« 41年目の大ブレーク、埋もれた天才シンガー松原みき | トップページ | ラーメン大桜の隠し味 »

2020年12月14日 (月)

「僕ぁ幸せだなあ」というカレー

2020年12月3日(木)

Izdo094

<堂ヶ島>OMD10/ED14-42mm

沼津から南下しまして、土肥と黄金崎に立ち寄りました。そろそろ昼飯という頃に堂ヶ島に到着し、ここで昼食とします。

ローカル食堂が2軒ほど。うち、ひとつは休業日でした。

Izdc059

<ご案内>PowerShot

ん?このようなものがあるのですか。ミュージアムはどうでもいいですが、ちょっと覗いてみますか。

Izdc062

<結局入店>PowerShot

ショーケースで見てみましたが、観光地としてはそれほど高額ではないので、ここで昼食とします。悪くないだろう(by 松陰寺太勇)。

Izdc060

<メニュー>PowerShot

どれもまあまあですね。では、カレーにしますか。

Izdc063

<光進丸カレー>PowerShot

いや、これはなかなかじゃないすか。スープにサラダ、らっきょに福神漬けは当然かもしれませんが。

Izdc064

<見え隠れする具>PowerShot

これだけでも、カレーにしてよかったなと思いました。

Izdc065

<カレーと白飯>PowerShot

白いご飯にはアーモンドを削ったようなものがかかってました。

カレーの具はエビとホタテです。イカも入ってましたね。

カレールーも悪くないどころか美味いです。これで1150円(税別)ならいうことなし。海産物や和牛の丼物でなぜか生卵がのってる2000円もするやつより全然いいですよ。

ところで、「光進丸」って、加山雄三のヨットというかクルーザーなんですよね。初代は純粋ヨットだったかもしれませんが、茅ケ崎のパシフィックホテルが倒産して、借金まみれから地道に返済してようやく作った三代目光進丸なんですが、船舶火災の挙句、沈没してしまったみたいです。

そのクルーザーは堂ヶ島が母港だったようで。でも、加山雄三ミュージアムなるものがここにあるとは。全然チェックしてませんでした。

Izdc067

<光進丸のスクリュー>PowerShot

引き揚げられたものでしょうね。「若大将」もさぞや気落ちしているでしょうけど。東京の野球チームの監督が同じ若大将とかいってますけど、加山雄三に比べたらよほどきな臭いわな。

Izdc066

<若かりし頃>PowerShot

この人、80歳の年にはミュージックフェアに出演して、ももクロやアルフィーたちと元気にエレキを弾きまくってたんですけどね。そのエレキもモズライトでした。

一時期入院していましたね。星由里子はお亡くなりになりましたが、青大将の田中邦衛とせめてもう1回くらい、テレビに出てほしいですね。

いずれ、加山雄三を「かすてら音楽夜話」で取り上げます。

加山雄三ミュージアム シーサイドレストラン「ウィンディ」

| |

« 41年目の大ブレーク、埋もれた天才シンガー松原みき | トップページ | ラーメン大桜の隠し味 »

Food」カテゴリの記事

Japanese Spot」カテゴリの記事

コメント

加山雄三の若い頃って今の目で見てもめちゃくちゃハンサムでしたよね。
でも自信満々で性格的には難あり、父親の葬式で「愛してる」みたいなこと言って、日本人としては気持ち悪いと思っちゃいました。

投稿: Lunta | 2020年12月15日 (火) 13時57分

Luntaさん。
コメントありがとうございます。

加山雄三は所詮父親が有名俳優で、好き放題なことをやれる坊ちゃんですよね。
で、芸能界とスポーツ選手と政治家の一部にいえることですが、一般社会を経験してない人物で、世間的な常識を知らないともいえます。
でも、自己破産したことで世の中の厳しさみたいなものは多少は身についてきたと思いますよ。

ちなみに、kimcafe氏の大先輩ってことになりますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年12月15日 (火) 16時49分

観光地の

おざなりなレストラン

そう思っていましたけど

こんな本格的なカレーを

この価格で提供してくれる。

このスタイルのカレー

久しく食べてないので

食べたくなりました。

加山雄三さんのクルーザー

実物を何度もみてますけど

凄かったです。

でも

あの大きさの船

一人では操船不可

当然

専属の船員さんがいたのでしょうね。

投稿: 裕治伯爵 | 2020年12月29日 (火) 15時32分

裕治伯爵。
コメントありがとうございます。

あの「仮面ライダー」の加山雄三ですけど、商売はきちんとしてますね。
ワタクシも意外でした。
「若大将セット」みたいなものもあったような。

上階のミュージアムは訪れてないんですが、パンフレットなどにも料金が書かれてないんですよね。
あとで、調べてみたら割とリーズナブルでした。
わたしゃ、博物館・美術館は苦手なんですが、それなら見てもいいかなと思ったくらいです。

同じヨットでも堀江さんの世界に行っていたら、太平洋横断とかにのめりこんでいたでしょうね。
でも、その話はきかないので、ひとりだけでは航海できない船なんでしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2020年12月29日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 41年目の大ブレーク、埋もれた天才シンガー松原みき | トップページ | ラーメン大桜の隠し味 »