« Artisan-音の職人 | トップページ | 日本のポップス界のプリンスはビートルズ愛に満ちていた »

2020年5月24日 (日)

バーンマイ百年市場まで

2020年1月2日(木)

にわかに音楽ブログみたいになってきましたが、年末年始のレポもあります。別に引き延ばしているわけではありませんので。

この日もkimcafeさんと相談し、バーンマイ百年市場に行くことにしました。これが最後のオフになります。

Bmo0568

<フアラムポーン駅>OMD10/ED14-42mm

kimcafeさんが借りていたアパートはSRT東本線のクロンタン駅にごく近いです。バーンマイ百年市場のあるチャチューンサオまではエカマイからソンテオもあるのですが、シーロムに泊まっているのでMRTでフアラムポーンに出るのが便利です。

チャチューンサオ行きの10:10の列車がありますので、余裕ですね。kimcafeさんとは車内で待ち合わせですよ。

Bmo0570

<367列車>OMD10/ED14-42mm

この列車ですね。以前バーンマイに行った時も列車で行きました。この時は別の予定をしていたんですが、急遽変更しましてバーンマイに行くことにしたんです。たまたま、フアラムポーン付近にいたので列車を利用しました。その時の列車はディーゼルの編成でした(アランヤプラテート行き)。今回はチャチューンサオ止まりのオール客車の編成です。しかも、結構長いですよ。

Bmo0571

<あまり見ないツートーンの客車>OMD10/ED14-42mm

2019年の夏にハジャイからナコンシータマラートまで各駅で移動しましたが、その時乗ったのがこの色のツートーンの客車でした。

Bmo0573

<ロングシート>OMD10/ED14-42mm

中なこんな感じです。つり革もあるベンチシートの客車です。客車ですから、ドアは端にあるだけで車両の途中にはありません。その結果、超ロングシートとなりました。やっぱり快適性に劣るためでしょうか、乗客は今のところ少ないです。

チャチューンサオあたりまではバンコクまで通勤・通学圏になりますかね。つり革がある超ロングシートでも問題ないでしょう。でも、地方路線では勘弁してよですね。

Bmo0574

<クロスシート客車>OMD10/ED14-42mm

やっぱりこっちですよね。こちらの車両のほうがそこそこ乗客が乗っています。はじめのうちはボックスを独占でしたが、発車間際に向かいにふたり座りました。

ちなみに、チャチューンサオまでは13バーツという運賃です。チケットを買った窓口の前に並んでいたおばさんは、IDカードを見せ、現金を渡さずにチケットを受け取っていました。無料列車はなくなったときいていますので、老人割引でしょうか。

Bmc0390

<ほぼ人の家の庭>PowerShot

これ、フアラムポーン(クルンテープ駅、またはバンコク中央駅)からすぐのパヤタイ駅です。あるいはそのひとつ隣のマッカサン駅だったかな。

ここからはエアポートリンクの高架下を走ります。

この辺りは単線なんですが、徐々に整備されてきて複線区間が現れ、路床などもコンクリート製の枕木になったりします。これは東本線が貨物輸送に使われているためです。特に、シラチャの先にあるレムチャバン港はタイの重要な国際貿易港ですので、力を入れるのは当然です。でも、バンコクに最も近い辺りは荒廃してます。

Bmo0576

<検札>OMD10/ED14-42mm

クロンタンでkimcafeさんが合流です。乗車位置はfacebookのmessengerというアプリで連絡しました。ここまで30分程度です。

Bmo0578

<チャチューンサオ駅>OMD10/ED14-42mm

ここ止まりなのでわかりやすいですね。所要時間は1.5時間程度です。

Bmo0583

<ソンテオ>OMD10/ED14-42mm

駅前の通りにやってくる白にイエローのラインの入ったソンテオに乗車します。なんと8バーツという安さです。バーンマイに行くかどうか一応訊ねたほうがいいかと。ちなみに、話しかけたのはワタクシです。

Bmc0393

<到着記念>PowerShot

つうことで、無事到着でしたが…。続きます。

今日のコンタイ

Bmo0575

<ボックスの客>OMD10/ED14-42mm

ミラーレスの得意分野。ファインダーを使わなくともこんなことが至近距離で可能です。よい子は真似しちゃいけません。

★この旅レポもあと数回で終わります。これからはどうしても「かすてら音楽夜話」が多くなるかと思いますが、過去の未発表レポとか、様々な企画は考えてますので、ネタ切れになることはなさそうです。
でも、早く旅に出られるようになってほしいですね。音楽話のリクエストも募集してますよ。

|

« Artisan-音の職人 | トップページ | 日本のポップス界のプリンスはビートルズ愛に満ちていた »

Vehicle」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

930t Bangkok Meeting」カテゴリの記事

コメント

タイですか。
もう遠い過去のような気がしますね。

そろそろ行きたい熱が出てくるころですよね。(笑)

投稿: カルロス | 2020年5月27日 (水) 21時44分

カルロスさん。
まだ半年たってませんが。
渡航が解禁されそうなのはどこになりますかね。
でも、現状政府の対応がアレですから、厳しいですよね。
で、カルロス氏は多少動けるようになった?

投稿: ヒョウちゃん | 2020年5月27日 (水) 22時25分

どうもです。
すっかりペンタックス以外の
画像ばかりがアップされているようで
痛み入ります。
ニコンは高額のミラーレスを投入して失敗、
ペンタックスは会員とのコミュニケーションすら
維持が怪しくなっていますよ、
さて私の意見では、自分は額の皺が増えてます。
自撮りは一切やめました。
ともかく、タイ人の若いギャルが
いいですね。日本でも全然活動していないですよ。

投稿: ペンタのP | 2020年5月31日 (日) 22時04分

ペンタのPさん。
わたしゃ、こちらにいるときはミラーレスやデジイチは基本使いませんので、PENTAX KPあたりの新規画像は旅に出ないと、厳しいですね。
PENTAXですが、年内あるいは来年の早いうちにK-3の後継機種が出ますよ。
リコーのページに上がってますので、ご確認ください。
コンタイに限らず、若い女性は永遠の被写体ですね。
でも、日本じゃ厳しいですね。
これも、イベント自粛が尾を引いてます。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年5月31日 (日) 22時40分

>カルロス氏は多少動けるようになった?

ブログにも書きましたが、とりあえず、少しずつ前に進んでいますよ。

「社会復帰への第一歩~電車とバスで通院してみた」
https://carlos-hassan.com/20200529-go-to-hospital-by-public-transportation/

投稿: カルロス | 2020年6月 1日 (月) 21時41分

カルロスさん。
着実に回復されているようで、何よりです。
完全回復したら、ヤムの会やりましょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年6月 2日 (火) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Artisan-音の職人 | トップページ | 日本のポップス界のプリンスはビートルズ愛に満ちていた »