« 20バーツの昼食と45バーツの夕食 | トップページ | 大阪王将 in タニヤ »

2020年9月25日 (金)

新宿のカジュアルなカオソーイ

Yam602

<小田急サザンタワー>PowerShot

今月上旬にひそかに開かれたヤムの会です。この日の天気は不安定です。直前まで雨が降っていました。そして、湿度が高い。

従来ですと、ヤムの会は大久保近辺で行われます。それは、エスニック料理が多いということと、タイカラオケ、マラコーが近いという理由ですね。

ですが、このご時世。マラコーも時短だそうで、昼食という会食の形になりました。

Yam625

<Ginger Grass>PowerShot

場所は、サザンタワーの1階、Ginger Grassというタイ・ベトナム料理の店です。新宿南口からやってくると、ワンフロア下がる感じになります。今にも雨が降りそうで少し早めに行くと、スクムビットさんに出くわしました。早々に店内に。

Yam624

<メニュー>PowerShot

タイ・ベトナム料理とはいえ、パクチーの匂いなどは流れてきません。エスニックとはいえ、どこかフュージョン系の店のように感じました。

これはバンコクの高級レストランに近いものを感じます。

メンバーそろいましたね。

頼んだのは、各自違いますが、ランチセットにビアシンです。

Yam608

<サラダ>PowerShot

セットでサラダが付きます。あらかじめドレッシングがかかっていました。レタスなどが中心でタイやベトナムはあまり感じられませんね。

これを箸でいただきます。

Yam612

<ドリンク>PowerShot

セットもので飲み物も付きます。それに加え、ワタクシはビアシンを頼みました。自分のドリンクはあとできます。

ブラウンがジンジャエール、ピンクは何でしょうね。人のものには興味がないでございます。あるいは短期記憶が弱くなっているのでしょう。もう一方、ビアシンを頼んでますね。さて、どなたでしょう。

日本で飲むビアシンですが、なぜか甘みを軽く感じます。タイではそう感じることはないんですがね。初めて日本でタイ料理を食べたはるか昔にも甘みを感じたんですよね。不思議です。

Yam617

<カオソーイ>PowerShot

しばらくすると、メインがやってきました。タイに長らく行けそうもないので、北タイ料理のカオソーイにします。ちゃんと、パクチーがのってますね。トッピングは下の皿にありました。でも、もやしだけですね。高菜漬けみたいなものはありません。これに、レモンを絞ります。タイだったら、レモンじゃなくて、マナーオという柑橘類なんですが。

Yam618

<リフトアップ>PowerShot

お約束の画像ですね。ちょっとばかりオサレなカオソーイですが、ちゃんと揚げ麺も入ってました。

なんだかんだうんちくを申しましたが、ここは日本ですので、贅沢は申しますまい。十分に美味しいです。具にはタイではあまり見ないような魚の練り物が入っておりました。

Yam614

<コムアンフー>PowerShot

こちら、Luntaさんご注文のベトナム料理、コムアンフーです。

Yam615

<ケーンキアオワーン>PowerShot

こちらは、trintrinさんご注文のいわゆるグリーンカレーですね。Punch先生はパットキーマオという激辛炒め麺、スクムビットさんはフォーでしたかね。

Yam622

<ランチデザート>PowerShot

こちらは別料金です。これで、チェーなんだそうな。

チェーはベトナムのデザートですね。女子に人気ありです。ハノイで食べたチェーはもっとフルーツが入っていたし、氷も入ってましたね。

でも、美味しかったです。ごちそうさまでございました。

この日のトピック

Asuka1

<某女子プロレスラー>

延期された東京オリンピックの話になりまして。開催されても海外の有力選手が来なくなる場合が考えられ、そうすると陸上男子100メートルという種目で日本が夢の金銀銅独占化みたいな話になりました。

ああ、桐生にサニブラウンになんだっけ…。という話からこのお方が登場いたしました。

Asuka2

<某シンガー>

そこからこの人の話題となり、ジェンダーの混乱した元容疑者へと。

Asuka3

<ケンブリッジさん>

いやあ、すまんかった。ともかく来年期待してますよ。

|

« 20バーツの昼食と45バーツの夕食 | トップページ | 大阪王将 in タニヤ »

Food」カテゴリの記事

コメント

アスカ、つながりですね。
同じ名前でも人生いろいろ。

投稿: trintrin | 2020年9月25日 (金) 08時23分

trintrinさん。
クルーズ船「飛鳥」とかね。
明日香というミュージシャンもいました。
結構インパクトある名前なので、やたら影響が出ますね。
今週あたりからはオリンピック関連で「瀬戸」がトレンドかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月25日 (金) 15時09分

「ヤムの会」
楽しそうですね。

タイだったら、レモンじゃなくて、マナーオという柑橘類なんですが。

そう。
日本でいつも呑んでる労働酒(レモンサワー)
タイの日本料理店の店主さんと話したら
タイではレモンは高級品みたいですね。
だから
レモンではなく
マナーオみたいです。
タイ
どんなフルーツでも育ちそうですけど
違うみたいですね。
(笑)

もやしだけですね。高菜漬けみたいなものはありません。

あの酸味が好きなので
それは残念です。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年9月26日 (土) 12時08分

裕治伯爵。
今日はたくさんコメントをいただき、ありがとうございます。
「ヤムの会」なんですが、「来るものは拒まず」なんで、興味があるようでしたら、PC版ブログの右サイドバーのプロフィールのところにワタクシのメールアドレスがあります。
連絡くだされば、ご案内いたしますよ。

ま、考えてみれば柑橘類は熱帯では育たないんですね。
タイでマナーオがなっている樹木とか見たことがありません。
当然、レモンはできないでしょうね。
マナーオはタイの北部の山間部とかで作っているでしょうかね。

カオソーイの高菜漬け、美味しいんですけどね。
リンガーハットじゃありませんが、日本の高菜漬けでも代用きくと思いますけどね。
この店、オーガニックなどを売りにしているようなので、高菜漬けがないという可能性は考えられます。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年9月26日 (土) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20バーツの昼食と45バーツの夕食 | トップページ | 大阪王将 in タニヤ »