« 浜田省吾「八月の歌」を読み解く | トップページ | 漁港に面したホテル »

2021年6月29日 (火)

高速ラーメン@酒々井

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.29

Cidc152

<酒々井PA>PowerShot

4月のショートトリップの帰り、東関東自動車道に乗り自宅へ向かいます。成田からほどなく、酒々井PAで遅い昼食です。

ここは上り線です。成田空港への往復時に酒々井で休むことが多かったですね。ということで、まあまあ知っているところですが、下り線はリニューアルされていて店が一新されておりました。

Cidc153

<リニューアル>PowerShot

内部はこんなに奇麗になってました。これまでは食券の食堂みたいなレストランがひとつ入るだけでしたが、ご飯もの、そば・うどん、ラーメンと専門店ができていました。

さて、どれにするか。

Cidc154

<北海道味噌ラーメン>PowerShot

滝野商店というところがやっているラーメンショップです。

食券を購入後、窓口で呼び出しの機械と交換し順番を待ちます。席も充分にあるのでどこで待っても大丈夫ですね。

Cidc155

<シンプル麺>PowerShot

味噌ラーメンの一番安いやつです。800円。

もやし、コーン、肉みそだけという潔さ。

チャーシューが入ると名称が変更されやや値段が上がります。

Cidc156

<リフトアップ>PowerShot

とはいえ、これはなかなか美味いです。

なんだろう、これまでのサービスエリアで食べるモノとは全然違いますね。普通に駅前で店を出しても「美味い」と評判になる味ですね。

ま、値段が800円ですからね。

とにかく、最近のサービスエリアは進化が著しいです。食事に関してもこんな感じで専門化、細分化されています。

やりすぎと思うのは地域とあまり関係なく、肉類と鮮魚を扱った高額な料理も出てきていることですかね。ご飯の上に肉か鮮魚をこれでもかと盛って、生卵をのせる2000円もするような一品を誰が頼むのか。それだったら、それなりの店に行きますね。

海老名SAのトイレなども便座に体調を計るセンサーがついていているとかやりすぎじゃないかと。

| |

« 浜田省吾「八月の歌」を読み解く | トップページ | 漁港に面したホテル »

Food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜田省吾「八月の歌」を読み解く | トップページ | 漁港に面したホテル »