« ラオス国際航空 | トップページ | カルトな洋楽カバーPart2 »

2020年8月 2日 (日)

道の駅のローカル蕎麦

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.7

先日ちょっとだけ足を延ばしてきました。行先は…。

Su045

<ここです>PowerShot

「道の駅・八王子滝山」でした。なんと、東京都で唯一ある道の駅です。ワタクシの自宅から半径50km圏内であれば神奈川や山梨、埼玉などにいくつかあるんです。

ほとんどのところが地場野菜等の産物の販売ならびにローカル飯を提供しています。ご当地ラーメンとかもありますね。あと、お決まりのようにご当地ソフトクリームもあります。ソフトクリームはどうでもいいんで、事前に珍しそうな食べ物を道の駅のホームページで調べて、突入してみました。

平日の昼時でしたが、駐車場がほぼ満車で、しばらく待ちます。

Su051

<フードコート>PowerShot

食事スペースは建物の一番奥にあるところで、フードコートになっていました。道の駅によってはちゃんとした店があるようです。この、八王子滝山は比較的小さな道の駅みたいです。

アクリル板の向こうにここで提供できるメニューが掲げられています。選んだのはこれです。

Su047

<滝山そば>PowerShot

一見ざるそば風ですが、つけ汁と天かすが付いています。ざるそばをつけ麺スタイルで頂くものですね。東京ではこの手のつけ麺スタイルの蕎麦はほとんどないといえましょう。関東ローカルだと結構ありそうです。ワタクシの親戚の多い埼玉県北部などはこういうスタイルのものがあったような。

なお、蕎麦をうどんにした「滝山うどん」も同じです。

Su048

<蕎麦>PowerShot

量はたっぷりありますね。大盛はなかったと思います。海苔は初めからのっております。八王子と神奈川にまたがるあたりに陣馬高原または陣馬山というところがあります。ここでの名物が蕎麦ではなかったかと。高尾山のふもとあたりに蕎麦の店が結構あった気がします。

ま、そういうこともあって、うどんでなく蕎麦にしました。関東、関東といってもいささか広うござんす。富士山などの火山灰が降り積もった地域では土地がやせていましたので、蕎麦が栽培されました。そうでない地域ではうどんも名物だったりします。ま、今は土地改良も進み、そのような格差はないと思いますが、伝統的に蕎麦を作っていたところでは今でも土地の名前を冠した蕎麦があるはずです。

Su049

<つけ汁>PowerShot

どんぶりサイズまではいきませんが、結構大きな木製の碗です。湯気が立っていまして、温かいです。具沢山でもありますね。

Su050

<天かす>PowerShot

これをつけ汁に投入します。良質の油分がつけ汁に混ざり合い、いい感じになりますね。ふやけた天かすも美味いですよね。

Su054

<豚バラ>PowerShot

豚肉が1枚入っていました。

Su055

<なす>PowerShot

近くでとれたなすです。他にエノキと油揚げを細かく切ったものが入っていました。

ラーメンのつけ麺と違い、蕎麦は冷たくされて出てきますので、つけ汁は次第に冷えてきます。でも、美味しさは変わらないですね。

んー、結構いい仕事してますかね。美味しかったでございます。量もばっちりあります。腹持ちもいいです。税込み790円と、結構するんですが、街中の蕎麦屋の価格設定よりは良心的ですかね。

Su056

<井戸>PowerShot

敷地内の施設です。使用不可だと思いますが。

機会があれば別の道の駅にも足を延ばしたいと思います。

★今やファストフードの蕎麦・うどんの店も正真正銘座席なしの「立ち食い」はほぼありませんが、タイトルはこのままいきます。

|

« ラオス国際航空 | トップページ | カルトな洋楽カバーPart2 »

Food」カテゴリの記事

コメント

千葉県北は赤土の台地なので蕎麦もうどんも地場ではないですねぇ。ただ、うどんがないことで、昔からの人には蕎麦の方が人気があったように思います。

投稿: 伊 謄 | 2020年8月 3日 (月) 07時00分

伊 謄さん。
関東ロームという言葉もありますね。
浅間山の火山灰の堆積地では蕎麦ではなくて、こんにゃくだったりしますけど。
富士山のおひざ元だと、ほうとうとか吉田うどんなどがありますね。
フランスのブルターニュも、やせた土地でそば粉のクレープとかあります。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年8月 3日 (月) 21時39分

つけ汁に
茄子は珍しいですね。
でも
美味しいと思います。
他に
豚肉・エノキ・油揚げとくれば
温かい蕎麦を
喰ってみたくなりました。
生卵のトッピングあれば
合いそうです。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年8月 4日 (火) 14時56分

裕治伯爵。
つけ汁になすをはじめ煮込んだ野菜を入れる、いわば味噌汁状態なのは、いかにもローカルですよね。
ワタクシの居住するところはほぼ横浜方言の語尾に「~じゃん」てな感じですが、滝山あたりだと、語尾に「~だんべぇ」って感じですかね。
比較的そんな言葉のところは、つけ汁に野菜ぶち込みが多いような気がします。
メニューをじっくり写真に撮らなかったので、温かい蕎麦・うどんが存在したかどうか。
トッピングも不明ですね。
機会があればまた行ってきます。
ラーメンでも食べますわ。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年8月 4日 (火) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラオス国際航空 | トップページ | カルトな洋楽カバーPart2 »