« 1日のシメはお食事処みかど | トップページ | 郭さんちの鶏肉飯@嘉義 »

2023年6月26日 (月)

阿里山森林鉄路車庫園区

台湾の鉄道遺構<4>

2023年5月12日

Tro0345

この日も台南に滞在中ですが、嘉義にやってきました。

この画像は嘉義駅の地下通路にあった映画「KANO」<*1>を壁画にしたものです。ここから阿里山森林鉄路<*2>に沿って、次の駅、北門方面へ歩きます。だいたい、20分くらいでしょうか。

Tro0355

やってきました。阿里山森林鉄路車庫園區です。阿里山森林鉄路の古い車両が静態保存されているところです。

ここは北門駅<*3>に近く、本物の阿里山森林鉄路の車庫に隣接しています。駐車場があるわけでもなく、駅からのバスもないようです。

そのため、歩いてやってくるしかないようです。入園は無料。鉄道オタクが少しはいるかと思いましたが、こうした車両や機関車をバックに自撮りするインスタ女子がいるくらいでした。

Tro0370

こちらは、片側(右側)にタンクのようなものが付き、同じく右側にシリンダーのある、シェイ式蒸気機関車です。また、動力伝達にギア<*4>を使っていて、阿里山森林鉄路のような急勾配の森林鉄道に使われたといいます。

Tro0371

近づくとかすかに音がします。シリンダー付近から蒸気なのかグリース類が焼けて出てきた煙なのか、よくわからなかったですが、どうもこの機関車は現役のようです。

阿里山森林鉄路の阿里山線(嘉義ー十字路)は平日1往復(土日3往復、祝日2往復)なので、「檜號」というトロッコ列車(観光列車)が週末に運行されているようでした。この近くに仮設の駅があり短距離を往復しているようです。その機関車に使われているものかもしれません。

すでに100年以上前の蒸気機関車ですが、嘉義近くのごく平坦なところでは自走可能なのかもしれません。その場合は、別のディーゼル機関車が後ろから押す形になるかもしれませんが。

Tro0356

園内の中ほどにあったのが、転車装置です。機関車の前後を入れ替えるものですね。ただ、こちらはすでに役目を終えているようです。人も入れますし。

Tro0359

こちら、ディーゼルカーのように見えますが、客車です。自走できません。阿里山森林鉄路ではすべて機関車が客車の前後に付き、急勾配に対応しています。

現在の嘉義ー十字路間はクリーム色の車体の「阿里山號」が運行され、土日に「中興號」が臨時運転されるようです。

Tro0374

こちらは混成みたいですが、手前の赤い客車はかなりの年代物です。

ふた昔前に阿里山森林鉄路に乗ったことがあります。その時は下り(阿里山方面)で阿里山號、上り(嘉義方面)で中興號を利用しました。

画像は広角気味に撮っているので車体も大きく感じられるかもしれませんが、ナローゲージの762mmで台糖博物館のヤードに並んでいる列車・機関車と同じ規格です。

Tro0367

こちらが本物の車庫になります。

なんといっても平日1往復ですから、車両はたくさん残っていますね。実際にはここに列車がやってくることはなさそうですが、これ以上の進入はあくまで禁止です。

Tro0351

こちらが実際の本線です。嘉義駅からやってくる途中にあった踏切です。

現在北門駅は改修のためすべての列車は通過するみたいです。ワタクシが往復したときは十字路の先、沼平あるいは阿里山まで運行されていましたが、災害のため一部区間が運休となっています。そのため、これを完乗するのはかなり難しいと思われます。いつかはつながると思うのですが、たびたび災害は起きていますので。

阿里山森林鉄路については台湾鉄道時刻表(非公式日本版)を参考にさせていただきました。

注釈

<*1>2014年の台湾映画。嘉義農林学校野球部が1931年の夏の甲子園で準優勝したことがモチーフ。

<*2>いわゆる阿里山森林鉄道のこと。阿里山からは祝山線、眠月線などの支線もあります。プラチナチケットともいえます。自分の場合は台湾の旅行社にメール連絡してチケットを取ってもらいました。現在はネットで予約ができるようです。三重ループやスイッチバックなど、乗り鉄には垂涎の鉄道です。

<*3>現在はすべての列車が通過する駅ですが、嘉義の窓口で売り切れだった切符も北門では買えたという話も。車庫も近いので、こちらが阿里山森林鉄路のベースとなる駅のようです。

<*4>アプト式ラックレールに対応したギア(歯車)。

台湾のナニコレ

Tro0902

もはや携帯電話を通り越して誰でもスマホの時代ですけど、台湾では意外に公衆電話が生き残ってます。とはいえ、街中ではあまり見ることはなく、比較的多いのが鉄道駅ですね。

と、いうことはテレフォンカードとかもあるんだろうねえ。

☆今回の画像データはすべてOLYMPUS OM-D E-M10/ED14-42mmでした。

人気ブログランキングに参加しています。よろしかったら、バナークリックで応援よろしくお願いします。コメントも待っております。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

海外旅行ランキング
海外旅行ランキング

カメラランキング
カメラランキング

「#アジア旅行」人気ブログランキング

「#olympus」人気ブログランキング 

| |

« 1日のシメはお食事処みかど | トップページ | 郭さんちの鶏肉飯@嘉義 »

Vehicle/Airplane/Ships」カテゴリの記事

202305 Taiwan Railway West」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日のシメはお食事処みかど | トップページ | 郭さんちの鶏肉飯@嘉義 »