« マレーシアの食にまつわる教訓 | トップページ | 「天国ホテル」の明暗 »

2021年8月22日 (日)

タイのファミレス

過去の旅行から無理やり起こした記事でございます。

Mrp0914

<雨のハジャイ>KP/DA18-50mm

タイにファミレスがあるのかというとあるんです。

なじみ深いところというと、Sizzler(シズラー)ですね。といっても、日本では東京に数店舗と横浜のランドマークプラザにあるだけですが。日本ではロイヤル系がフランチャイズ権を取ったみたいですが、アメリカ発祥のステーキ、シーフードを中心とするちょっと高めのファミレスになります。

そのシズラーですが初めて遭遇したのはタイ南部の主要都市、ハジャイでした。2010年の大晦日、ハジャイに到着したわけですが街中は物々しい雰囲気に包まれていました。かなりの数の警官と兵士が目立つのです。今は報道されなくなりましたが、タイ南部はムスリム系の組織が中央政府と対立していてハジャイでも爆破テロなどが起きていたのですね。

ま、報道されないだけで今でも小規模な衝突はあるのではないかと思います。今でもハジャイの商業施設には金属探知用のゲートがありますし。

Mp0531

<タイ産ワイン>GR DIGITAL

ハジャイの繁華街、二パットウティット3通りにあるリーガーデンズプラザホテルの建物にシズラーは入ってました。ここに入ったのは、オフをするためでもあります。

タイでアルコール飲料となると、ビールかタイのウイスキーでしょうけど、ワインがあります。あんなに暑い国でブドウが作れるのかというと、可能なんですね。タイで最も寒くなるといわれるルーイやカオヤイ国立公園などにワイナリーがあり、国産ワインが作られています。この感覚でいいますとシズラーはかなりいい部類のレストランということになるでしょうか。

Mp0530

<エビのガーリック炒め>PowerShot

つまみ感覚で頼みましたから、1品料理が主体ですね。ちゃんとマナーオがついているところがタイですね。

Mp0529

<シーフードのフライセット>PowerShot

エビとかイカとか。このあたりの感覚でいうと何ら大衆食堂でも変わらない気もしますが。

ちなみに、他の客はステーキを食べ、サラダバーに行き、飲んでもせいぜいビールという正しい姿でした。ま、こういう頼み方をするほうが異質ではあります。

実はバンコクのサラデーン・シーロムにもシズラーはあります。そっちも利用したことがありますけど。

Mrp1089

<ナコンシータマラート>KP/DA18-50mm

もうひとつのファミレスチェーンがJeffer Steak & Seafoodですかね。いかにもアメリカっぽいところだなと思いましたが、ネットで検索してもタイしか引っ掛かりません。

ハジャイ、ナコンシータマラート、ウドンタニーで入ったことがあります。

Mrc0642

<店内>PowerShot

アメリカほど背もたれの高い椅子じゃないですね。でも、つくりは典型的なファミレスです。

Mrc0649

<Tボーンもどき>PowerShot

この時はハジャイから直行ではありましたが、非冷房の各駅停車でナコンシータマラートに到着し、これっていう食堂を見つけられずに、疲れていたこともあって贅沢しようとこちらを頼みました。

成形肉ではないと思いますが、骨は外してあります。でも、美味かった。元気を取り戻しましたね。

こういうもの以外でもトムヤムスパゲッティとか安めのものもあります。

Mt2059

<MK>GR DIGITAL

でも、よくよく考えてみればタイスキのMKとかCOCAや日本食になりますが、やよい軒などもファミレスになるんじゃないすかね。特にやよい軒なんかはテーブルと椅子の形状がファミレスじみているし。

さらに極論をいうと、OISHIグループのやっている一連の事業はすべてファミレスなんじゃないすかね。

といっても、現在のタイはプーケットを除き店内飲食ができないみたいですけどね。

<2021/08/23追記>
facebookで情報が寄せられました。
「S&P」というところもファミレスであると。メニューはタイ語、英語、中国語併記だそうです。
そういやウボンラチャタニーにもあったんですよね。この時夕食に苦労したんです。入っておけばよかったなあ。次、必ず行ってみます。
Akoさん、ありがとうございました。

★過去の旅行メモを見返していたら記事になりそうなものがずらずらと出てきました。直近のネタもありますけど、当分混在でやってまいります。

| |

« マレーシアの食にまつわる教訓 | トップページ | 「天国ホテル」の明暗 »

02a Thailand」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

タイってあまりステーキってイメージないですが、洋食系の店だとありますよね。

写真はかなり本格的ですね。

投稿: カルロス | 2021年8月24日 (火) 21時13分

カルロスさん。

タイに限らず、東南アジアでは肉の塊りを食べるのは珍しいのではないでしょうか。
肉の薄切りの料理とか焼肉はあるんですけど。
ま、日本も同様なんですけど。

今は亡き、みずキッチンでステーキ食べました。

投稿: ヒョウちゃん | 2021年8月24日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレーシアの食にまつわる教訓 | トップページ | 「天国ホテル」の明暗 »