« パネーンとロティ | トップページ | クウェー川鉄橋を列車で渡る »

2020年5月 1日 (金)

タイの大衆的石鹸

世界の石鹸Vol.3

Mrc1350

<Parrot Botanicals>PowerShot

昨年の8月、マレーシアとタイの旅の終盤、ペナンで購入した石鹸が早くも消耗しそうになりました。実際使い切ったのですが、なくなりそうになって、トンローのコンビニで新しい石鹸を購入してきました。それがこれです。

Mrc1301

<裏側>PowerShot

包装は紙です。非常にシンプル。多分、コンビニでも一番安いものではないでしょうか。タイでもLuxなどの世界的メーカーの石鹸も意外に安く売っていますが、それは日本でも買えますから、こちらですね。

裏側に書いてあるのはほとんどがタイ語です。かろうじて、容量70グラムというのが読める程度ですね。

Mrc1303

<パッケージ左側>PowerShot

こちらも英語表記です。「White Thanaka」って、ミャンマーで使用されるタナカの成分入りですか。

Mrc1302

<右側>PowerShot

こちらはタイ語です。同じことが書いてあるんでしょう。

Mrc1354

<中身>PowerShot

包装紙から出すと、そのまま石鹸が。見にくいと思いますが、中央にオウムのマークが。そのまわりはツタのような植物が囲んでいるということでしょうかね。

使い勝手ですが、ごく普通の石鹸です。ネット情報を拾ってみると、匂いがきつめという評判もあるみたいですが、個人的には全然気になりませんでした。

<まとめ>
石鹸名  :Parrot Botanicals(White Thanaka)
原産国  :タイ
購入地  :バンコク、トンローのセブンイレブン
価格   :13バーツ
試用期間 :2019年8月~現在進行形
使用感  :泡立ちなどタイの水によく合います

この、Porrot Botanicalsですが、その後トンローのTopsで再確認したところ、外装のパッケージが7色展開していました。それぞれに色と香りがあるみたいです。

また、ネットで拾ってみたところ、日本でも通販で購入できます。その価格なんと、218円です。これ、正真正銘タイのメーカーが作っているようですが、創業者は外国人だったとか。でも、70年以上タイで販売されている誰もが使う石鹸ですね。土産にもよさそうです。

これは、他の6つも購入して使ってみなくては。この石鹸、年末年始も使いましたがそれでも10日くらい。まだ、消耗しそうになく長持ちもしそうですね。

| |

« パネーンとロティ | トップページ | クウェー川鉄橋を列車で渡る »

Goods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パネーンとロティ | トップページ | クウェー川鉄橋を列車で渡る »