« タイの10バーツコーヒー | トップページ | ピンクのガネーシャはワンダーランド »

2020年3月 1日 (日)

ピンクのガネーシャに行くには

2019年8月19日(月)

バンコク2日目です。レポが錯綜してますが、夏のものです。

さてどこに行くか。時間はたっぷりあります。でも、バンコクであてもなく彷徨うとなると、その日はダラダラした1日で終わることが多いです。なので、候補は前日に決めておきました。

通称、「ピンクのガネーシャ」、ワット・サマン・ラッタラナームに行くことにしました。水上マーケットなどは平日は休業ということが多いですので、いつでもやっているところに行くのがいいですね。わたくしの情報はタイやバンコクに関するブログやネット情報ですが、最近はアクセスなども詳しく載っているので助かります。

Mrc1267

<ラビットカード>PowerShot

ようやくといったところですが、初めてBTSのプリペイドカードを購入しました。香港や台湾ではカードを持っているというのに。購入のきっかけは、バンコクの外国人観光客がやたらと多くて、BTSの窓口がひどく混雑していたためです。雨季の8月にあれだけ観光客がいるというのは初めてですね。

Mrc1273

<エカマイの18番窓口>PowerShot

ピンクのガネーシャはチャチューンサオにあります。以前、バーンマイ水上マーケットに行きましたが、同じエリアですね。記事1記事2

チャチューンサオまでのアクセスはタイ国鉄東本線という手もありますが、トンローに滞在してますから、BTSひとつ隣のエカマイに出ます。そこからロットゥになりますね。

18番窓口に出向くと、タイ人が書いたと思われる「ピンクガネーシャ」「Chachongsao」という文字が貼りだしてあります。非常にわかりやすいです。でも、これも情報通りですね。チケットは99バーツと結構します。パタヤに行くより高いですね。チケットを購入すると、窓口のおばさんが乗り場まで案内してくれます。おまけに、チケットの数字を指して、この番号のロットゥということまで教えてくれます。

でも、変更があったようで、その番号のロットゥは来なかったんですが。

Mrc1275

<さらに親切>PowerShot

チャチューンサオの帰りのロットゥ窓口までローマ字で手書きしてありました。すごくないですか?

Mrp2012

<チャチューンサオのバスターミナル>KP/DA18-50mm

ロットゥはノンストップということになっているんですが、1時間半かかったような。なんと満席の乗客で内9名がコンイープンでした。

チャチューンサオのバスターミナル、以前も使いましたが、すごく奇麗に生まれ変わりましたね。

Mrp2014

<乗り場にピンクのガネーシャ>KP/DA18-50mm

ここからはソンテウになります。料金30バーツ。乗り場はピンクのガネーシャのイラスト入りですので、すぐにわかります。9名の日本人全員がここで乗り換えです。人気があるんですね。

Mrc1278

<ソンテウ>PowerShot

30バーツはソンテウにしては高いですが、かなりの距離を走ります。それを考えれば納得ですね。さ、到着しました。朝、8時くらいにトンローを出て、ワット・サマン・ラッタナラームに到着したのが11時半ごろです。これは時間がかかりますね。

次回、寺院の紹介となります。

今日のコンタイ

Mrc1170

<車内販売委員>PowerShot

結構荷物を抱えていますね。弁当のようなものを抱えてますが、車内で作ってパッケージという可能性高いです。

| |

« タイの10バーツコーヒー | トップページ | ピンクのガネーシャはワンダーランド »

Vehicle」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

ここは行きました。
記録もあげているのですが、自分が行ったって言うと、えっつと思われるかもしれません。
いろいろ調べた中には入ってないかもしれませんね。
今は当時よりも行きやすくなったようですね。
https://tombi00.sakura.ne.jp/tahi2/thai245.htm

投稿: とんび | 2020年3月 1日 (日) 22時14分

とんびさん。
知ってましたけど。
6年前の情報ですから、新しいほうを調べるでしょう。
バンコクはその後、ロットゥ乗り場も移転しましたし。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年3月 1日 (日) 22時43分

あ、新しくないけど、よく見てもらっているのですね。
ありがとうございます。
前とどう違っていて、何がおなじかよくわかるでしょう。
でも、移転はしてないですよ、
切符売り場も同じだし。

自分も、ヒョウちゃんのいたところは、どれだけ古かろうと、よく見て参考にしていますよ。

投稿: とんび | 2020年3月 2日 (月) 19時53分

とんびさん。
ロットゥ乗り場の移転というのは、以前アヌサワリーチャイなどに集まっていた乗り場が、ロットゥターミナルやバスターミナルに動いたということです。
これでサムチュックなどのロットゥは路上から出なくなりました。
よくわかりませんが、サーイターイピンクラオかモーチットのロットゥターミナルのどちらかだと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年3月 2日 (月) 21時26分

ヒョウちゃんの行っていることはわかりました。一般的な話がまじったので、魂胆していたのですね。

それはともかくとして、一番書きたかったのは、自分が行ったときのことを参考にしてもらってありがとうということと、自分もヒョウちゃんの旅行記はどれだけ古いのでもしっかり見てますよっていうことです。

投稿: とんび | 2020年3月 4日 (水) 08時02分

とんびさん。
ありがとうございます。
路上からのロットゥの一掃は当時の軍事政権の意向もあるんですが、不便極まりなくなりました。
旅行者にとってはかなり大きな出来事ですね。
ま、チャチューンサオに行くにはもともとエカマイかフアラムポーンですけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年3月 4日 (水) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイの10バーツコーヒー | トップページ | ピンクのガネーシャはワンダーランド »