« プーさんからTop Gunまで | トップページ | 大正レトロタウン »

2022年9月 6日 (火)

えなハヤシあらため冷し中華

2022年8月24日(水)

Jdo0096

<明智郵便局>OMD10/ED14-42mm

伊那から岐阜県の旧明智町、現在は恵那市明智にやってきました。

ま、クルマを利用するので高速をぶっ飛ばしていけばなんてことはないのですが、クルマ移動で最も金額がかさむのが高速料金です。

つうことで、途中道の駅などに立ち寄り、飯田の近くから高速に入り、恵那山トンネルを抜け、中津川、恵那と通過しここまでやってきました。

ちなみに、恵那山トンネル初めてでしたが、8.0kmもトンネルが続くんですよね。しかも工事とかで1車線に規制され、ほぼ下り勾配のどストレートな暗い道でした。ま、車速を一定に保ちかつ車線の中心をキープするという装置を作動させておりますので、アクセルもブレーキも踏まず、ただハンドルに手を添えておけばいいというものだったので楽ではありましたけど(あくまも高速道路上だけです)。

さて、明智に何をしに来たのかは置いといて、とりあえず昼めしです。

Jdc0705

<お食事処 いおり>PowerShot

恵那のB級グルメとして「えなハヤシ」があります。このお店はえなハヤシを出す店なんすね。

えなハヤシとは?こちらをご参考に。えなハヤシどっとこむ

・地元の古代米を使った薬膳米のごはん
・恵那市特産の寒天
・恵那山麓寒天育ちの三浦豚

以上を使用することが条件とのこと。そして、ハヤシライスの生みの親といわれる早矢仕有的がこの地の出身であるということから、えなハヤシが生まれたみたいですね。

Jdc0706

<店内>PowerShot

入店いたしました。壁にしっかりと「えなハヤシ」とあります。

ですが、注文いたしますと、「もう終わっちゃったんですよ~」とのこと。えー!それはないよ。

どうもこの日は通常よりも早めに店じまいをするようなので、仕込みの量を減らしたみたいでした。

気を取り直して注文したのがこちらです。

Jdc0707

<冷し中華>PowerShot

これでした。

ん?なぜかマヨネーズが添えられてる。しかも結構量がありますね。洋辛子もありますが、申し訳程度ですね。これが岐阜の食べ方なんすかね?

Jdc0709

<よく混ぜて>PowerShot

おお、意外にイケますよ。珍しい食し方だとワタクシは思いますが、アリかもしれないなと思いました。

お会計、700円也。

「終わりました」の声をきいてそれほど表情は変えてないと思いましたが、落胆していたと見抜かれましたね。「今度また来てくださいね」だとさ。

えなハヤシどっとこむの定義を見ていると、他の町興しB級グルメ、たとえば富士宮焼きそばなどに比べて条件が厳しいですね<えなハヤシ。

そして、えなハヤシを味わえる店が、「いおり」を含めて7軒しかありません。このあと、恵那の中心部に宿泊したのですが、徒歩圏内で扱っている店は皆無でした。これは、恵那市観光協会にも頑張ってもらって、何とかしてもらいたいと思いました。

Jdo0109

<日本大正村>OMD10/ED14-42mm

メシも食ったし、それでは観光だ!

<2022/09/08追記>
冷し中華+マヨネーズですが、検索していくと岐阜・愛知・三重では普通についてくるみたいなことがわかりました。

Jdc0708

また、糸魚川(新潟県の富山に限りなく近い地域)では、「ある」とのことです。まあ、味の好みが県境を越えてがらりと変わることはなく、新潟県・長野県など広大な県では地域差もあるでしょうね。

房之介さん、ありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願いします。

 

 
国内旅行ランキング

 
B級グルメランキング

 
カメラランキング

| |

« プーさんからTop Gunまで | トップページ | 大正レトロタウン »

Food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーさんからTop Gunまで | トップページ | 大正レトロタウン »