« 渋すぎる宿 | トップページ | 台湾的朝餐 »

2023年5月26日 (金)

淡水を歩く

台湾の鉄道遺構<1>

2023年5月9日

実質的な台湾の初日。3年以上海外からは遠ざかっているので、あまり遠出はせずに近場で肩慣らしといったところです。

Tro0043

<Olympus OM-D EN10/ED14-42mm>

と、いうことで、淡水に行くことにしました。

淡水を最初の目的地に選んだのは、もちろん近場ということもありますが、前回使い残しの悠遊卡<*1>をMRT駅のチャージ機<*2>で確かめてみたら、まあまあの金額が残っていたので、それではMRT淡水信義線の終点である淡水まで行ってみようかという、何でもない理由からでした。

そして、淡水は前回も前々回も訪れていないので、ものすごい久しぶりになります。それにしても、たまに小雨が降ってくる始末で、なかなか肌寒いです。

Tro0045

<OMD10>

これは、初代総統のあの人かな。中国本土から逃れてきた。

Tro0058

<OMD10>

これまで歩いていたのは中正路といい、淡水老街ということになっています。と、いっても商店が続く程度で、それほど面白くはありません。それでも、イカせんべいみたいなものの試食品を渡されたりしましたが。

淡水河沿いの道に出て引き返すことにします。

Tro0055

<OMD>

向かいの山の付近まで、渡し船が出ています。漁船も出ていました。

Tro0065

<OMD10>

本日の天気はとても金色とはいえません。

Tro0022

<OMD10>

淡水老街への入口あたりに蒸気機関車が静態保存されていました。MRT淡水駅からはちょっと離れた場所です。

きちんと、線路もあります。

Tro0024

<OMD10>

BK20型とでもいうのでしょうかね。

Tro0025

<OMD10>

実はMRTができる以前、台湾鉄路管理局(台鉄)<*3>の淡水線<*4>が敷設されていたのです。開業が1901年ですから、日本の植民地時代です。廃止は1988年。非電化であったため、機関車が客車を牽引するか、ディーゼル車両であったと思われます。

軌間(ゲージ)は1067mmですので、JRの在来線の大部分と多数の私鉄が採用しているものと同じです。現在の台鉄もすべてが1067mmです。

Tro0026

<OMD10>

淡水線のことは知ってはいました。

日本の鉄道作家の草分け、宮脇俊三の著書、「台湾鉄路千公里」にも淡水線のことが触れられていたように思います。実はこの文庫版(角川文庫)はずっと昔に台北の新光三越<*5>台北駅前店の書店で見つけたものです。すでに、日本では絶版になっていたのではないでしょうか。

宮脇氏の著作は1980年初版で、当時の台鉄全線と阿里山森林鉄路、台湾糖業の一部に乗っていたようです。まだ、台東から先の現在の南廻線ができてなく、相当な苦労を数日で達成したようです。

この日はたまたま、淡水に行きましたが、ええもん見せてもらえましたわ。この先も順調であることの予兆でしょうか。

とはいえ、この日はなかなか旅の勘が戻らずに、やたらと歩いていたように思えます。

注釈

<*1>英語名、Easy Card。台北発祥の非接触型プリペイドカード。現在はほぼ台湾全土で通用する。高雄発祥の一卡通(iPASS)も全土で使えます。以前は使用地域が限定されていました。2016年購入のカードもちゃんと残額が残っていて使用できるので、台湾を再訪するつもりの人は払い戻さないほうがいいと思う。カード自体は100元かかります。

<*2>駅にあるチャージ機は入れた額がそのままチャージされ、釣銭が出ないので、コンビニでチャージすることをお勧めします。

<*3>正式名称が臺灣鐵路管理局、略称「臺鐵」(TRA)ですが、ここでは台鉄と表記させていただきます。

<*4>台北ー淡水間。全長21.2km。MRTの計画とともに廃止。

<*5>台湾の新光グループと三越グループの提携によって生まれた台湾企業で百貨店を展開している。特に台北駅前店のビルディングは台北101が完成するまでは台湾で一番の高層建築でした。

人気ブログランキングに参加しています。記事が気に入りましたら、バナークリックをお願いいたします。


海外旅行ランキング


カメラランキング

 

| |

« 渋すぎる宿 | トップページ | 台湾的朝餐 »

Vehicle」カテゴリの記事

202305 Taiwan Railway West」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋すぎる宿 | トップページ | 台湾的朝餐 »