でも、やや高めでした。

パッケージ裏の文字は英語ですかね。マレーシアはかなり英語の通用度が高いです。ま、多民族国家ということもあるでしょう。

Mrc0513

<開封>PowerShot

パッケージを開けたのはタイに入ってからだと思いました。さらにビニールでくるまれています。

Mrc0516

<まっさら状態>PowerShot

本体を取り出します。オレンジに着色されていますが、向こう側が透けて見えます。なんとなく高品質な感じがします。なぜか商品名とは関係ない文字が彫り込んであります。この辺りはよくわかりませんね。

裏側は何もなく、のっぺりとしたままでした。

で、この石鹸なんですが、使い始めてから2週間もたたないうちに使い切ってしまいました。いくら暑いとはいえ、1日に何回も石鹸を使ってシャワーを浴びていたわけではありません。素材が柔らかいみたいです。

<まとめ>
石鹸名 :Panoff
原産国 :マレーシア
購入地 :マレーシア、ジョージタウン、プランギンモールのワトソンズ
価格  :10.38リンギ
使用期間:2019年8月の2週間弱
使用感 :高いだけあって泡立ちはいい。

購入したときはあまり感じませんでしたが、300円近くする石鹸でした。でも、ワトソンズでは1個売りはこれしかなかったです。

<お知らせ>

こんな時期に仕事てんこ盛りでがんじがらめです。今月、更新頻度落ちます。確実に。1週で1記事くらいになるかもしれませんが、その点よろしくです。まったくよー。

|

« ペッチャブリーのラックムアン | トップページ | ラーマ4世の離宮 »

Goods」カテゴリの記事

コメント

まあまあ、年度末だからしょうがないと思って。
家に帰ったら次の旅のことを考えましょう。

投稿: スクムビット | 2020年2月 7日 (金) 18時05分

スクムビットさん。
年がら年中なんですけど。
いい加減にしてほしいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年2月 7日 (金) 21時54分

確か年度初めに、新たな仕事を言われて何とか、書いていらっしゃいましたね。マネージメント的な仕事だと想像しています。だとすれば各プレーヤが気持ちよく役割果たせるように気を使ったりするのが大変ですね。たぶんプレーヤも兼ねていると思うので、両方あって苦労しているかなと。

投稿: とんび | 2020年2月 8日 (土) 13時55分

とんびさん。
過去ログ見てみましたが、4月ですかね。
今あるセクションの代表やってて、小さな依頼がちょこちょこ絶え間なく来ます。
それとは別に時期的な仕事が重なってます。それがふたつ。
何から手を付けていいのかといった状態です。
こういうの、5年前にもありましたが、その時より重いですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年2月 8日 (土) 19時43分

なまこの石鹸は買わなかったのですか?
あれはランカウイでしたっけ?(笑)

投稿: カルロス | 2020年2月 9日 (日) 09時07分

カルロスさん。
なまこ石鹸はランカウイ産ですね。
でも、クアラルンプールのセントラルマーケットでも売ってますよ。
土産にはいいけど、自分で使うとなると高すぎて買わないですね。
あれ、パッケージしていてもすごく香りが漂いますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年2月 9日 (日) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペッチャブリーのラックムアン | トップページ | ラーマ4世の離宮 »