« 青田買いにあっても | トップページ | 蔵出し、今はなきタイ料理屋 »

2021年7月27日 (火)

奥藤本店じゃないけれど美味し

Jdc0017

<おや、ここは>PowerShot

先日の連休、少しばかり足を延ばしてまいりました。山梨県甲府です。

ちょっとした事情でウィークデイは自宅を長いこと開けられないような状況になってしまい、こうなったら何が何でも祝日と土日は有効活用させてもらうという風にシフトしたのです。その第一弾です。

とはいえ、午前に家を出たものの、談合坂に着いたのは14時をだいぶ回った時間です。圏央道僅か10kmほどが3時間もの大渋滞でした。

つうことで、予定変更して甲府に直行です。なぜならば、ちょっと油断して遅くなると夕食がコンビニ飯になるかもしれなかったからです。

Jdc0021

<奥藤本店>PowerShot

山梨名物となった鳥もつを最初に始めたのがこの店だそうです。

この時間帯は休憩中で、ワタクシは第一候補にしておりました。ただ、ダメな場合に備えてこの界隈をなんとなく散歩しながらチェックしているところです。

そして、頃合いはよし。

Jdc0020

<甲府駅>PowerShot

出向くと、奥藤本店には列ができていました。だめだこりゃ。

つうことで、CELEOという駅ビルにある「郷土料理信玄」に突入です。

Jdc0028

<プレモル>PowerShot

なんと、緊急事態宣言もまん防も対象外の山梨ですが、どういうわけか営業時間は20時まで、アルコール類のラストオーダーは19時までと、首都圏に右に倣えですね。

あるいは駅ビルの店なので閉店が早いのかもしれませんが。

Jdc0029

<鳥もつ煮そば定食>PowerShot

奥藤にもこれと同じものがあるんです。蕎麦はかけとざるが選べます。もちろん、冷たいほうです。

甲府は盆地のためか異様に蒸し暑かったです。こんな時に熱い蕎麦を食えますかって。

Jdc0036

<鳥もつ>PowerShot

昨年道の駅で鳥もつを食べましたが、やっぱり道の駅レベルでして、これなら自宅で作ったほうが美味いと思いました。

こちら、コリコリの部分と柔らかい部分が半分ずつ入ってまして、タレでしっかりと煮込まれてました。一口大サイズですが大きめにカットされています。キンカンと呼ばれる生まれる前の卵も入ってます。

これ、美味しいです。しっかりビールのつまみに合いますわ。コリコリも柔らかい部分もどちらも美味しい。

キンカンもしっかりと煮込まれていて割っても黄身が流れ出すようなことはありません。箸で割ると半分にすっと切れます。これも美味いです。

Jdc0030

<ざるそば>PowerShot

むしろ、こちらがメインのはずなんですが。あまり期待してなかったんです。

ですが、蕎麦猪口に入れたそばつゆに浸して食べると、普段味わっている蕎麦と食感が異なりました。

Jdc0037

<リフトアップ>PowerShot

そばつゆはどちらかというと薄口でした。濃いほうが好みなんですが。

店によると蕎麦は手打ちと謳っています。それに、表面に何かコーティングしているような感じでした。まとわりついているのは山芋か何かでしょうかね。ややねばつく感じでした。でも、美味いです。

Jdc0034

<炊き込みご飯>PowerShot

食は細くなりましたが、これくらいでしたら大丈夫です。

それに、渋滞のあおりでまともな昼食を食べてませんでしたので。

Jdc0033

<とろろ>PowerShot

ああ、麦とろにすればよかったのか。別々に食しておりました。

Jdc0032

<おかず>PowerShot

大根おろしに茹で野菜を入れたものです。こちらとご飯を一緒に食べてましたね。

久しぶりに満足しました。奥藤でなくともこれならいうことなし。

これで、1650円です。どうも、ビールは店のおごりだったみたいで(ミスともいう)、大変おいしゅうございました。

でも、奥藤も行ってみたいよな。

続きます。

| |

« 青田買いにあっても | トップページ | 蔵出し、今はなきタイ料理屋 »

Food」カテゴリの記事

コメント

甲府へ行かれていましたか。
お出かけを土日にこだわったのは、家庭の事情だったんですね。
まあ、次回,無事に集まれるよう願ってます。

投稿: カルロス | 2021年7月28日 (水) 21時28分

カルロスさん。

退院おめでとうございます。
平日縛りなのは家庭の事情ではないんです。
この次、詳しくお話ししますよ。
また連休ですが、よろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年7月28日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青田買いにあっても | トップページ | 蔵出し、今はなきタイ料理屋 »