« レノンの凶弾に隠れた曲 | トップページ | ヒルマンミンクス »

2021年5月31日 (月)

麹町アジャンタ

Yam1008

<店の外観>GR DIGITAL

2015年の9月と6年前の話です。

Ck0475

<ティルバンナマライ>K-7/DA16-50mm

この年の夏、タミルナドゥ州とケララ州を約3週間旅しました。その仕上げというわけではありませんが、ヤムの会として、麹町のインド料理レストラン、アジャンタで食事会がありました。

Yam1010

<ヤムの会>GR DIGITAL

この日は9名が参加です。こうした大人数の集まりはタイフェスティバルくらいですかね。

Yam1012

<キングフィッシャー>GR DIGITAL

日本のインド料理レストランですから、きっちりビールがあります。キングフィッシャー、日本でも美味いです。ですが、2本目からはプレミアムモルツにしました。

Yam1014

<ケバブセット>GR DIGITAL

この日はコース料理と飲み物を別にオーダーするやり方だったのですかね。現在のアジャンタのコースを見ると結構値段が上がっております。それほど払ったという記憶がないので、内容は変わっていると思います。

Yam1013

<パコラセット>GR DIGITAL

パコラとはインド版天ぷらです。アジャンタはインド料理でも特に菜食というわけではないので、肉と魚もあります。

Yam1015

<チャトニ>GR DIGITAL

これがあると、インドという感じがしますね。

Yam1016

<巨大ドーサ>GR DIGITAL

こんなにでかいドーサはインドでもないでしょう。人数分に合わせての特注でしょうか。

ほとんど記憶も薄れかけているのですが、中にはカレー味のジャガイモの入った、いわゆる「マサラドーサ」ですね。大きすぎて中の具の重みでひしゃげてしまってます。生地も薄く、「ペーパードーサ」という呼ばれ方もしますね。

Yam1018

<カレー三種>GR DIGITAL

上から時計回りに野菜カレー、マトンカレー、チキンカレーです。

この時、ライスを頼むとかロティ類が出てきた記憶がないので、それぞれカレーを分け合って頂いたようです。

Yam1017

<イドゥリ>GR DIGITAL

南インドのティファンの話になり、アジャンタで出しているイドゥリを頼むことにしました。

イドゥリとはウラッド豆と米を挽いて、水に浸しペースト状にしたものを固めて蒸しパン状にしたものです。ペーストにする段階で発酵が進むのでやや酸味があります。

南インドではなくてはならない朝食の定番ですが、ほとんどを未体験の人たちに味わってもらいました。評判はいまいちだったです。イドゥリ単体では酸味しか感じられないので仕方ないでしょうか。いくつかのチャトニとサンバルというカレーがあるとよかったのですが。

それにしても、このイドゥリ、3つで1600円って、高すぎでしょ。カレーもつけてね。でも、現在のアジャンタのネット上のメニューにはありませんね。

Yam1019

<引っ張るチャイの実演>GR DIGITAL

店員さんの実演です。これを9名分作るので大変で、しかもほぼ全員ブロガーですからカメラが多方向から狙っているんですよね。緊張するわ。

ところで、この店員さん、南インドとは関係ないネパール出身でした。

 

ついでに映像も撮ってきたので、どうぞ。前に使っていたカメラなので、画角が狭いです。それに映像が荒いことをお断りしておきます。

この時以来、アジャンタには行ってないんですけどね。

| |

« レノンの凶弾に隠れた曲 | トップページ | ヒルマンミンクス »

Food」カテゴリの記事

コメント

アジャンタ懐かしいね
確かチャイのお兄さんはネパール人じゃなかったっけ?(^^ゞ
私はエチオピアのあとかな(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2021年5月31日 (月) 09時07分

kimcafeさん。
コメントありがとうございます。

ネパール人です。
画像を省きましたが、土産のバラマキ大会でした。
わたしゃ、南インドの。
kimcafeさんはエチオピアの。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年5月31日 (月) 18時04分

インドは行った事がありませんけど
当たり前ですけど
日本にある
インド料理店は
それなりの高級食材を使って提供してます。
やはり
現地で
労働者が行くような食堂で
インドの食事を楽しんでみたいと思ってます。
バングラデシュは経験あるので
似てるのかなと。

投稿: 裕治伯爵 | 2021年6月 7日 (月) 15時22分

裕治伯爵。

このアジャンタはいうまでもなく老舗ですので、それなりのお値段ですね。
高級食材にこだわってしまうと、肉や魚の料理になるかと思いますが、南インド系の料理ですと、ベジタリアンが多いので野菜が主体になります。
野菜ならばそれほど高額にはならないかと。

近年どこに行ってもインドレストランが新規開店してますけど、半分くらいはネパール人の経営かと。
そういうところだと、ほとんど北インドの料理になるので、南インド料理は期待できません。

西葛西に行けばベジのインド料理もあるのではないかと思います。

個人的な経験でいうと、15ルピーの朝食がありました。
約30円ですね。
汚ったねえ店でしたが、人気店で料理も美味かったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年6月 7日 (月) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レノンの凶弾に隠れた曲 | トップページ | ヒルマンミンクス »