« ディレイで急行に乗れました | トップページ | トンローのフードコートでマッサマンカレー »

2020年2月23日 (日)

ルンルアンの船そば

2019年8月18日(日)

Mrp1988

<トンローの赤バス>KP/DA18-50mm

フアラムポーンからMRTでアソークに出て、BTSに乗り換え、トンローに出ました。宿はトンローで、「タイ一択」というサイトで見つけた格安ながら快適なところです。

チェックインの時間よりだいぶ早かったですが、無事部屋に入れました。穿き続けていたジーンズ系パンツ2着をさっそくクリーニングに出します。それで短パンということになりましたが、この日は大したこともやらずに用事だけ済ませますので、大丈夫ですね。

Mrp1991

<床屋>KP/DA18-50mm

かなり伸びていた髪を切りました。行ったのはここじゃありませんが。忙しくて日本で髪を切る時間も惜しい感じでした。でも、バンコクで髪を切ると、こうしろといってもどこが違うんですね。Facebookのプロフィールページを見せたんですが。

Mrc1230

<ルンルアン>PowerShot

髪を切ったのはプロンポンでした。前にも行っている日本人経営のところです。それが終わり、スクムウィット通りを渡って、ここに来ました。麺の店です。

Mrc1227

<メニュー>PowerShot

非常にわかりやすいメニューです。それぞれ英語と簡体字、日本語、ハングルで解説しています。

麺が6種類。バミーと3種類のクイッティアオの他、春雨とキアムイーという太麺もあります。具は4種類。魚のルークチン、豚肉のルークチン、魚のルークチンと豚挽き肉、それぞれのミックス。スープは3種類で、トムヤムドライ、通常のスープ、トムヤムのスープですね。

ワタクシ的にはバミーが好きなので、バミーヘーン・トムヤムミックスということになります。

Mrc1228

<飲み物メニュー>PowerShot

え?飲み物も頼めってか?しょうがない、菊花茶にします。

Mrc1219

<来ました>PowerShot

器が船の形をしています。店名からしてそうなんですが、もともとは運河や川で船で調理していた店でしょう。こういうところは結構ありますね。

でも、船そばは揺れる船で調理するということから、器も小さく料金も安いといわれていました。それを味を変えて何杯も頼むというのが楽しみでもあったらしいですが。今や、豪華路線みたいですね。

Mrc1218

<調味料セット>PowerShot

ナムプラーだけが別なんですが、このうちのひとつには砕いたピーナッツが入っています。入れると割と美味いです。こういう店はあまりないですね。オリジナルかも。

Mrc1220

<バミーヘーン・トムヤムミックス>PowerShot

麺が見えません。具で覆われています。トムヤムベースのたれはこれまた隠れていますね。

Mrc1224

<魚のルークチン>PowerShot

これはタイ人の大好物ですね。川魚から作るから、海がなくとも内陸でも食べられます。麺に最も合う具材かもしれません。

Mrc1221

<豚肉ルークチン>PowerShot

砕いたピーナッツがかかってます。豚肉のルークチンもタイ人は大好きです。ここのルークチンは完全にボール状にしてませんね。豚挽き肉のムウサップとあまり変わりがないような気もしますが。

Mrc1223

<練り物>PowerShot

はんぺん状のものも入っていました。ピンボケですいません。

Mrc1225

<豚肉>PowerShot

ややレバーっぽい豚肉もありました。具だくさんですね。

味のほうはまあまあ。具だくさんでしたので、満足できました。バミーが60バーツ。菊花茶が20バーツでした。

TripAdvisor

とはいえ、バンコクに来ますと、物価が高いですね。スクムウィット沿いの麺屋で地方の倍ですから。また、BTSやMRTも高いと感じますね。タイ国鉄ひと乗りと、BTSでちょっと行くだけが同じですし。なので、トンローの隣ですがこの間は歩きました。

今日のコンタイ

Mrc1173

<車内販売>PowerShot

車販のおばさん。名物のお菓子を売っているようです。

| |

« ディレイで急行に乗れました | トップページ | トンローのフードコートでマッサマンカレー »

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

いやあ、今新幹線の中ですがタイ料理の写真を見るとお腹がなりますね。
ルークチン食べたい!

投稿: スクムビット | 2020年2月24日 (月) 17時39分

スクムビットさん。
タイを訪れて2か月くらい経ちますが、辛い物を食べたいですね。
わたしゃ、何でもいいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年2月24日 (月) 20時24分

どうもです。
わたくしの性格から、立ち入った
ことには原則触れません。
さて、話題変わって
この名店ですがね。
この時期に、私も行っているけれども
メニュー表が全然違います。
他に店名のロゴや
クルンプルン เครื่องปรุงは
まさに、この店のものなんですよ。
なので南のイムちゃんから近い店とは、
違う店があるんでしょうか?
ともかく、ここで食べていらしたのは
私にも吉事ですよ。

投稿: ペンタのP | 2020年4月 7日 (火) 00時34分

ペンタのPさん。
激旨!バンコク食堂見直しましたが、ここだと思いますが。
https://xn----ieu8ap1dyfzkv469awe1a.com/rungruang/

もう1軒隣に同名の店がありますが、そっちは後日調査予定です。いったいいつになるか。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年4月 7日 (火) 22時40分

おー、レス有難うです。
何と、左と右でオーナーが
違うんですね。
基本的に同様の品揃えです。
でも私は向って右にしか、入った
ことがないんですよ。
50回は食べていると感じていますが。
**実は1月以降、疫病が出たあとは
GRAB 宅配のバイクが何十台も店頭に
並んでいたんですよ。

投稿: ペンタのP | 2020年4月 8日 (水) 22時18分

ペンタのPさん。
激旨!によれば、隣のルンルアンは姉妹のどちらかでやっているそうですね。
味に違いがあるんだろうか。
Grab Foodのバイク、夏には見てないんですが、年末年始にはたくさんありました。
今は大繁盛でしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年4月 8日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディレイで急行に乗れました | トップページ | トンローのフードコートでマッサマンカレー »