« この通り要注意 | トップページ | 30数年ぶりのアンサーソング »

2020年6月 9日 (火)

行ってみたい国・ウズベキスタン

2020年6月現在で、観光旅行のための渡航というのは99.9%無理な状態です。ま、そういう考えを除外して「行ってみたい」「また行きたい」国や地域を取り上げます。初回はウズベキスタンです。

Uz067

<サマルカンド・レギスタン広場のメドレッセ>PENTAX ME-Super/A28mm

ウズベキスタンに注目したのは、ビザがいらないことです。日本人にはビザが免除されています。そして、夏季はウズベキスタン航空の直行便がタシケントまで飛んでいます。

でも、夏はかなりの酷暑だそうです。

観光資源はかなり豊富で、ティムール帝国の拠点であったサマルカンドやブハラ、砂漠の中のオアシス都市、ヒヴァなどがあります。

Uz103

<ブハラ・アルク>ME-Super/A28mm

実は初めての海外がウズベキスタンでした。というか、当時まだソ連があったので、かつてのソビエト連邦内の「ウズベク共和国」に行ったことがあるのです。この時は、隣の旧タジク共和国(現タジキスタン)にも行き、パンジャケント(当時ペンジケントと呼んでいたような)まで足を延ばしました。ここは、ソグド人の遺跡があるところです。

Uz109

<ヒヴァ>ME-Super/A50mm

初めての海外なのに、しかもソ連時代なのに、自由に旅ができたのかというと、できません。ツアーでした。

入国はハバロフスクで、ここに1泊し、タシケント経由でサマルカンドへ。2泊し、夜行列車でブハラへ。観光後、またタシケント経由でヒヴァの近くのウルゲンチへ。そこで1泊し、ヒヴァ観光後タシケントに戻り1泊という、かなり強行日程でした。

これをひとりで手配するとなると、目がくらむようなことになったでしょう。しかし、時は流れ、ソ連が崩壊し、独立したウズベキスタンは観光立国となったのです。

Uz152

<タシケント>ME-Super/A28mm

今なら、簡単にチケットは取れるし、宿も予約サイトなどで簡単に済むでしょう。また、当時はロシア語ができないと何にもできないような状況でしたが、今ではツーリスティックなところでは英語も通用してそうです。

それに、ウズベキスタンの鉄道は海外からも予約可能みたいなので、移動も何とかなりそうです。

ソ連時代の名残で、宿泊証明というものが必要なのですが、民泊以外のちゃんとしたホテルならば問題なしです。

てなことで、昨年の後半にガイドブックを購入しある程度研究済みでしたが。

以前行った時期は年末年始だったんです。といって、めちゃくちゃ寒いかというと、それほどでもなく、日本よりやや暖かいくらいでした。でも、写真が物語っていると思いますが、天気が悪いです。夏の前後でしたら天気の心配はいらないです。

当時のカメラ事情ですが、当然デジカメはなく、すべてフィルムに記録しました。何かの役に立つだろうと、この時初めてリバーサルフィルム(スライド用)を使いました。高額だったので、10本も持参しません。1枚1枚、惜しみつつ撮影しました。

ついでにいうと、カメラにオートフォーカスもなくて、すべてピントリングを回してのマニュアル撮影です。それに、交換レンズは標準の50mmと広角の28mmだけでした。当時世界最軽量といわれた一眼レフでしたから、重さは感じませんでしたが。これらの画像はフィルムスキャナーを使って自分でデジタル化したものです。今ならその苦労はなく、当時撮れなかった料理写真も行けますしね。

具体的にはカザフスタンと合わせて3週間とか考えていたんです。場合によってはキルギスタンも併せてですね。この3つの国は日本人はビザが免除されてます。これですと、ウズベキスタン航空ではなく、アシアナあるいは大韓航空のオープンジョーを使うことになります。

本当だったら、今頃行っていたと思いますが。ちきしょう、いつか絶対行ってやるでございます。

Abmusk

<例のブツ>PowerShot

2週間くらい前にポストに投げ込まれていたでございます。東京はたぶん完了したんじゃないかな。

| |

« この通り要注意 | トップページ | 30数年ぶりのアンサーソング »

07a Uzbekistan」カテゴリの記事

コメント

ウズベキスタンはもう何度も行きましたけど、何度行ってもいいですね。サマルカンドのレギスタン広場は、絶対に忘れられない場所です。

投稿: おりんぴあ | 2020年6月 9日 (火) 23時04分

おりんぴあさん。
わたしゃ、はるか昔のことですが、ここはもう一度行きたいです。
ロシア時代の名残があるのか、ムスリムでも飲酒するみたいです。
しかも、ラマダン中でも平気で飲酒しているのを、下川裕治氏が目撃しているんですね。
もしかしたら、タシケントだけかもしれませんが、寛容度高くてツーリストには嬉しいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年6月10日 (水) 09時00分

ウズベキスタンはムスリムの国ではありますが、ロシア色も色濃く残ってますし、まだまだロシア語が通用します。街の作りもどことなく旧ソ連です。

アザーンも流れないですし。そういう意味ではとても「穏やかなムスリムの国」です。行きたいですね。

投稿: おりんぴあ | 2020年6月10日 (水) 23時00分

おりんぴあさん。
キリル文字ではなく、アルファベット表記にしたようですが、まだキリル文字も残っているとか。
アザーン、流れないんすか。
もともと、ロシア人の居住率も高いですしね。
朝鮮人もいますね。
ところで、おりんぴあさん、「かすてら音楽夜話」のリクエストありましたら教えてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年6月11日 (木) 10時04分

ウズベキスタンは独立してから四半世紀近く経ちますので、旧ソ連色を一掃してウズベキオリジナルで行きたいようです。
それがウズベキスタン語を推奨してロシア語やキリル文字をなくそうとしている理由のようです。

私はどちらかというと国内よりも海外の方が音楽は得意なので(;^_^A。ジェフ・ベックとかダメですか(笑)?

投稿: おりんぴあ | 2020年6月12日 (金) 00時51分

おりんぴあさん。
今は番組自体はなくなりましたが、「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」で、ウズベキスタンをやってたんです。
これも、また行きたくなった理由のひとつですね。
でも、キリル文字が少なくなったのは、ツーリストにとってはありがたいです。
リクエスト、了解しました。
Jeff Beckは『Blow by Blow』くらしか持ってないんですが、がんばってみます。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年6月12日 (金) 10時27分

ウズベキスタン旅行を検討されていたのですね。自分は1999年に最初に行ったのですが、当時は、ヒョウちゃんとは、まだパソコン通信で交流していなかったかもしれません。このときの旅は「灼熱のウズベキスタン」というタイトルでパソ通で長期連載したのですが、ご存じないかもしれませんね。いまは、HPに転載していますが、見てほしいけど、写真がないのが難です。ちょっと意外に思われるんじゃないでしょうか。

自分もまた行ってみたいです。できたら同じコースで回ってみたいと思います。宿もできるだけ同じホテルに泊って、どのように変わったのか見てみたいです。タシケント、ヒワ、ブハラ、サマルカンド、フェルガナと回っています。アシアナ航空を利用し、前後にソウルでも泊っています。

投稿: とんび | 2020年6月14日 (日) 20時25分

とんびさん。
お久です。
とんびさんのHPのウズベキスタンは存じてます。
自分が泊まったホテルはたぶん当時の国営(ソ連時代の)です。
当時でもお湯が出なかったりしまして、次行くとなると避けたいです。
ウズベキスタン航空は冬季は飛んでないので、アシアナか大韓航空になりますかね。
冬は過ごしやすそうですが、天気が良くないので、行くなら春から秋にかけてですかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年6月14日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この通り要注意 | トップページ | 30数年ぶりのアンサーソング »