« 泰緬鉄道・後半のハイライト | トップページ | ガピを使ったご飯 »

2020年5月 9日 (土)

サイヨークの滝

2019年12月31日(火)

Bmc0305

<ガパオ・ムウサップ>PowerShot

ナムトクの駅前で昼食です。定番ガパオでさっと済ませます。卵を付けて70バーツ。やや高いです。

Bmo0507

<線路は続く>OMD10/ED14-42mm

ナムトクの駅前ではこの先のサイヨークの滝まで行く人向けにソンテオが待っています。2012年に訪れた時、勝手がわからず食事をしてクルマをチャーターしました。ま、タクシー代わりですね。

ところがあっという間に着いてしまいました。それがわかっているので、ナムトクからは歩きます。

ナムトクの先ですが、まだ整備された線路が続いています。これに沿って歩けば問題ありません。

問題がひとつあって、ぽつぽつと民家が現れるんですが、そこの飼い犬に十分注意が必要ですね。

Bmo0516

<駅舎>OMD10/ED14-42mm

ここが線路の果てです。この先には線路はありません。ナムトクの駅には引き込み線があるんですが、ここはどのように使われているのでしょうか。タイ国鉄ではお金を出し合えば特別列車を仕立てることができるようです。その際にここまで列車を走らせることもできるのではないでしょうか。

とはいえ、ここに駅員はいませんが。

Bmo0518

<蒸気機関車>OMD10/ED14-42mm

駅舎のはずれにはSLが置いてありました。古そうな感じですが、錆びついてはいませんね。でも、実際走ることができるかはわかりません。

Bmo0523

<サイヨークの滝>OMD10/ED14-42mm

SLの先には滝があります。驚くほどの人がいました。天然のプールであり、ウォータースライダーでもあります。

 

楽しそうですね。タイ人は水にぬれることをいとわないんですが、この人たちはほぼ全員クルマで来ていて、当然着替えも持参していますね。

Bmo0526

<天然のプール>OMD10/ED40-150mm

当然水着もなく、精密機械のカメラも持っていますので、ひたすら撮影に努めました。一応、ここには食堂もありますし、ここを降りると国道に出ます。国道の反対側にはコンビニもあります。

Bmo0547

<戻りはバス>OMD10/ED14-42mm

少し早かったのですが、バス停でバスを待ち、乗り込みました。しかし、満席。最後部に行き、空いた空間にそのまま座り込みました。戻りは50バーツでした。

今日のコンタイ

Bmo0485

<車内販売>OMD10/ED14-42mm

ぎっちり満席状態のときは現れませんでした。いったいどこから乗ったのか。トンブリーからではないような気がします。カンチャナブリーの先でしょうかね。いずれにせよ戻らなくてはならないし。

| |

« 泰緬鉄道・後半のハイライト | トップページ | ガピを使ったご飯 »

People」カテゴリの記事

930t Bangkok Meeting」カテゴリの記事

コメント

ちょっと間隔が
あきましたが戻ってきました。
人生で2番目くらいにキツイ2ヶ月でした。
さてタイ航空が破綻しましたが
ビア チャーンが買いたいようです。
一番まともな部門がケータリングでした。
ANAはもちろん、JALも日本行きの
機内食や飲料は同社から出ています。
ここのビジネス席は公務員とか関係者が
只で乗っているという、とんでもない代物
でした。私は何年も利用してないです。

投稿: ペンタのP | 2020年5月23日 (土) 19時00分

ペンタのPさん。
タイ国際航空ですが、このまま消滅ということはないと思ってます。
タイエアアジアがタクシン系で、タイ国際航空はそれに対抗する「黄シャツ派」でもある既得権を持っているグループに属してますから。
意地でも事業継続でしょう。
気になるのは、系列のノックエアは大丈夫なのかというところです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年5月23日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泰緬鉄道・後半のハイライト | トップページ | ガピを使ったご飯 »