« 松屋のカレー | トップページ | 八王子ラーメン in 道の駅 »

2020年9月 5日 (土)

やっとありついたスナック

本日の話題は2007年です。

この時はエールフランス利用で、成田ーシャルルドゴールーリスボンとカサブランカーシャルルドゴールー成田というオープンジョーチケットを購入し、リスボンからスペインを経由し、ジブラルタル海峡をフェリーで渡り、モロッコに行くという旅をしました。

その日滞在していたのはポルトガル南部のファーロという小都市です。この日の予定はスペインのジブラルタル海峡に面したアルヘシラスまで行くことです。

それでは、2007年8月に「時を戻そう」。ぺこぱ風でもありますが、水曜どうでしょう風でもありますね。

Im0575

<ファーロの宿の朝食>GR DIGITAL

ヨーロッパのホテルによくある、コンチネンタル式の朝食です。とはいえ、セルフ式でパンも飲み物も自分で取ってきます。でも、ここの宿はハムとチーズがありました。真ん中に置いてあるのはヨーグルトではなく、バターとジャムです。

腹ごしらえもしたので、出発しましょう。チェックアウトをし、料金を支払います。決済はカードを使ったのかはたまた現金だったのか、覚えていません。

当時の宿の取り方ですが、到着した都市と出発する都市だけは予約サイトで押さえました。AgodaとかBooking.comなどは存在していたのかもしれませんが、日本では一般的ではなかったですね。日本で知られていたのはApple Worldとかトラベル子ちゃんとかです。ここでは、有名都市くらいしかヒットせず、しかもそこそこの値段のホテルだけを扱っていました。

とうじはまだまだ、情報が少なく、せいぜいネットでの口コミ・書き込みに頼る程度なのです。移動手段などもあいまいもいいところで、途中に立ち寄る都市では宿は飛び込みにならざるを得ません。このスタイルを転換するのは2013年頃でしょうか。

Im0577

<ポルトガル国鉄>MZ-3/FA35mm

これからポルトガル・スペイン国境のヴィラ・レアル・デ・サントアントニオまで行きます。列車の上には架線が見えますが、スペイン国境方面は電化されておらず、ディーゼルカーになります。

Im0595

<グアディアナ川>MZ-3/FA35mm

国境は川です。すでにEUに組み込まれていた両国なので、出入国審査はありません。でも、途中に川があり鉄道はつながってません。バスもあるらしいのですが、バスを見つけるよりも先にフェリー乗り場に着いていました。

Im0602

<ダマス社のバス>MZ-3/FA50mm

フェリーを降りたところは、アヤモンテという都市です。ここからアルヘシラス行きのバスがあればよかったのですが。なんとか観光案内所を見つけ、トイレを借り、アルヘシラス情報をきくと、「今日中にアルヘシラスに行くのは難しいかもしれません」という返事です。

幸い、バス乗り場は案内所のすぐそばで、待っているとウエルバ行きのバスが来ました。ウエルバ乗り換え。急いでチケットを購入し、アルヘシラス行きのバスに乗り込むと自分が最後の客でした。

Im0608

<アルヘシラス行バス>MZ-3/FA35mm

ウエルバの次はセビーリャに到着します。さすがに大都市でバスターミナル2つを回り、ようやく出発です。バスの中で歩き方の地図を見ていました。それは、スペインのものだったかモロッコのものだったか。見終わり、バッグにしまおうとすると、後部座席にいた女性が見せてほしいといいます。

日本語の地図だけどといいますが、それでも見たいそうです。

バスは途中でドライブインのようなところに止まりました。トイレ休憩です。スペイン人は短時間でもここで腹を満たしますが、事情のよくわからないハポネスはそそくさと座席に戻ります。ここのバル、なんか見たようなところだなと思っていたら、大沢たかおの出演した「劇的紀行・深夜特急」で撮影された場所でした。画像に残していなかったのがものすごく残念です。

Im0610

<風力発電機>MZ-3/FA35mm

途中カディスなどのアンダルシア地方の沿岸部の都市名がちらちら出てくるのですが、ここからが長かったです。

アルヘシラスに到着したのは20:00を回っていました。スペインは西ヨーロッパ標準時、フランスやドイツと同じ時間帯ですが、ポルトガルはグリニッジ標準時を採用していて、1時間の時差があります。しかも、東に行くことになるので、それだけ1日が短くなります。

何とか宿を確保し、夕食に向かいます。昼食は抜きです。腹が減った。

Im0614

<この日の夕食>GR DIGITAL

探せばまともなレストランはあったでしょうが、宿周辺では見つからず、あまりにも賑わってないバルで済ませました。食事っぽいものは鶏肉のバーガーくらいでした。タパスとかも置いてなかったと思います。

飲み物は赤ワインを炭酸水で割った「Tinto de Verano」というものです。あとでわかったのですが、アンダルシアのような暑いところでは、このようなものを夏に味わうんだそうで。ちなみに、バーガー、3.8ユーロ。飲み物、1.2ユーロでした。

ふと、顔を上げると、バスで地図を見せてくれといっていた女性がいました。翌日モロッコに向かうそうです。同じだね。また会えるといいかも、アディオス。

でも、翌日の船内はおろか、モロッコでも出くわしませんでした。

★「時を戻そう」シリーズ、ボチボチやってますけど、当分続くと思いますよ。

|

« 松屋のカレー | トップページ | 八王子ラーメン in 道の駅 »

04c Spain」カテゴリの記事

04d Portugal」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
余裕ができましたので
これから「北爆」しちゃいます。
「水曜どうでしょう」。お嫌いだと
思っていましたが、観ていたとは
意外です。私の勘違いでした。
さて沢木氏ですが、色んな媒体に
いろんなエッセイを書いていたのですが
行き詰まっているようです。
週刊誌ですら合併号が
増えていますから。

投稿: ペンタのP | 2020年9月 5日 (土) 20時54分

ペンタのPさん。
北爆、わたしゃ、ホー・チ・ミンっすか。
「水曜どうでしょう」ですが、現在TOKYO MXで「ヨーロッパリベンジ」をやってます。
その前が「ヨーロッパ21か国完全制覇の旅」でしたので、毎週録画してます。
予想で行くとその次にヨーロッパ完結編となりそうです。
ロードムービー的なものは面白いですね。
いかんせん、画角が昔のフォーマットなので、それだけは残念ですが。
沢木さんは新幹線の冊子でエッセイを連載しているようです。
海外に出れないので、下川裕治も困っていますね。
YouTuberが増えるわけです。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月 5日 (土) 21時33分

失礼しました、北爆は
Rolling Thunderに訂正
します。アリスじゃないです。
私はBS/CS 契約しているので
水どうは週に3本みられます。
次に新幹線はJRの WEDGE誌の
連載ですね。
これもこだまグリーン車に乗るので
無料で提供されています。
前に申したようにVISA ゴールド
会員向け月報の連載も読んでますよ。

投稿: ペンタのP | 2020年9月 6日 (日) 10時29分

ペンタのPさん。
♪「Rolling Thunder」ますますイミフですね。
わたしゃ、BSもCSもスカパーもWowWowもノン契約です。
ひたすら、興味あるものだけ予約録画ですよ。
エレカシ&ミヤジがかなりたまってきました。
「水曜どうでしょう」はTVKでもやってますけど、今は旅ものではないので、見てません。
沢木耕太郎は朝日文庫だったかで新刊小説が上下で出ました。
購入してますけど、しばらく寝かせてます。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月 6日 (日) 20時27分

エールフランス

ニューカレドニアに行く時に利用しました。
栄光の過去
「ファーストクラス」です。
そんな事から
CAさんは
ソフィマルソーみたいな人を想像していましたが
年配の黒人女性でした。
もちろん
差別意識はありませんけど
勝手に
フランスの女性
ソフィマルソー
そんな世代です。
(笑)

投稿: 裕治伯爵 | 2020年9月 9日 (水) 13時46分

裕治伯爵。
時を戻そうシリーズにもコメントありがとうございます。
エールフランス、旧植民地がアフリカに多く、そちら方面には何かと便利なんです。
わたしゃ、さすがにファーストクラスは経験ないです。
南太平洋方面も行ったことありません。
ワタクシにとって、ソフィー・マルソーは日立マクセルのCMですかね。
そのCM曲が「Paradise Beach」という松原みきの曲でした。
ソフィー・マルソー、今ではいいおばちゃんなんじゃないすかね。
あっちの人は老けるのが異様ですから、あまり想像したくありませんが。
キャビンアテンダント、アメリカ系航空会社はドイヒーですけど、KLMは結構いいです。
でも、ここ10年以上乗ってないので、今はどうなんでしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月10日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松屋のカレー | トップページ | 八王子ラーメン in 道の駅 »