« 八王子城跡に行ってみた・後編 | トップページ | 豪雨の箱根峠 »

2022年6月12日 (日)

ラサ最終日、ジョカン寺など

西寧~ラサ・高山病と戦う旅からのエピソード(18)

Tb561

<ポタラ宮殿>P-30/A28mm

ジャマリンカから文化宮へと移動しました。ラサ市民の憩いの場のようなところでしたが、ポタラ宮が目の前に見えます。

Tb563

<観光的記念撮影>P-30/A28mm

市民の憩いの場と書きましたが、ほぼ漢民族向けのところであろうと思いました。このようなチベットの民族衣装は外国人観光客向けかもしれませんが、他の省からやってきた漢民族向けでもあるでしょう。

それにしても、お上りさん状態。ちなみに、ここで写っている人の中には体調を崩していた人も含まれますが、状態は回復しているようでした。

Tb564

<キオスクの売り子>P-30/A28mm

売店の売り子も漢民族です。ここで社長とHさんがポラロイドを取り出し、彼女らを写して写真を進呈しているシーン。

もう30年経っていますが、「チェキ」などを使って現在も使える手段だなと思いました。ま、荷物になるので個人的にはやらないと思いますが。

この後、新華書店を見つけ、チベット自治区と青海省の地形図を購入することができました。これまた、現代では「スパイ行為」として摘発されちゃうかもしれません。でも、Google Mapでもラサの詳細は分かりますけど。ただし、中国国内では通常の手段では閲覧不可です。

Tb570

<ジョカン寺>P-30/A28mm

このあと、ジョカン寺に移動しました。これがラサでの最後の観光です。

こちらも寺院の破壊が目立ち、修復の大工仕事を僧侶が行っていたりしました。

Tb581

<少年僧>P-30/A28mm

通りかかりの少年にモデルになってもらいました。

Tb573

<屋上より>P-30/A28mm

ラサの寺院は個人的には内部よりも屋上の装飾が素晴らしく、当時のカメラではどうしても屋内よりも外を撮るようになります。

Tb574

<バルコルの眺め>P-30/A28mm

夕刻ながらも人通りは多いです。ジョカン寺はバルコルの中心ですし。文化宮などとは違う、チベット人の世界ですね。

Tb583

<チベット音楽演奏者たち>P-30/A28mm

このあと、バルコルを散歩してホテルに戻ることになります。

Tb584

<五体投地>P-30/A28mm

こんな人物もいました。

五体投地と書きましたが、一方通行のバルコルで、人の進む方向とはなぜか逆を向いていました。

☆さらに、続きますが、これでラサは終了。


海外ランキング 


カメラランキング 

| |

« 八王子城跡に行ってみた・後編 | トップページ | 豪雨の箱根峠 »

01d China」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八王子城跡に行ってみた・後編 | トップページ | 豪雨の箱根峠 »