« 佐原のレトロな建物 | トップページ | 成田屋 »

2020年10月14日 (水)

道の駅なるさわ

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.13

台風一過(といっていいのか疑問ですが)の日曜日、河口湖周辺にヤムの会で行ってきました。

皆さんアップが早いんで、まだ誰も書いていないところから狙っていきましょう。

Yam737

<河口湖からの富士山>PowerShot

すでに昼を回っております。朝から天気はいまいちでしたが、持ち直し富士山の見える新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)に行ったのち、河口湖北西部にある大石公園にやってきました。

ここも富士山が一望のもと見えるところです。でも、晴れていればね。

おりしも、雲が中腹から山頂部を覆い、全貌は見えませんでした。この日はダメでしたが、天気のいい秋であれば早朝から午前の早い時間帯であれば、すっきりした富士山が見えたはずです。昼から午後にかけては大気中の水蒸気が増えるので、雲がかかる確率が高くなるのですね。

天気が良くて無風状態のときであれば、見事に逆さ富士が出現したことでしょう。

なんで、ここを知っていたかというと、仕事関連です。数回来ました。

Yam741

<富士山博物館>PowerShot

大石公園から河口湖の西岸経由で鳴沢村へ。到着したのは「道の駅なるさわ」です。ここも、富士山がさらに近くで見えるはずです。でも、さらに雲は増えていました。

ここから見る富士山ですが、迫力ありますよ(見えなかったけどね)。ここも仕事がらみで来ているんですね。その迫力ですが、ポカラから見るヒマラヤにも匹敵するかもしれません(ほめすぎかな)。

道の駅、ドライバーやライダーの休憩スポットです。最近は多様化が進み、地場物産等を販売していたり、ドッグランなどもあります。ここには、富士山博物館があり、太っ腹なことに無料です。ま、実態は半分貴石類の販売所でもあるんですが。

山梨で石といえば水晶。水晶といえば印鑑の素材でもありますね。押印省略の流れから印鑑廃止へと風潮ができつつありますが、山梨の判子業界、さあどうする?

Yam750

<メニュー>PowerShot

さて、本題です。ここに来たのは鳴沢村名物を食べるためです。道の駅なるさわでは、軽食堂という感じのところでした。したがってメニューは少ないです。

Yam742

<軽食堂内部>PowerShot

口頭注文ではなく、自動券売機で食券を購入し、窓口で渡して出来上がりを待つ流れになってます。受け取りから片付けまでセルフですね。ほぼ、駅の立ち食い蕎麦やうどんの店と同じです。

店員2名くらいでやってます。省エネ営業です。そして、右手に見える大きな窓からは富士山が見えるはずです…晴れていれば。この窓がなかったら暴動が起きるかもよ。

Yam744

<ソーシャルディスタンス>PowerShot

きっちり守られていますね。アクリル板はありません。

Yam745

<せんどそば>PowerShot

呼ばれたので、券と引き換えです。券には番号があり、番号と料理名をコールされます。

頼んだものはせんどそば、500円でございます。蕎麦の上に大根の千切りがのっております。薬味として、味噌が付きます。

Yam746

<鳥もつ煮>PowerShot

サイドメニューとして鳥もつ煮、600円でございます。こちらは3人でシェアしました。

山梨県は鳥もつ煮が比較的食べられています。隠れた名物といっていいのかもしれません。

Yam747

<薬味>PowerShot

青南蛮味噌というそうです。細かく刻まれた唐辛子と味噌を合わせたものですが、ほとんど辛味はありません。こちらは、あとで蕎麦に入れてみましょうか。

Yam748

<お約束>PowerShot

リフトアップです。大根のほかに、具は山菜とネギの輪切りです。出されたままの状態だと、大根の千切りだけの味がするような気がしまして、よ~く混ぜました。

悪い意味じゃなくて、「田舎の蕎麦」という味です。蕎麦が打ち立てとか、つゆが美味いとかもなく、ごく普通の蕎麦です。ただし、かなり量が多いですね。大根だけは生なので、大根が混じるとやや味変しますね。山菜はもしかしたら当地の「鳴沢菜」かもしれません。どういう種類の野菜か、くたくたに煮込まれていてわかりませんでしたが。

ちなみに、「鳴沢菜ごはんとせんどそばセット」というのもありますね。ご飯には合うかもしれません。

さて、味噌を入れての味変ですが、少しだけピリッとしたかな。

味は正直普通ですが、具材の珍しさからして、B級ですわ。それでも入口のところにせんどそばの表彰状がありました。道の駅B級グルメでしたかね。それも2枚。

Yam749

<もつ煮>PowerShot

サイドメニューのもつ煮ですが、いわゆる「きんかん」入りです。でも、ひとつだけですね。

モツはコリコリした部分ではなく、レバーの柔らかいところですね。でも、臭みはなく食べやすいです。

我々、関東人からすると、もつ煮ってもっとくすんだ茶色のイメージなんです。でも、ここのは照りがあって、きれいな茶色ですね。何かこのあたりに山梨のもつ煮の秘密がありそうですが。

道の駅なるさわ

| |

« 佐原のレトロな建物 | トップページ | 成田屋 »

Food」カテゴリの記事

コメント

せんどそば
これは未食ですけど

蕎麦の上に大根の千切りがのっております。薬味として、味噌が付きます。

かなり面白いですね。
でも大根の千切りなら
冷たいそばの方が合う?
とか考えたり。
この周辺は
時々通るので体験してみます。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年10月19日 (月) 07時40分

裕治伯爵。
鳴沢村に個人でやっている食堂や蕎麦屋があるか不明ですが、ネット検索しても「せんどそば」は「道の駅なるさわ」でしか引っかかってきません。
で、この軽食堂ではせんどそばの冷たいやつはないんです。
この時、同行メンバーが「刺身のつまを買ってきて、蕎麦にのせたら」みたいなこといってましたが、大根は新鮮なものじゃないと味は再現できないかも。
裕治伯爵なら、菜飯とのセットがいいかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年10月19日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐原のレトロな建物 | トップページ | 成田屋 »