« 銚子電鉄に乗ってみた | トップページ | 本格に近いカルビ丼 »

2021年5月 8日 (土)

日野のバス・トラック

Jp0191

<ボンネットバス>PowerShot

日野オートプラザの最終回です。

懐かしのバスですが、さすがにこれには乗ったこともないし、走っているところを見たこともないです。

Jp0203

<運転席付近>PowerShot

中はなんとワンマン対応。料金箱などもあります。ということは、1970年代くらいまで日本のどこかではこのボンネットのあるバスが走っていた可能性はあるかもしれません。

床は木製で全席ベンチシートでしたが。

Jp0147

<ボンネットトラック>PowerShot

こちらは屋外展示でした。とはいえ、雨ざらしではありませんでしたが。

よく見ると、屋内展示のボンネットバスとほぼ同じ形です。

このトラックは1990年代に中国で走っていました。よく見たのが、青海省とチベット自治区で、未舗装路にも強そう。現在はさすがに中国でも走ってないのではないでしょうか。

Jp0144

<はしご車>PowerShot

また、ボンネット系の車両ではかつて沖縄市消防署で使用されたタイプも展示されていました。

以前は「コザ市」という名称だったのですが、改称されたのが1974年ですから、日本各地の消防署で見かけた車種ということになります。

隣のボンネットトラックとは形も違いますね。

Jp0152

<日野レンジャー>PowerShot

現在日野のトラックの主流が「レンジャー」ですかね。

こちらの屋外展示車はパリ・ダカールラリーに出場したものです。

このラリーにはカミオン(トラック)部門というカテゴリーがあり、1991年の日野自動車50周年を機に参加をはじめ、現在まで連続で出場しています。

1997年には部門優勝をしています。

ちなみに、「♪日野の2トン」はデュトロという車種です。

Jp0158

<トラックの運転席>PowerShot

すべての車種のコックピットが解放されているわけではありません。それは、コロナ対応ということで。

で、これを覗くと、ダイヤル式やボタン式のオートマチックトランスミッションだったり、クラッチがあるのにトランスミッションはオートマチックっぽい形のものがあったりしました。

たとえ、プロドライバーでも運転は手間を軽減したほうがいいですからね。

まだ展示車はありましたが、このくらいにしておきましょう。ちなみに、その後また別の自動車博物館を訪れております。

| |

« 銚子電鉄に乗ってみた | トップページ | 本格に近いカルビ丼 »

Vehicle」カテゴリの記事

Japanese Spot」カテゴリの記事

コメント

私の故郷広島ではこのボンネットバスがあって子供の頃乗ったことあります。ワンマン運転ではなく車掌がいました。

あまりに懐かしい。。。。。(´・ω・`)

http://kurecity.com/horoyoi/horoyoi/bus/jousya.htm

投稿: おりんぴあ | 2021年5月 9日 (日) 00時54分

このボンネットバスですが、上毛電鉄が1988~93年にかけて復活運転させたときのものなので、ワンマンの機器はその時のものだろうと思います。

投稿: 伊 謄 | 2021年5月 9日 (日) 12時10分

おりんぴあさん。
コメントありがとうございます。

バスの車掌、いましたね。
うちの近くは神奈中バスなんですが、神奈川の山間部にボンネットバスが残っていたという情報があったような。
イギリス製だとは思うんですが、15年ほど前にヤンゴンでボンネットバスが走ってました。
そういや、ロンドンのタブルデッカーもボンネットバスですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年5月 9日 (日) 20時47分

伊 謄さん。
コメントありがとうございます。

詳しいですね。
さすがです。
伊豆にもボンネットバスが走っていたような。
現役かも。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年5月 9日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銚子電鉄に乗ってみた | トップページ | 本格に近いカルビ丼 »