« フアラムポーン駅の二階テラス | トップページ | 史上最強の職業作曲家 »

2020年9月17日 (木)

長崎が勝手にタイとコラボ

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.11

Su075

<リンガーハット>PowerShot

今回はここにやって来ました。

リンガーハットです。なんとなくヒンドゥの民をディスっているような名称です。ヒンドゥの「リンガ」はLですが、この店はRなのでした。

由来は幕末から明治期に長崎に拠点を置いていたイギリス人貿易商、フレデリック・リンガーからいただいたとのこと。そんなの誰も知らないですね。しかも、茶を扱っていたそうで、それはアヘン戦争にも出てくるように、典型的な死の商人じゃないすか。結構屈辱的なネーミングだと思いますが。

Su083

<店内のポスター>PowerShot

へえ、そうなんだ。ウエストのところで登場してもらった長崎県人によると、リンガーハットのちゃんぽんは長崎ちゃんぽんじゃないというのですが、発祥は長崎だったんですね。

本店も長崎にあるようです。丸亀製麺の店が香川県にたった1店舗というのに比べると、長崎県にも29店舗を展開してます。九州でも店舗はそこそこありますし、東京の88店舗が最多ですね。全国展開していることから、本格じゃないけどちゃんぽんと皿うどんを日本全体に認知させた功績はありますかね。

このグループも海外展開しております。バンコクのプロンポンで店を見かけたのが3年前のこと。これ大丈夫かと思っていたら、バンコクに5店舗を展開しておりました。ま、今後どうなるかわかりませんが。ワタクシ、バンコクでの日本のチェーン店が割と好きなんですが、おそらく当地ではちゃんぽんを格別食べたいとは思いません。

Su076

<カウンター席>PowerShot

昼前の時間でかなりすいていましたが、カウンター席に案内されました。席はソーシャルディスタンスは取れていないものの、カウンター席でもきっちりと仕切りがあります。テーブル席も対面でアクリル板が設置してありました。松屋はなかったよな。

Su078

<メニュー>PowerShot

では、何でここにやってきたのかというと、メニューの右側に秘密があります。

Su079

<初期状態>PowerShot

トムヤムクンちゃんぽんです。オーダーしますと、「パクチーを切らしておりますので、水菜で代用させてもらいますが、よろしいでしょうか」とのことです。

一瞬ムッと来ますが、顔には出しません。

Su081

<具>PowerShot

小エビは結構入っていました。それと何でしょう、この魚の練り物は。あとは定番、キャベツにコーン、もやし、かまぼこです。

普通のちゃんぽんにはイカが入っていたと思うんですが、ありません。

Su082

<リフトアップ>PowerShot

麺は中太とでもいうのでしょうか。長崎の四海楼のちゃんぽんもこの太さだったような。麺は柔らかいです。九州系はうどんもそうでしたが、柔らかいのが多いんですかね。でも、博多ラーメンは硬めだよな。

スープは酸っぱ辛いです。かといって、本格トムヤムのあの味というわけではありません。また、レモングラスの茎を使っているとは思えませんが、レモンの風味がします。ココナッツミルクも使ってないと思いますが、リンガーハットはトムヤム味をよく研究したと思います。

スープの素材はおそらく人工的に加えたものでしょう。当然ながらプリッキヌーとかありません。でも、よくできているとは思いますね。

総額759円(税込み)でした。普通の長崎ちゃんぽんは麺増量が無料でできますが、トムヤムクンちゃんぽんはできないです。ま、高カロリーなのでこれでもいいかな。レギュラーサイズの下、スモールサイズは605円となります。

まあまあ良くできたと思います。でも、これはタイでは出してないんですよね。逆にタイのメニューにある、アサリちゃんぽん、唐揚げちゃんぽんをこちらで出してほしいですね。

タイの日系レストランチェーンですが、CoCo壱番屋もてんやも日本にないメニューがあるんですよね。

|

« フアラムポーン駅の二階テラス | トップページ | 史上最強の職業作曲家 »

Food」カテゴリの記事

コメント

4連休
福岡と長崎に行ってましたが
長崎でも「リンガーハット」
かなり見かけました。
(笑)
そして
以前
限定の「牡蠣チャンポン」
美味しかったので
「トムヤムクンチャンポン」
気になりましたけど

「パクチーを切らしておりますので、水菜で代用させてもらいますが、よろしいでしょうか」


これは
絶対に許せないでしょう。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年9月26日 (土) 12時01分

裕治伯爵。
ワタクシも遅ればせながら、来週近県にショートトリップに行ってきます。
長崎でリンガーハット、結構見かけるんですね。
A級の評価ではないと思いますが、それなりに親しまれているんですね。

水菜の代用ですが、開店時間が11時。
入店時間が12時前でしたから、パクチーが品切れになったというより、当初から使用してないんだと思いますね。
栽培は簡単なんで、企業努力しろといいたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月26日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フアラムポーン駅の二階テラス | トップページ | 史上最強の職業作曲家 »