« ラーマ4世の離宮 | トップページ | 川沿いのレトロレストラン »

2020年2月11日 (火)

ペッチャブリーの丘の上で

2019年8月17日(土)

Mrp1887

<プラタート・チョム・ペット>KP/DA18-50mm

白い仏塔までやってきました。ラーマ4世の離宮から丘を下ってまた登る感じです。途中猿が集団で出没したりします。この仏塔は分かれ道でのアクセスです。観光客のタイ人はこっちに向かわないんですよね。凶暴な猿が出没したらどうしようかと思いましたが、現れませんでした。

Mrp1875

<プミポン前国王の訪問時の写真>KP/DA18-50mm

このような写真が展示してあります。それもいくつも。

Mrc1140

<内部>PowerShot

入ることができます。しかも、仏塔に途中まで登れます。でも、何もないんですよね。

Mrp1881

<展望>KP/DA18-50mm

仏塔の上から眺めます。あちらが、ワットプラケーオと名乗る寺院です。バンコクのワットプラケーオと同じですが、似せて作らせたらしいです。では、あちらに参りましょうか。

Mrp1890

<ワットプラケーオグループ>KP/DA18-50mm

また上り坂になってて結構疲れました。こちらはタイ人観光客が多いです。でも、ここもかなり石段があるな。

Mrp1897

<赤い仏塔>KP/DA18-50mm

バンコクのワットプラケーオにこのようなものがあったかどうか。色は違って金ぴかの建物があったような気もします。

Mrp1918

<奥の建物>KP/DA18-50mm

タイ人はありがたく仏像などを拝観していますが、わたしゃ結構疲れていました。パスです。

Mrp1921

<プラタート・チョム・ペットを望む>KP/DA18-50mm

でも、ここはいいですね。風も吹くし、あまり暑さを感じません。下界のペッチャブリーは結構暑いです。それもかなりの湿度があります。海に近いからでしょうかね

Mrp1928

<寺院の壁面>KP/DA18-50mm

この寺院も僧侶がいません。やっぱり王室専用だからでしょうね。バンコクのワットプラケーオには架空の動物がたくさん飾れていますが、それもありません。

さあ、戻るか。

このあと、軽いだるさを感じ、昼食を抜いてシエスタタイムとなりました。

今日のコンタイ

Mrc1069

<車内販売員>PowerShot

ペッチャブリーに向かう列車で、一口クイッティアオを購入した時の画像。ちょっと恐そうなんだけど、カメラを見ないようにしたからかな。

 

| |

« ラーマ4世の離宮 | トップページ | 川沿いのレトロレストラン »

Temple/Church」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーマ4世の離宮 | トップページ | 川沿いのレトロレストラン »